理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午前問題91~95】

91.Duchenne型筋ジストロフィーの呼吸障害について正しいのはどれか。

1.咳をする力は保たれる。

2.口すぼめ呼吸が有効である。

3.側弯症は呼吸機能に影響しない。

4.動脈血二酸化炭素分圧が上昇する。

5.呼吸不全は5歳以下から生じることが多い。

 

解答を表示する

解答:4


解説

呼吸筋の筋力低下のために、肺活量の現象を生じる拘束性換気障害を生じる(呼吸筋によって肺を膨らませることができない状態)。

1.×:進行とともに障害される。

2.×:有効であるのは、閉塞性換気障害である。

3.×:影響する。気道や気管支などが狭窄を起こすため。

4.〇:正しい。肺胞の低換気状態となるため。

5.×:5歳以降から呼吸不全が生じ、人工呼吸器を装着しない場合、多くは10歳代後半から20散弾前半ころに合併症により死亡する。

 

92.腎不全における透析療法について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.透析対象者数は年々増加傾向にある。

2.血液透析よりも腹膜透析の割合が多い。

3.昼間透析よりも夜間透析の割合が多い。

4.透析導入の原因疾患は糖尿病性腎症が最も多い。

5.透析対象者の死亡原因として肝不全が最も多い。

 

解答を表示する

解答:1,4


解説

1.〇:正しい。

2.×:血液透析の方が多い。

3.×:昼間透析の方が多い。(昼間透析する人は、血液透析が大多数)

4.〇:正しい。

5.×:最も多いのは心不全である。2位は感染症。3位は脳血管障害である。

 

93.糖尿病の運動療法で正しいのはどれか。

1.食後すぐに運動を開始する。

2.冷汗は高血糖発作の予兆である。

3.インスリン投与中は運動療法を中止する。

4.空腹時血糖値が高いほど運動量を増やす。

5.増殖性網膜症がある場合には運動強度を軽くする。

 

解答を表示する

解答:5


解説

1.×:食後30~60分頃に運動を実施するのが良い。

2.×:冷汗は低血糖症状である。高血糖症状は、著しい口渇、多飲、多尿、全身倦怠感など。

3.×:インスリン治療をしながら、運動を並行して行っていく。

4.×:空腹時血糖値が250㎎/dl以上ある場合は、運動療法は禁忌である。

5.〇:増殖性網膜症による新鮮な眼底出血がある場合は、運動療法は禁忌である。新鮮な眼底出血がない場合でも、運動強度は軽くした方が望ましい。

 

94乳癌について正しいのはどれか。

1.月経前に疼痛が増悪する。

2.好発部位は乳房の外側上部である。

3.好発年齢は20歳代である。

4.5年生存率は40 %前後である。

5.我が国における発症率は欧米の3倍である。

 

解答を表示する

解答:2


解説

1.×:乳房の腫瘤、硬結、疼痛または乳頭分泌などの諸症状は乳がんとは無関係である。

2.〇:正しい。

3.×:40歳代後半から50歳代前半がピーク。

4.×:5年生存率は90%以上である。

5.×:近年は、欧米と同様の人数となっている。

 

95.介護保険について正しいのはどれか。

1.要介護認定の申請は都道府県に対して行う。

2.65歳未満では給付を受けられない。

3.要介護認定には主治医意見書が必要である。

4.要介護状態区分等は要支援と要介護を合わせて6段階ある。

5.ケアプランを作成できるのはケアマネジャーのみである。

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:都道府県ではなく、市町村役所に対して行う。

2.×:40歳から64歳の第2号被保険者のうち老化が原因とされる病気(16の特定疾患)により介護が必要であると認定された人であれば、給付を受けられる。

3.〇:正しい。

4.×:要支援1,2・要介護1,2,3,4,5と全部で7段階ある。

5.×:ケアプランは、ご本人またはご家族が作成することできる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)