リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第54回(H31) 理学療法士国家試験 解説【午前問題61~65】

 

61. 遺伝情報伝達で正しいのはどれか。

1. リボゾームRNAはATP産生に関与する。
2. DNAではアデニンはシトシンと結合している。
3. 核の中のすべてのDNAの塩基配列をゲノムという。
4. DNAから転移RNA<tRNA>に塩基配列が転写される。
5. 伝令RNA<mRNA>上では2個の塩基の組み合わせが1つの暗号の単位を形成する。

解答
解説
1. ×:リボゾームRNAは、遺伝子情報をもとに、タンパク質を合成する場所である。ATP産生に関与するのは、ミトコンドリアである。
2. ×:DNAではアデニンはチミンと、グアニンはシトシンと結合している。
3. 〇:正しい。核の中のすべてのDNAの塩基配列をゲノムという。
4. ×:DNAから塩基配列が転写されるのは、転移RNA<tRNA>ではなく、伝令RNA<mRNA>である。
5. ×:伝令RNA<mRNA>上では、DNAと同じく2個の塩基の組み合わせではなく、4個の塩基の組み合わせが1つの暗号の単位を形成する。そのとき、RNAはチミンがなく、代わりにウラシルがある。

 

 

 

62. 骨格筋の筋収縮で正しいのはどれか。

1. 筋小胞体にはNa+を貯蔵している。
2. 活動電位は筋収縮に遅れて発生する。
3. Ca2+が筋小胞体に取り込まれると筋収縮が起こる。
4. ミオシン頭部の角度が戻るときにATPの加水分解が起こる。
5. 神経筋接合部での興奮の伝達は神経と筋との間で双方向性である。

解答
解説
1. ×:筋小胞体にはNa+ではなく、Ca2+を貯蔵している。
2. ×:活動電位は筋収縮に遅れてではなく、筋収縮前に発生する。
3. ×:Ca2+が筋小胞体に取り込まれるではなく、筋小胞体からCa2+が放出されると筋収縮が起こる。
4. 〇:正しい。ミオシン頭部の角度が戻るときにATPの加水分解が起こる。
5. ×:神経筋接合部での興奮の伝達は神経と筋との間で双方向性でなく、一方向ある。

 

 

 

 

63. 左上肢の感覚と伝導路が通る部位との組み合わせで正しいのはどれか。

1. 圧覚———左脊髄前索
2. 位置覚——右脊髄後索
3. 温覚———右脊髄後索
4. 振動覚——左脊髄側索
5. 痛覚———右脊髄側索

解答
解説
1. ×:粗大な触圧覚は、前脊髄視床路を通る。つまり、左ではなく、右脊髄前索を通る。
2. ×:意識できる位置覚は、右ではなく、左脊髄後索を通る。
3. ×:温覚は、右脊髄の後索ではなく側索を通る。
4. ×:振動覚は、左ではなく、右の脊髄側索を通る。
5. 〇:正しい。痛覚は、外側脊髄視床路であり、右脊髄側索を通る。

 

 

 

64. 交感神経の機能で正しいのはどれか。

1. 膵液分泌を促進する。
2. 心収縮力を減少させる。
3. 直腸平滑筋を収縮させる。
4. 水晶体の厚さを減少させる。
5. 肝臓でのグリコーゲン合成を促進する。

解答
解説
1. ×:膵液分泌を促進ではなく、減少させる。
2. ×:心収縮力を減少ではなく、増加させる。
3. ×:直腸平滑筋を収縮ではなく、弛緩させる。
4. 〇:正しい。水晶体の厚さを減少させる。
5. ×:肝臓でのグリコーゲン合成を促進のではなく、減少させる。

 

 

 

 

65. 心筋の再分極に最も影響するのはどれか。

1. Ca2+電流
2. K+電流
3. Na+電流
4. 細胞外電流
5. ペースメーカー電流

解答
解説
①隣接する細胞が興奮すると、静止膜電位がプラスに向かい、Na+チャンネルが開き、大量のNaが細胞内に流入する。
②Na+が大量に流れ込むため、膜電位は急峻に上昇する。分極していた細胞内外が極性を失うので脱分極という。
③活動電位となった細胞内にはNa+に引き続きCa2+チャンネルが開いて、Ca2+が入ってくる。Ca2+は心筋収縮の引き金の役割とともに、プラスイオンの性質から活動電位の持続にも貢献する。
④活動電位から静止電位に戻るために、K+チャンネルが開いて、細胞内に多いK+が、細胞外に出ていく。結果的にプラスイオンを減らした細胞内は静止電位まで下がる。再び分極するので、再分極という。よって、心筋の再分極に最も影響するのは2. K+電流が正しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)