リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第54回(H31) 理学療法士国家試験 解説【午前問題26~30】

 

26. 検査結果を表に示す。6か月前と比べてバランス機能の低下を示すのはどれか。

解答
解説
1. 〇:正しい。FBS(機能的バランス指標)とは、14項目の日常的な動作からなり、0~4点で最も良い状態が54点である。患者が課題を遂行したときの安全性や安定性を観察して評価するものである。転倒の危険性のあるスクリーニング得点は45点以下である。問題文から、6か月前は47点だったものが33点となっており、バランス機能の低下を疑える結果となっている。
2. ×:TUGとは、立ち上がり、歩行、方向転換の動作を着見合わせて、動的バランスを評価するものである。正常範囲は10秒以内であり、20秒以上では転倒の危険性がある。短い時間がでればでるほど良い結果となる。
3. ×:10m歩行時間は、助走路(各3m)を含めた約16m(直線歩行路)を歩行し、定常歩行とみなせる10mの所要時間計測する。10秒未満が屋外歩行レベルとされる。短い時間がでればでるほど良い結果となる。
4. ×:片脚立位は、開眼時30秒以下・閉眼時10以下でバランスの障害を疑う。長くできればできるほど良い結果となる。
5. ×:Functional Reach Test(機能的上肢到達検査)は、立位姿勢をとらせ、片方の上肢を前方90°挙上し、手指をできるだけ遠くに位置してもらう距離を測る。距離が大きいほど良い結果となる。

 

 

 

27. 認知症の原因になりにくい疾患はどれか。

1. 葉酸欠乏症
2. 正常圧水頭症
3. 慢性硬膜下血腫
4. 甲状腺機能亢進症
5. ビタミンB12欠乏症

 

解答
解説
1.5. ×:葉酸欠乏症・ビタミンB12欠乏症について、葉酸は、B群ビタミンのひとつで、生命の存続に必須であるDNA等の生合成に関与しており、欠乏すると悪性貧血症を発症する。さらに、心筋梗塞、脳梗塞を発症しやすくなり、高齢者においては認知症も発症しやすくなるといわれている。
2. ×:正常圧水頭症の3徴として①歩行障害、②認知症、③尿失禁である。
3. ×:慢性硬膜下血腫とは、軽度の外傷により軽微な出血が起こり、経時的に血腫が増大し、やがて症状が現れる。症状として、認知障害、頭痛、尿失禁、歩行障害、片麻痺などである。
4. 〇:甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の症状として、発汗や食欲亢進、体重減少、下痢、振戦、メルセブルグ3
徴(眼球突出、甲状腺腫、頻脈)がみられる。

 

 

 

 

28. 歩行周期で立脚相直前から活動し、踵接地時に大きな活動を示す下肢の筋はどれか。2つ選べ。

1. 下腿三頭筋
2. 前脛骨筋
3. 大腿四頭筋
4. 長母指屈筋
5. 腸腰筋

解答2,3
解説
立脚相直前から活動し、踵接地時に大きな活動を示す下肢の筋は、解答の前脛骨筋・大腿四頭筋の他にもハムストリングスや大殿筋、脊柱起立筋も同様の活動が認められる。よって、解答は2,3。

 

 

 

29. 内反足に対する最も適切な靴の補正はどれか。

1. Thomasヒール
2. 内側フレアヒール
3. クッションヒール
4. メタタルザルバー
5. 外側ソールウェッジ

解答
解説
1. ×:Thomasヒールは、外反扁平足に使用する。
2. ×:内側フレアヒールは、外反足に使用する。
3. ×:クッションヒールは、踵足骨棘の疼痛軽減に使用する。
4. ×:メタタルザルバーは、中足骨骨頭の免荷に使用する。
5. 〇:正しい。外側ソールウェッジは、内反足に使用する。

 

 

 

 

30. 関節リウマチにおいて、余暇、仕事、身の回りのことの3つの要素から機能状態の程度を示す指標はどれか。

1. CMI
2. DAS28<disease activity score 28>
3. Larsen分類
4. Sharp score
5. Steinbrockerのclass分類

解答
解説
Steinbrockerによる分類は、class分類とStage分類があるため混合しないように覚えておく。
1. ×:CMI(Cornell Medical Index)は、心の健康度を測るテストである。心身面の自覚症状を多数列記し「はい」「いいえ」の項目に本人が○を記入する方式のテスト。リウマチ患者の心のケアとして使われることがある。
2. ×:DAS28<disease activity score 28>は、28ヵ所の関節の状態、赤沈(または CRP)、患者さんの全般的な健康状態から、関節リウマチの状態を評価する方法です。RAの総合的疾患活動性指数を測る。
3. ×:Larsen分類は、単純X線を用いた関節破壊の評価を目的で行われる。
4. ×:Sharp scoreは、手と足のレントゲン写真を撮り、関節裂隙狭小化(関節破壊)や骨びらん(骨破壊)の程度を点数化して、関節破壊の程度を評価する方法。
5. 〇:正しい。Steinbrockerのclass分類は、余暇、仕事、身の回りのことの3つの要素から機能状態の程度を示す指標である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)