リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第54回(H31) 理学療法士国家試験 解説【午前問題31~35】

 

31. 尺骨骨幹部骨折と橈骨小頭の脱臼を生じるのはどれか。

1. Barton骨折
2. Colles骨折
3. Galeazzi骨折
4. Monteggia骨折
5. Smith骨折

解答
解説
1. ×:Barton骨折は、橈骨遠位部の関節内骨折である。遠位部骨片が手根管とともに背側もしくは掌側に転位しているものをいう。それぞれ背側Barton骨折・掌側Barton骨折という。
2. ×:Colles骨折は、橈骨遠位端骨折で、Smith骨折とは逆に骨片が背側に転位する。
3. ×:Galeazzi骨折は、橈骨骨幹部に尺側頭脱臼を伴ったものである。
4. 〇:正しい。Monteggia骨折は、尺骨骨幹部骨折と橈骨小頭の脱臼を生じる。
5. ×:Smith骨折は、橈骨遠位端骨折で、Colles骨折とは逆に骨片が掌側に転位する。

 

 

 

32. 疲労骨折が最も多いのはどれか。

1. 脛骨
2. 骨盤
3. 中足骨
4. 腓骨
5. 腰椎

 

解答
解説
ごめんなさい。知識不足で分かりませんが、解答は5. 腰椎らしいです。コメントにてご教授お願いします。私は、3. 中足骨の気がしますが・・・。

疲労骨折とは、1回の大きな外傷でおこる通常の骨折とは異なり、骨の同じ部位に繰り返し加わる小さな力によって、骨にひびがはいったり、ひびが進んで完全な骨折に至った状態をいう。好発部位は中足骨35%、脛骨27%、肋骨12%、腓骨9%、尺骨・大腿骨・足関節の内側がそれぞれ3%。
腰椎についての説明。
成長期(小学校高学年から中学・高校生)のスポーツ選手が長引く腰痛を訴える場合には腰椎分離症を疑う。腰椎分離症は、一般の発生頻度は5%程度、スポーツ選手の調査では20%前後という報告があり、主としてスポーツ活動に伴う腰部への過剰な負荷が原因の疲労骨折である。

 

 

 

 

33. 上腕二頭筋腱炎で陽性所見を呈する検査はどれか。

1. Adsonテスト
2. Apleyテスト
3. Finkelsteinテスト
4. Kempテスト
5. Yergasonテスト

解答
解説
1. ×:Adsonテストの陽性は、胸郭出口症候群を疑う。患者の頭部を検査側に回旋させ、患側上肢を伸展・外転位に保持し、橈骨動脈の拍動を確認したのち、患者に頭部を伸展・深呼吸させる。そして、再び橈骨動脈の拍動を確認する。
2. ×:一般的にApleyテストといっても、アプレー・スクラッチテスト(Apley scratch test)やアプレー圧迫・牽引テストとApleyとつくテストがいくつもある。アプレー・スクラッチテスト(Apley scratch test)は、棘上筋腱の変性性筋炎を疑う。アプレー圧迫テストは半月板損傷、アプレー牽引テストは、側副靭帯損傷を疑う。
3. ×:Finkelsteinテストの陽性は、長母指外転筋と短母指伸筋の狭窄性腱鞘炎を疑う。患側手の母指を4指に握らせて、さらに手関節を尺屈させる。
4. ×:Kempテストの陽性は、脊椎管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアを疑う。検者は患者の両肩に手を置き、患者の体幹を回旋しながら左右の斜め後方に伸展させる。
5. 〇:正しい。Yergasonテストの陽性は、上腕二頭筋腱炎を疑う。患者の肘90°屈曲させ、検者は一側の手で肘を固定して、他方の手で患側手首を持つ。次に患者にその前腕を外旋・回外するように指示し、検者はそれに抵抗を加える。

 

 

 

34. 脳卒中片麻痺患者に用いられる検査法で正しいのはどれか。2つ選べ。

1. FMA<Fugl-Meyer assessment>はADLの評価を含む。
2. JSS<Japan Stroke Scale>は関節可動域の評価を含む。
3. mRSは歩行速度の評価を含む。
4. NIHSSは意識状態の評価を含む。
5. SIASは非麻痺側機能の評価を含む。

 

解答4,5
解説
1. ×:FMA<Fugl-Meyer assessment>はADLの評価を含まない。FMA<Fugl-Meyer assessment>は、脳血管障害患者の総合的機能障害の評価である。上肢運動機能66点、下肢運動機能34点、バランス14点、感覚24点、可動域・疼痛88点からなる。
2. ×:JSS<Japan Stroke Scale>は関節可動域の評価を含まない。JSS<Japan Stroke Scale>は、脳卒中重症度スケールであり、意識・言語・無視・視野・眼球運動・瞳孔・顔面麻痺・足底反射・感覚・運動の得点を統計的に算出された重み付けにより合計する評価法。
3. ×:mRSは歩行速度の評価を含まない。mRSは、
4. 〇:正しい。NIHSSは意識状態の評価を含む。NIHSSの検査項目は、意識・瞳孔反射・注視・視野・顔面神経・上肢運動・下肢運動・足底反射・失調・感覚・無視・構音・失語症を0点から2~4で評価する。
5. 〇:正しい。SIASは麻痺側運動機能を評価するためのテストであるが、非麻痺側機能の評価を含む。項目は、9種の機能障害に分類される22項目からなる。各項目とも3あるいは5点満点で評価される。

詳しくまとめたものはこちら↓↓

SIASとは?評価方法や評価項目は?【分かりやすく解説します】

 

 

 

 

35. Parkinson病に対する包括的な評価指標であるUPDRSの評価項目でないのはどれか。

1. 感覚
2. 姿勢
3. 歩行
4. 知的機能
5. ジスキネジア

解答
解説
パーキンソン病統一スケール(Unified Parkin-son’s Disease Rating Scale:UPDRS)は、1987年にパーキンソン病の方の病態把握のための評価尺度としてFahnらにより開発された。認知・情動状態(知的機能)、ADL(歩行)、運動機能(姿勢)、薬剤の副作用の項目(ジスキネジア)を評価する。全42項目の状態の評価を0~4の5段階で行う。UPDRS の評価尺度は順序尺度。42項目すべて覚えるのは困難であるため、大項目の上記4つは覚えておく。よって、解答は、1. 感覚である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)