理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午後問題86~90】

86.変形性膝関節症の進行に伴う関節構成体の変化で正しいのはどれか。

1.滑膜の肥厚

2.骨囊胞の消失

3.軟骨下骨の肥厚

4.関節裂隙の拡大

5.関節靭帯の緊張

 

解答を表示する

解答:1


解説

1.〇:正しい。変形性膝関節症は、摩耗・変性による関節軟骨の退行性変化である。次第に軟骨下骨層の変化(骨変化、骨棘形成)と骨膜の肥厚・増殖が生じる。

2.×:骨囊胞が形成される。

3.×:軟骨下骨の変化が起こる(骨変化・骨棘形成)。

4.×:関節裂隙の縮小が起こる。

5.×:関節靭帯のゆるみが生じる。

 

87.脳卒中後の肩手症候群について正しいのはどれか。

1.運動麻痺重症例よりも軽症例に多い。

2.女性の発症率は男性の約2倍である。

3.脳卒中発症後6か月以降に生じる。

4.発症頻度は40 %程度である。

5.複合性局所疼痛症候群type Iに分類される。

 

解答を表示する

解答:5


解説

片手症候群は、複合性局所疼痛症候群(CRPS)のひとつとされ脳卒中片麻痺の発症早期(2~3W)からみられる。肩・上肢の疼痛・腫脹をきたすが感覚障害は重度でない。長期的には、骨萎縮を起こす(Sudeck骨萎縮)。本症例の多くは片麻痺、心疾患、頚部脊椎症、上肢の外傷などに続発する。重症例は廃用肩・廃用手となる。

1.×:発症例はBrs3以下で起こりやすい。

2.×:女性の方が3~4倍多い。

3.×:脳卒中片麻痺の発症早期(2~3W)からみられる。

4.×:脳卒中の発症頻度は20~30%である。

5.〇:正しい。タイプⅠは、主要な末梢神経損傷を伴わないものである。

 

88 .Parkinson病について正しいのはどれか。

1.喫煙者に多い。

2.再発と寛解とを繰り返す。

3.孤発性症例が家族性症例より多い。

4.30〜40歳代での発症が最多である。

5.我が国の有病率はAlzheimer病より多い。

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:喫煙者との関連性は今のところ報告されていない。

2.×:再発と寛解が特徴的なものは、多発性硬化症である。

3.〇:正しい。孤発性は90%以上を占めている。

4.×:65~75歳代での発症が最多である。

5.×:パーキンソン病の患者数約10万人。アルツハイマー病の患者数は、約200万人いるといわれている。

 

 

89.皮膚筋炎について正しいのはどれか。

1.先行感染を伴う。

2.悪性腫瘍を伴う。

3.胸腺腫を合併する。

4.嚥下障害はきたさない。

5.遠位筋優位の筋力低下をきたす。

 

解答を表示する

解答:2


解説

多発性筋炎・皮膚筋炎は、原発性の横紋筋の炎症性疾患で、近位筋群の筋痛を伴う対称性の筋低下を特徴とする疾患である。皮疹を伴うものを皮膚筋炎、皮膚病変を欠くものを多発性筋炎という。40~60歳の女性に多い(男女比2:1)。

1.×:膠原病または自己免疫疾患に属し、骨格筋に炎症をきたす疾患である。

2.〇:正しい。悪性腫瘍を合併することが多い。

3.×:胸腺腫を合併しやすいのは、重症筋無力症である。

4.×:下肢を初発とする筋力低下があり、その後、嚥下障害、構音障害、呼吸困難を伴う。

5.×:近位筋が対称性に侵される。筋力低下・筋委縮・筋圧痛を伴う。

 

90.神経麻痺と起こり得る症状の組合せで正しいのはどれか。

1.腋窩神経麻痺:下垂指

2.肩甲上神経麻痺:Phalen徽候

3.前骨間神経麻痺:涙滴徴候

4.大腿神経麻痺:下垂足

5.副神経麻痺:翼状肩甲

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:下垂指は後骨間神経麻痺で生じる。

2.×:Phalen徽候が陽性であれば、正中神経麻痺を疑う。

3.〇:正しい。

4.×:下垂足は、腓骨神経麻痺で生じる。

5.×:翼状肩甲は、長胸神経麻痺で生じる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)