リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午前問題71~75】

71 前腕回外に作用する筋はどれか。

1. 長掌筋

2. 小指伸筋

3. 上腕二頭筋

4. 長母指屈筋

5. 橈側手根屈筋

 

解答:3

解説

1. ✖ 長掌筋は、手関節掌屈。

2. ✖ 小指伸筋は、手関節背屈・第5指伸展。

3.〇 正しい。

4.✖ 長母指屈筋は、MP・IP関節屈曲。

5.✖ 橈側手根屈筋は、手関節掌屈・外転。前腕回内。

 

 

72 股関節の運動とそれに作用する筋の組合せで正しいのはどれか。

1. 屈曲——梨状筋

2. 伸展——大腰筋

3. 内転——薄筋

4. 内旋——上双子筋

5. 外旋——半腱様筋

 

解答:3

解説

1. ✖ 梨状筋は、股関節外転・外旋。

2. ✖ 大腰筋は、股関節屈曲。

3. 〇 正しい。

4. ✖ 上双子筋は、股関節外旋。

5. ✖ 半腱様筋は、股関節伸展、内転、内旋、膝関節屈曲。

 

 

73 足部アーチについて正しいのはどれか。

1. 外側縦アーチの要石は外側楔状骨である。

2. 外側縦アーチは内側縦アーチよりも長い。

3. 内側縦アーチは外がえしで高くなる。

4. 内側縦アーチは中足指節関節の伸展時に高くなる。

5. 足根骨部の横アーチで高い位置にあるのは立方骨である。

 

解答:4

解説

1.✖ 外側縦アーチは、踵骨-立方骨-第5中足骨で構成される。要石は立方骨である。

2.✖ 内側縦アーチの方が長い。

3.✖ 外返しで低くなり、内返しで高くなる。

4.〇 正しい。

5.✖ 足根骨部の横アーチで高い位置にあるのは内側楔状骨である。

足部の構造についてまとめました。参考にどうぞ。
理学療法士国家試験 足関節の構造についての問題4選「まとめ・解説」

 

 

 

74 フィードバックの説明で正しいのはどれか。

1. 平均フィードバックは試行ごとに与える。

2. 帯域幅フィードバックは何回分かをまとめて一度に与える。

3. 同時フィードバックは運動課題を実行している最中に与える。

4. 漸減的フィードバックは誤差が一定の幅を外れた場合に与える。

5. 要約フィードバックは学習の進行に伴い頻度を減らして与える。

 

解答:3

解説

1.✖ 平均フィードバックは、いくつかの試行分のフィードバック平均値のみを伝えること。

2.✖ 帯域幅フィードバックは、目標値との誤差が一定以上大きくなったときにフィードバックを行うこと。

3. 〇 正しい。

4. ✖ 漸減的フィードバックは、フィードバックの頻度を徐々に減らしていくこと。

5. ✖ 要約フィードバックは、一定回数分のフィードバックをまとめて行うこと。

 

 

75 病理学的な悪性度が最も高いのはどれか。

1. 海綿状血管腫

2. 下垂体腺腫

3. 神経膠芽腫

4. 神経鞘腫

5. 髄膜腫

 

解答:3

解説

膠芽腫は神経膠腫(グリオーマ)の中で成人に最も多く認められ、悪性で予後が最も悪い。よって、3.が正しい。

1.2.4.5.✖ どれも良性腫瘍であり全摘出できれば治療も可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)