理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午後問題26~30】

26.異常歩行と原因の組合せで正しいのはどれか。

1.鶏歩:脛骨神経麻捧

2.踵足歩行:脳卒中

3.動揺歩行:小脳性運動失調症

4.大殿筋歩行:筋ジストロフィー

5.はさみ脚歩行:正常圧水頭症

 

解答を表示する

解答:4


解説

1.×:鶏歩は腓骨神経麻痺で生じる。

2.×:踵足歩行は、らくだ歩行とも呼ばれます。L4,5脊髄損傷や二分脊椎、ポリオで起こる。

3.×:動揺歩行はトレンデレンブルグ歩行やアヒル歩行などがある。肢帯筋が障害部位で起こる。

4.〇:正しい。

5.×:はさみ足歩行は、痙性対麻痺歩行とも呼ばれる。両大脳半球、脳幹、脊髄側索における両側錐体路障害で生じる。

 

27.アテトーゼ型脳性麻痺で残存しやすい反射はどれか。

1.Galant反射

2.吸啜反射

3.自動歩行

4.手掌把握反射

5.探索反射

 

解答を表示する

解答:1


解説

アテトーゼ型は、麻痺の程度に関係なく四肢麻痺であるが上司に麻痺が強い特徴を持つ。

1.〇:Galant反射の消失が遷延している場合、アテトーゼ型脳性麻痺である可能性が高い。

2.×:乳幼児は正常でも陽性となるが、成人の要請は前頭葉障害、両側大脳の広範な障害を疑う。

3.×:この反射は、乳児は足の裏が平面に触れると、一方の足を逆の足の前に移動させることによって歩行しようとする。2か月には消えてしまう。

4.×:乳幼児は正常でも陽性となるが、前頭葉障害では障害の反対側が要請となる。

5.×:この反射は、それが何であれ頬や口をなでるものの方向に頭を向け、頭を移動させることによって目標を探す。4か月には消える。

 

28.慢性腰痛に対する認知行動療法でないのはどれか。

1.痛みの有無を頻回に尋ねる。

2.腰痛の不安を解消する映像を見せる。

3.腰を反らせても痛まない成功体験を繰り返させる。

4.痛みがあってもできる活動があることを認識させる。

5.適切な身体活動は痛みを増悪させないことを説明する。

 

解答を表示する

解答:1


解説

認知行動療法とは、自然に頭に浮かんだ考えを記録して、個人の信念や思考様式をもとに施行のプロセスを把握し、より合理的な考え方ができるように導く方法。特徴として、症状を媒介する認知を変化さえることが目標である。

1.〇:尋ねるだけでは、認知行動療法にならない。尋ねた後、教示すると認知行動療法となる。

2~5:痛みという症状を映像・成功体験・活動などで認知させている。

 

29.内頸動脈系と比べて椎骨脳底動脈系の血流障害でみられやすいのはどれか。2つ選べ。

1.複視

2.運動失調

3.Broca 失語

4.一過性黒内障

5.半側空間無視

 

解答を表示する

解答:1,2


解説

内頸動脈主幹部の閉塞は、側副血行路の発達や閉塞の機序によって、無症状から重篤なものまで多彩な症状をきたす。中大脳動脈閉塞の症状の他、眼動脈の虚血により病側の視力消失がみられることがある。

脳底動脈主幹部の完全閉塞は重篤な症状をきたす。回転性めまい、悪心・嘔吐がしばしば前駆し意識障害がほぼ全例に認められる。四肢麻痺、球麻痺、除脳硬直、瞳孔異常(瞳孔不同、縮瞳など) 眼球運動障害、昏睡、発熱、血圧上昇などがみられ、早期に死亡することが多い。

1.〇:正しい。

2.〇:正しい。

3.×:内頚動脈の血流障害でみられる。

4.×:一過性黒内障は、眼動脈という目の網膜に血流を送る血管の血流低下によるもので、一時的に片目が見えなくなる。この場合には同側の内頚動脈狭窄が強く疑われる。

5.×:内頚動脈の血流障害でみられる。

 

30.脳卒中片麻痺の亜脱白に対する肘屈曲型アームスリングのチェックアウトで正しいのはどれか。

1.頸部で上肢を支持する。

2.肩関節は内旋位とする。

3.前腕は回外位とする。

4.手関節は掌屈位とする。

5.手部は肘関節より低くする。

 

解答を表示する

解答:2


解説

1.×:頚部ではなく、肩で上肢を支持する。

2.〇:正しい。

3.×:前腕は中間位とする。

4.×:手関節は中間位とする。

5.×:手部と肘関節は平行にする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。