第54回(H31) 作業療法士国家試験 解説【午後問題11~15】

 

11 30歳の男性。調理師。頭部外傷受傷後4か月が経過し、回復期リハビリテーション病棟に入院している。麻痺はないが、明らかな企図振戦がある。意識障害や著しい記銘力低下はないが、些細なことで怒り出す。作業をする場合にはすぐに注意がそれてしまい継続できず、口頭での促しが必要である。ADLは自立し、現職復帰を希望している。
 この時期の作業療法の指導で正しいのはどれか。

1. 受傷前の職場を訪問させる。
2. 包丁を用いた調理訓練を行う。
3. 作業の工程リストを作らせる。
4. 訓練はラジオを聴かせながら行う。
5. 怒り出したときには厳格に注意する。

解答
解説

  外傷性脳障害では、前頭葉・側頭脳が障害されやすい。前頭葉が障害されると、思考力・判断能力低下・遂行機能障害・発動性低下・記憶障害・ワーキングメモリーの低下・見当識障害・注意障害・人格変化・感情障害 (易怒性 脱抑制) などが症状としてみられる。
1.× 受傷前の職場を訪問させる必要性は低い。現状、現職復帰を希望しているが、訪問前には、元上司や職員への病状説明や障害がありながらも遂行できる環境作りを提供する。
2.× 包丁を用いた調理訓練は、企図振戦があり危険性を伴うため必要性は低い。
3.〇 正しい。作業の工程リストを作らせる。遂行機能障害があるため、作業工程リストを作ることで、計画の立て方を一緒に考え、手順通りに作業を遂行・継続していくことが可能になる。
4.× 訓練はラジオを聴かせながら行うのは、注意障害があり不適当である。注意障害によりラジオに意識がとられ、注意がそれてしまうため、集中できる環境調整が必要である。
5.× 怒り出したときには厳格に注意するのは、不適当である。感情障害(易怒性・脱抑制)を助長させる。

 

 

 

 

12 57歳の女性。右利き。火災により右前腕以遠にⅢ度の熱傷を受傷した。救命救急センターに搬送され、壊死組織のデブリドマンを施行され、植皮術が行われた。術後3日目にベッドサイドにて作業療法を開始した。
 この時点での受傷手への対応で正しいのはどれか。

1. 弾性包帯による巻き上げ
2. 他動関節可動域訓練
3. 動的スプリント製作
4. 安静時の挙上
5. 抵抗運動

解答
解説

 各関節に生じやすい拘縮があるのでそれを予防するような肢位を確保する。スプリントや装具を活用しながらポジショニングを行う。植皮を行っている場合には5日~2週間程度、患部に伸張刺激が加わる運動は避ける。よって、本症例は、術後3日目であり、皮膚の生着が見込める1週間程度までは、積極的な作業療法の開始は困難である。選択肢4.安静時の挙上が正しい。
1.× 弾性包帯による巻き上げは、ウレタンによる圧迫は肥厚性瘢痕・ケロイド予防に行うことがあるが、十分に皮膚が生着してからになる。
2.3.5.× 関節を動かすのは、十分に皮膚が生着してからになる。

熱傷の関する問題が不得意な方用にまとめました。理学療法士国家試験になっていますが、作業療法士国家試験と重複しておりますのでオススメです。↓↓

理学療法士国家試験 熱傷についての問題7選「まとめ・解説」

 

 

 

 

13 85歳の男性。脳血管障害による右片麻痺で、発症から5か月が経過。回復期リハビリテーション病棟に入院中。主な介護者は7 7歳の妻。左手でT字杖を使用して屋内平地歩行は可能であるが、屋外は車椅子介助である。排泄はトイレにて自力で行うが、夜間頻尿と切迫性尿失禁がある。自宅の見取り図を示す。
 在宅復帰に向けて住環境の調整を行う際、作業療法士のアドバイスで正しいのはどれか。


1. 寝室をB(客室)に変更する。
2. ベッドの頭の向きを逆にする。
3. トイレの扉を内開きに変更する。
4. 屋外スロープは1cm の立ち上がりをつける。
5. 浴室に入出槽用の天井走行リフトを設置する。

