理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午前問題96~100】

96.高齢初発てんかんについて正しいのはどれか。

1.特発性てんかんが多い。

2.患者数は減少傾向にある。

3.部分発作を呈することが多い。

4.てんかん重積状態に至ることはない。

5.抗てんかん薬が無効であることが多い。

 

解答を表示する

解答:3


解説

高齢者に起こるてんかんは、複雑部分発作が多いのが特徴。

1.×:側頭葉てんかんが最も多い(約7割)。

2.×:患者数は増加傾向にある。

3.〇:正しい。

4.×:てんかん重積状態とは、てんかん発作が30分以上続くか、発作が断続してその間意識がない場合をいう。側頭葉てんかんは、発作中の行動を忘れる。

5.×:成人の側頭葉てんかんの80%は、薬で発作を抑えることが可能。

 

97.器質性精神障害について正しいのはどれか。

1.妄想はみられない。

2.安定した人格を認める。

3.記憶障害はみられない。

4.抗精神病薬は投与しない。

5.心理的要因の影響を受ける。

 

解答を表示する

解答:5


解説

従来、精神疾患は、心因性、内因性、外因性という三つの要因から成立すると考えられてきた。このうち、外因性に分類されるものの中に、「器質性精神障害」がある。脳外傷や脳梗塞などのように、直接脳そのものを障害するもののことである。例えば、アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症、ピック病の認知症、パーキンソン病の認知症などである。

1.×:妄想は認められる。

2.×:不安定な人格となる。

3.×:記憶障害は見られる。

4.×:抗精神病薬を投与する。

5.〇:正しい。

 

98.ベンゾジアゼピン系睡眠薬の依存について正しいのはどれか。

1.中高年者にはみられない。

2.身体依存は形成されない。

3.離脱症状としてせん妄がある。

4.常用量であれば依存は形成されない。

5.作用時間の長い薬剤の方が依存を形成しやすい。

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:年齢に関係なく、物質依存・身体依存を引き起こす。

2.×:身体依存とは、その物質を急に摂取しなくなると生体が離脱症状を起こすものをいう。身体依存を起こす物質は限られるが、ベンゾジアゼピン系睡眠薬も弱いながらある。

3.〇:正しい。他にも、手足の震え、冷汗、不安、イライラ、不眠などが出現する。

4.×:常用量でも長期に及ぶと依存する。

5.×:作用時間に関係なく、身体依存や精神依存をもたらす薬の種類は限られる。

 

 

99.「自分がやっていることなのに、自分がやっている感じがしない」と訴える患者の症状はどれか

1.恐怖症

2.拒絶症

3.離人症状

4.心気症状

5.感情鈍麻

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:ある特定のものに対して、避けようとしたり異常な恐怖を感じたりする症状である。高所恐怖症や対人恐怖症など。

2.×:緊張型統合失調症にみられる症状。他人からの命令や要求に従わず、かえって逆のことを行う傾向をみせる。

3.〇:正しい。

4.×:身体の徴候や症状の誤った解釈のため、病気にかかるあるいはかかっているとの思い込みが6か月以上持続しており、それが著しい苦痛や機能の障害を呈している精神障害である。

5.×:統合失調症の症状。陰性症状で、感情の平板化や意欲の減退、思考の低下など。

 

 

100.親しい人間関係を構築できず、奇異な考え方や風変わりな行動が継続してみられ、パーソナリティ障害を指摘された。最も考えられるのはどれか。

1.演技性パーソナリティ障害

2.依存性パーソナリティ障害

3.統合失調型パーソナリティ障害

4.猜疑性<妄想性>パーソナリティ障害

5.シゾイド<統合失調質>パーソナリティ障害

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:過度に人の注意を引こうとする。

2.×:他人に強く依存し、自身に欠けている。

3.〇:正しい。

4.×:他人に対する不信、疑い深さが強い。

5.×:社会から孤立しようとする自閉性がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。