理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午後問題31~35】

31.Heberden結節の好発部位はどれか

1.遠位指節間関節

2.遠位橈尺関節

3.近位指節間関節

4.近位燒尺関節

5.中手指節関節

 

解答を表示する

解答:1


解説

Heberden結節とは、指の第1関節(DIP関節)が変形し曲がってしまう原因不明の疾患。第1関節の背側の中央の伸筋腱付着部を挟んで2つのコブ(結節)ができるのが特徴。よって、答えは1となる。

 

32.腱板断裂損傷の徒手検査で陽性となる可能性が最も高いのはどれか。

1.anterior apprehension test

2.drop arm test

3.Morley test

4.Thompson test

5.Yargason test

 

解答を表示する

解答:2


解説

1.×:肩不安感テストともいう。要請は、習慣性脱臼を疑う。

2.〇:正しい。

3.×:胸郭出口症候群の誘発テストである。

4.×:陽性の場合、アキレス腱断裂を疑う。

5.×:陽性の場合、上腕筋腱の不安定性か腱炎を疑う。

 

33.肘関節屈曲位から伸展方向へ他動的に動かしたときに、可動域の全範囲にわたり抵抗感が感じられたが、運動は容易であった。MAS (modified Ashworth scale)における筋緊張のレベルはどれか

1.0

2.1

3.1+

4.2

5.3

 

解答を表示する

解答:4


解説

modified Ashworth scaleの判定基準
0:筋緊張の亢進がない
1:軽度の筋緊張亢進があり、ひっかかりや可動域の終末でわずかな抵抗がある
1+:軽度の筋緊張亢進があり、ひっかかりと引き続く抵抗感が残りの可動域(1/2以内)にある
2:さらに亢進した筋緊張が可動域ほぼ全域にあるが、他動運動は可能
3:顕著な筋緊張亢進があり、他動運動は困難
4:他動運動では動かない。

よって、4が適切である。

 

34.動脈血ガス分析結果がpH 7.32、PaCO233Torr、PaO288Torr、HCO3−17mEq/Lである場合に予想される呼吸様式はどれか

1.徐呼吸

2.頻呼吸

3.無呼吸

4.Kussmaul呼吸

5.Cheyne-Stokes 呼吸

 

解答を表示する

解答:4


解説

血液ガス分析の基準値
血液ガス分析では血中のpH・酸素濃度・二酸化炭素濃度・重炭酸濃度などを調べることができる。これらは呼吸数や腎臓の排泄、再吸収などで厳密にコントロールされている。

基準値
pH : 7.40 ±0.05
PaO2 : 80~100Torr
PaCO2 : 40±5Torr
HCO3-: 24 ± 2mEq/l

1~3:上記のことから、代謝性アシドーシスであることが分かる。呼吸性アシドーシスなどに見られる。

4.〇:正しい。Kussmaul呼吸とは、異常に深大な呼吸が連続し、規則正しく続く状態。 運動時にも同様の呼吸がみられる。 糖尿病性ケトアシドーシス、腎不全に伴う尿毒症、昏睡時など代謝性アシドーシスに認められる。

5.×:Cheyne-Stokes 呼吸とは、小さい呼吸から一回換気量が漸増し大きな呼吸となった後、一回換気量が漸減し呼吸停止(10‐20秒程度の無呼吸)がおこり、その後再び同様の周期を繰り返す呼吸。中枢神経系が障害され、呼吸中枢の感受性が低下した場合や脳の低酸素状態の際に見られる。

 

35.がん患者の身体機能評価尺度はどれか

1.Barthel Index

2.FBS

3.FIM

4.KPS(Karnofsky performance scale)

5.mRS

 

解答を表示する

解答:4


解説

1.×:ADL評価である。

2.×:Functional Balance Scaleの略で、バランスの評価である。

3.×:ADL評価である。

4.〇:正しい。「カルノフスキーの一般全身状態スコア」、「カルノフスキー指数」とも呼ばれる。

5.×:modified Rankin Scaleの略で、脳血管障害に限定したADL評価。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。