理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午後問題21~25】

21.入院患者100人の収縮期血圧を集計した標本Aの分布は、中央値や平均値の近くに測定値が集中していた。他の値より極端に小さい値が1つあり、再度確認したところ誤記入であることが分かったため、この値を除いて標本Bを作った。標本Aに比べ標本Bの方が大きい統計量はどれか

1.分散

2.最大値

3.最頻値

4.平均値

5.標準偏差

 

解答を表示する

解答:4


解説

1.×:分散とは、データの散らばりの度合いを表す値。 分散を求めるには、偏差(それぞれの数値と平均値の差)を二乗し、平均を取る。

2.×:最大値とは、実数値をとる関数が、その変域内でとる最も大きい値。

3.×:最頻値とは、データ群や確率分布で最も頻繁に出現する値。

4.〇:正しい。平均値とは、観測値の総和を観測値の個数で割ったものである。一番小さい値を除いた場合、平均値が大きくなる。

5.×:標準偏差とは、分散の正の平方根が標準偏差となる。

 

22.疾患の予防対策で正しいのはどれか。

1.健康診断は一次予防である。

2.ワクチン接種は一次予防である。

3.禁煙は二次予防である。

4.合併症の予防は二次予防である。

5.糖尿病の運動療法は三次予防である。

 

解答を表示する

解答:2


解説

疾患の予防対策は、健康を増進し病気の発症自体を予防する「一次予防」、病気を早期に発見・治療する「二次 予防」、治療により進行を防ぎ回復を目指す「三次予防」がある。

1.×:健康診断は、二次予防である。

2.〇:正しい。

3.×:禁煙は、一次予防である。

4.×:合併症の予防は三次予防である。

5.×:糖尿病の運動療法は二次予防である。

 

23.端座位で膝関節を完全伸展位から屈曲した際に生じるのはどれか。

1.前十字靭帯は弛緩する。

2.内側側副靭帯は緊張する。

3.屈曲初期に脛骨は外旋する。

4.内側半月板よりも外側半月板の方が大きく移動する。

5.屈曲初期にすべり運動が生じ、続いて転がり運動が加わる。

 

解答を表示する

解答:4


解説

1.×:前十字靭帯は膝関節伸展位に緊張する。よって、屈曲した際は弛緩すると思うが・・・。知識不足で分かりません。分かる人がいたら教えてください。

2.×:内側・外側ともに、伸展時に緊張し、屈曲時に弛緩する。

3.×:屈曲初期には脛骨は内旋する。終末強制回旋運動という。

4.〇:正しい。

5.×:伸展位からの屈曲初期は転がり運動→中間域は複合運動→最終段階は滑り運動となる。

 

24.加齢に伴う生理的変化について正しいのはどれか。

1.肝重量の増加

2.自己抗体形成の低下

3.抗原抗体反応の低下

4.血繫アルブミン量の増加

5.クレアチニンクリアランスの増加

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:加齢に伴い、肝重量は低下する。

2.×:自己抗体形成能力は、加齢によっては変化しない。

3.〇:正しい。

4.×:血繫アルブミン量は低下する。

5.×:クレアチニンクリアランスとは、血漿中の特定成分を1分間に腎から尿中に排泄されるのに必要な血漿量で示される。加齢とともに、低下する。

 

25.関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)の運動方向と測定肢位の組合せで正しいのはどれか。

1.肩屈曲:前腕回外位

2.股内旋 :膝関節伸展位

3.股外転:股関節伸展位

4.膝屈曲 :股関節伸展位

5.足底屈 :膝関節伸展位

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:前腕中間位で行う。

2.×:膝関節90°屈曲位で行う。

3.〇:正しい。

4.×:股関節屈曲位で行う。

5.×:膝関節屈曲位で行う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。