理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午前問題51~55】

51.骨について正しいのはどれか。2つ選べ

1.長骨の骨幹には髄腔がある。

2.骨には緻密骨と海綿骨がある。

3.骨芽細胞は骨吸収に関与している。

4.骨の関節面は滑膜で覆われている。

5.骨膜は骨の長軸方向の成長に関わる。

 

解答を表示する

解答:1,2


解説

1.〇:正しい。

2.〇:正しい。

3.×:骨芽細胞は、骨質の形成に関与。破骨細胞が骨吸収に関与する。

4.×:滑膜ではなく関節軟骨でおおわれている。

5.×:短軸方向の成長に関わるのは骨膜。骨端成長板が長軸方向に成長する。

 

52.運動軸が2つの関節はどれか。

1.手指PIP関節

2.橈骨手根関節

3.腕尺関節

4.上橈尺関節

5.肩甲上腕関節

 

解答を表示する

解答:2


解説

1.×:手指PIP関節は、一軸性関節である。

2.〇:正しい。

3.×:腕尺関節は、一軸性関節である。

4.×:上橈尺関節は、一軸性関節である。

5.×:肩甲上腕関節は、多軸性関節である。

 

 

53.外側腋窩隙を構成する筋はどれか。

1.棘上筋

2.棘下筋

3.広背筋

4.大円筋

5.肩甲下筋

 

解答を表示する

解答:①


解説

小円筋と大円筋と上腕三頭筋の長頭と上腕骨で囲まれた四角形の隙き間を外側腋窩隙と呼ぶ。
よって、答えは4である。
ちなみに、小円筋と大円筋と上腕三頭筋の長頭で出来る三角形の隙き間を内側腋窩隙と呼ぶ。

 

 

54.錐体路について誤っているのはどれか。

1.大脳の運動皮質から始まる。

2.大脳の基底核を経由する。

3.大脳脚を経由する。

4.大多数は延髓で交差する。

5.脊髓の前角でシナプスを形成する。

 

解答を表示する

解答:2


解説

錐体路は、大脳皮質運動野―放線冠―内包後脚―大脳脚―延髄―脊髄交叉―脊髄前角細胞という経路をたどる。
よって、誤っているものは2である。

 

55.内頸動脈から直接分岐しないのはどれか。

1.眼動脈

2.前大脳動脈

3.中大脳動脈

4.前交通動脈

5.後交通動脈

 

解答を表示する

解答:4


解説

内頚動脈は、眼動脈・前大脳動脈・後交通動脈・中大脳動脈に分岐する。
よって、分岐しないのは4となる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)