リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第54回(H31) 理学療法士国家試験 解説【午前問題21~25】

 

21. 治療についてのインフォームドコンセントで適切なのはどれか。

1. 治療者は専門用語で説明する。
2. 患者の同意内容は文書で保存する。
3. 治療者は患者の要求があってから説明する。
4. 判断能力に関わらず患者の決定が優先される。
5. 患者は正当な理由がなければ同意を撤回できない。

解答
解説
インフォームドコンセントは、「十分な説明を受けたうえでの同意・承諾」を意味し、医療者側から診断結果を伝え、治療法の選択肢を提示し、予想される予後などについて説明したうえで、患者自らが治療方針を決定し、同意のうえで医療を行うことを指す。
1. ×:治療者はなるべく専門用語を使用せず患者が自ら治療方針を選択できるよう説明する。
2. 〇:正しい。患者の同意内容は文書で保存する。
3. ×:治療者は患者の要求がある・なしに関わらず、十分な説明を受けたうえでの医療となる。
4. ×:末期の患者の対応には、判断能力に関わらず患者の決定が優先される場合があるが、インフォームドコンセントは、「十分な説明を受けたうえでの同意・承諾」であるため、インフォームドコンセントには当てはまらない。
5. ×:患者は同意を撤回できる。

 

 

 

22. SOAPで正しいのはどれか。

1. Oには患者の訴えを記載する。
2. Sには検査データを記載する。
3. Pには検査結果の解釈を記載する。
4. 問題志向型診療記録として記載する。
5. Aには理学療法プログラムを記載する。

解答
解説
SOAP(subjective, objective, assessment, plan)とは、叙述的経過記録方式の問題志向型記録のことである。S=主観的データ、O=客観的データ、A=判断、P=計画で経過を記録する。
1. ×:Oには、患者の訴えではなく、検査的データ(客観的データ)を記載する。患者の訴えは、Sである。
2. ×:Sには検査データではなく、主観的データを記載する。検査データ(客観的データ)は、Oである。
3. ×:Pには検査結果の解釈ではなく、計画を記載する。検査結果の解釈は、Aである。
4. 〇:正しい。問題志向型診療記録として記載する。
5. ×:Aには理学療法プログラムではなく、判断を記載する。理学療法プログラムは、Pである。

 

 

 

23. 固定負荷にて行う運動負荷試験はどれか。

1. Bruce法
2. ランプ負荷法
3. 6分間歩行テスト
4. マスターシングルテスト
5. シャトルウォーキングテスト

解答
解説
主に負荷の種類として3種類ある。
①単一水準定量負荷試験(固定負荷法):一定強度の運動を一定時間負荷する方法。等尺性負荷試験(ハンドグリップ法)やマスター2段階試験(Master two step test)があり、トレッドミルや自転車エルゴメーターによる一定強度負荷も可能。
②Ramp負荷試験(連続的多段階負荷法):数秒から1分以内で負荷強度を少しずつ増やすことにより、ほぼ直線的に負荷強度を増加させる方法。この方法の特徴は、無酸素性作業閾値(AT)を求める負荷法として、主に心肺運動負荷試験(CPX)に用いられる。
③多段階負荷試験:トレッドミルや自転車エルゴメーターを用いて運動強度を一定時間ごとに増加させる方法で、Astrand法やBruce法が有名。
1. ×:Bruce法は、多段階負荷試験法として用いられる。
2. ×:ランプ負荷法は、連続的多段階負荷法として用いられる。
3. ×:6分間歩行テストは、長く平坦な30mの直線コースをできるだけ速く歩く。途中で息切れしたり、疲れたりするとペースを落としても、必要なら立ち止まって休むこともできるため、負荷の種類としてはどれにも当てはまらない。
4. 〇:正しい。マスターシングルテストは固定負荷法で、高さ9インチ(約23㎝)の凸型階段を5歩で昇降するのを1回と数えて、年齢、性、体重で決められた回数を1分30秒で行う。3分間で行うのがマスターダブルである。
5. ×:シャトルウォーキングテストは、10mのコースを信号音に合わせて歩行するテストである。多段階負荷試験である。

 

 

 

24. 関節可動域測定法(日本整形外科会、日本リハビリテーション医学会基準による)で足部の内返しを測定する。基本軸と移動軸の組み合わせで正しいのはどれか。

1. 下腿軸への垂直線——足底面
2. 下腿軸への垂直線——足背面
3. 腓骨への垂直線———足底面
4. 腓骨への垂直線———足背面
5. 腓骨への垂直線———第5中足骨

解答
解説
足部の内返しは、基本軸(下腿軸への垂直線)——移動軸(足底面)である。よって、1.が正しい。
ちなみに、腓骨への垂直線は、足関節底背屈の基本軸、第5中足骨は移動軸で使用する。足背面の使用はない。

 

 

 

25. 関節可動域が正常な患者に対し、Danielsらの徒手筋力テストの段階5の検査で、軽度屈曲位で抵抗を加えるのはどれか。

1. 肩関節伸展
2. 肘関節伸展
3. 手関節伸展
4. 股関節伸展
5. 頚部複合伸展

解答
解説
1.3~5 ×:伸展位で抵抗を加える。
2. 〇:肘関節伸展は、肘関節のロックを防ぐため軽度屈曲位で行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)