解答
解説

 本症例の状態(左手でT字杖を使用して屋内平地歩行は可能であるが、屋外は車椅子介助である。排泄はトイレにて自力で行うが、夜間頻尿と切迫性尿失禁がある。)を想像し、適切なアドバイスが求められる。
1.〇 正しい。寝室をB(客室)に変更する。夜間は、頻尿と切迫性尿失禁がある。 現在A(寝室)より、B(客室)の方がトイレに近く、戸も引き戸であるため適していると言える。
2.× ベッドの頭の向きを逆にするのは不適当である。基本的に、非麻痺側(本症例なら左)に起き上がりを行うためである。つまり、右片麻痺の場合、左側へ起き上がるほうがよい。
3.× トイレの扉を内開きに変更するのは不適当である。開き戸には、内開き戸・外開き戸があり、現在の状態が外開き戸である。この間取りのトイレでは、扉が内開きになると、トイレのスペースが狭くなり、杖を使うことが難しくなる。
4.× 屋外スロープは1cmではなく、5cmの立ち上がりをつける。屋外スロープの立ち上がりとは、スロープから落ちないよう左右に縁石のようなものである。車椅子の場合は脱輪しないように屋外スロープには立ち上がりがあった方がより安全である。安全な立ち上がりとするためには、1cmではなく、5cmの高さは必要である。
5.× 屋内ではT字杖を使用して移動できているため、天井走行リフトの必要性は低い。

 

 

大きな画面の方が勉強しやすい!

 

 

 

14 45歳の男性。アルコール依存症。家で飲酒し酔って妻を怒鳴ってしまい、翌日に強い罪悪感を覚えることが増えている。反省して飲酒を減らそうとしたがうまくいかなかった。このままではいけないと思い、精神科を受診した。患者は妻の強い希望を受け入れて、しぶしぶ入院治療を受けることにした。治療プログラムの1つとして作業療法が処方された。初回の面接で、患者は、断酒しなければならないのはわかるが、コントロールして飲みたいという気持ちもあると述べた。
 治療への動機付けの目的で、面接の中で取り上げるべき話題として最も適切なのはどれか。

1. 妻との関係
2. 作業療法の必要性
3. 飲酒による身体的な問題
4. 断酒について迷っている気持ち
5. ストレス発散のための飲酒の必要性

解答
解説

 本症例は、「初回の面接で、患者は、断酒しなければならないのはわかるが、コントロールして飲みたいという気持ちもある」と述べていることから、断酒と適度の飲酒との葛藤が感じられる。選択肢から、それに一番アプローチできるものを選択する。
1~3.× 妻との関係・作業療法の必要性・飲酒による身体的な問題は、優先度は低いと考えられる。妻との関係について、問題文では「家で飲酒し酔って妻を怒鳴ってしまい、翌日に強い罪悪感を覚える」とあるが、主問題(飲酒)とはっきりしているわけで、治療が軌道に乗った後に必要なら話題として取り上げる。
4.〇 正しい。断酒について迷っている気持ち(断酒と適度の飲酒との葛藤)を表出しており、面接で取り上げるべきである。
5.× ストレス発散のための飲酒の必要性は、飲酒欲求を増長する可能性がある。治療開始のこの時期に取り扱うのは不通切である。

 

 

 

 

15 65歳の女性。元来、几帳面な性格だが友人も多く活動的に過ごしていた。3か月前に、自宅のリフォームを契機に、早朝覚醒、食思不振、抑うつ気分や意欲低下が生じ、友人とも会わないようになった。自宅で自殺を企図したが未遂に終わり、1か月前に家族が精神科を受診させ、即日医療保護入院となった。単独散歩はまだ許可されていないが、抗うつ薬による治療で抑うつ気分は改善傾向にあり、病棟での軽い体操プログラムへの参加を看護師から勧められて、初めて参加した。
 この時点での患者に対する作業療法士の関わりで適切でないのはどれか。

1. 必要に応じて不安を受け止める。
2. 過刺激を避けながら短時間で行う。
3. 具体的体験により現実感の回復を促す。
4. 参加各回の達成目標を明確にして本人と共有する。
5. 薬物療法の副作用が生じていないかアセスメントする。

解答
解説

 うつ病患者の作業は、①工程がはっきりしたもの、②短期間で完成できるもの、③安全で受身的で非競争的なもの、④軽い運動などの要素があると良い。また、適宜不安を受け止め、疲労感、身体症状などに注意を払う必要がある。

1.〇 正しい。必要に応じて不安を受け止める。不安を訴えたら、共感・受容的な態度で接する。
2.〇 正しい。過刺激を避けながら短時間で行う。長時間の作業は負担になり、疲労を避けるためである。
3.〇 正しい。具体的体験により現実感の回復を促す。うつ病に非現実的な体験(気分転換に海外旅行など)を勧めるのは適切ではない。それがかえってストレスとなるためである。
4.× 参加各回の達成目標を明確にして本人と共有するのは、不適切である。達成目標を明確にすると、目標に達しない場合に自信をなくしてしまう可能性があるので避ける。
5.〇 正しい。薬物療法の副作用が生じていないかアセスメントする。抗うつ薬には副作用が多く、アセスメントする必要がある。それ以外の身体的な状態についても注意を払う。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)