リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第54回(H31) 理学療法士国家試験 解説【午前問題71~75】

 

71. 膝蓋骨で正しいのはどれか。

1. 関節面は外側面に比べて内側面で広い。
2. 膝関節屈曲位で可動性が高くなる。
3. 膝関節伸筋の作用効率を高めている。
4. 膝関節の屈曲にも伴い上方に引かれる。
5. 膝関節の伸展に伴い接触面は上方に移動する。

解答
解説
1. ×:関節面は内側面に比べて外側面で広い。
2. ×:膝関節屈曲位ではなく伸展位で可動性が高くなる。
3. 〇:正しい。膝関節伸筋の作用効率を高めている。
4. ×:膝関節の屈曲にも伴い上方ではなく、下方に引かれる。
5. ×:膝関節の伸展に伴い接触面は上方ではなく、下方に移動する。

 

 

 

72. 膝関節の運動で正しいのはどれか。

1. 側副靭帯は屈曲時に緊張する。
2. 関節包の後面は前面に比べて伸縮性が高い。
3. 半月板の内外縁とも遊離して可動性に関与する。
4. 大腿骨の脛骨上の転がり運動は、最終可動域まで見られる。
5. 大腿骨の脛骨上の転がり運動は外側顆部の方が内側顆部より大きい。

解答
解説
1. ×:外側・内側側副靭帯ともに伸展時に緊張する。
2. ×:関節包の後面は前面に比べて伸縮性が高いのではなく低い。前面の方が伸縮性は高い。
3. ×:両半月とも横断面はほぼ三角形で、外縁は厚くて関節包内面に付着し、内縁は薄くて遊離している。
4. ×:大腿骨の脛骨上の転がり運動は、最終可動域では見られない。初期に転がり運動がみられ、最終域周辺では滑り運動のみである。
5. 〇:正しい。大腿骨の脛骨上の転がり運動は外側顆部の方が内側顆部より大きい。

 

 

 

73. 腰椎への負荷が大きい順に並んでいるのはどれか。解答2つあり。

1. A>B>C
2. A>C>B
3. B>A>C
4. B>C>A
5. C>B>A

解答3もしくは4
解説
不適切問題に近い。椎間板内圧と限定すると、選択肢4の「B>C>A」となるが、問題文では、腰椎となっている。「腰椎」だけだと、どこを指しているか不明である。例えば、椎間関節などの後方支持要素の場合では姿勢による負荷の加わり方が、前方支持要素とでは異なる。脊柱管狭窄症に大きく関与する硬膜外圧についても、体幹の前屈によって低下する。よって、3もしくは4で限定できない。
 ちなみに、体位による椎間板内圧の変化をみると、立位を100としたとき、座位は140、前傾座位は185となる。

 

 

 

74. 努力性呼気時に働く筋はどれか。2つ選べ。

1. 腹直筋
2. 横隔膜
3. 外肋間筋
4. 内肋間筋
5. 胸鎖乳突筋

解答1,4
解説
努力性呼気に働く筋は、内肋間筋、腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋などがある。よって解答は、1. 腹直筋、4. 内肋間筋である。

 

 

 

75. 病原体と腫瘍発生との組み合わせで誤っているのはどれか。

1. A型肝炎ウイルス———————肝細胞癌
2. Epstein barrウイルス—————Burkittリンパ腫
3. HTLV-Ⅰ——————————成人T細胞白血病
4. ヒトパピローマウイルス———子宮頸癌
5. ヘリコバクター・ピロリ菌——胃癌

解答
解説
1. ×:A型肝炎ウイルスは、A型肝炎ウイルス(HAV)感染による疾患である。一過性の急性肝炎が主症状であり、治癒後に強い免疫が残さ れる。HAVは糞便中に排泄され、糞口感染で伝播するので、 患者の発生は衛生環境に影響されやすい。主な感染源は、牡蠣などの海産物に多い。肝細胞癌の原因には、その約90%が肝炎ウイルス、すなわちB型やC型肝炎ウイルスが関与し、その内訳はC型肝炎ウイルス(HCV)が約70%、B型肝炎ウイルス(HBV)が約20%である。
2. 〇:正しい。Epstein barrウイルスは、Burkittリンパ腫である。
3. 〇:正しい。HTLV-Ⅰは、成人T細胞白血病である。
4. 〇:正しい。ヒトパピローマウイルスは、子宮頸癌である。
5. 〇:正しい。ヘリコバクター・ピロリ菌は、胃癌である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)