リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午前問題66~70】

66 胃液の分泌を促進するのはどれか。2つ選べ。

1. 胃壁の伸展

2. 胃内pHの低下

3. 交感神経の緊張

4. ガストリンの分泌

5. 十二指腸内への酸性内容物の流入

 

解答:1,4

解説

胃液分泌の3相

・頭相:資格や嗅覚刺激、口腔粘膜刺激により、胃液分泌が起きる。

・胃相:幽門洞の粘膜が刺激されることにより、ガストリンが内分泌され、胃液分泌される。

・腸相:十二指腸上部粘膜の消化食べ物により、セクレチンが内分泌されガストリンの分泌を抑制し、また、胃の運動が抑制される。よって、1.4が正しい。

2.3.5.✖ 胃液の分泌を逆に抑制する。

 

 

67 尿の生成について正しいのはどれか。

1. 集合管では尿の希釈を行う。

2. 血漿蛋白は糸球体を透過する。

3. 血液の濾過は腎小体で行われる。

4. 近位尿細管ではアンモニアの再吸収を行う。

5. 抗利尿ホルモンは水の再吸収量を減少させる。

 

解答:3

解説

1.✖ 希釈とは、溶液に水や溶媒を加えて薄めること。

2.✖ 血液が糸球体の毛細血管を通過する間に血球やタンパク質のような成分はろ過される。

3.〇 正しい。

4.✖ アンモニア(尿素)、尿酸、クレアチニンなどは再吸収されずに排出する。身体に必要な栄養分としてのグルコース、アミノ酸や電解質としてのNaCl、ビタミンなどが再吸収される。

5.✖ 抗利尿ホルモンは水の再吸収量を増加させる。

 

 

68 老化に伴う生理機能の変化で正しいのはどれか。

1. 血管抵抗は低下する。

2. 残気量は減少する。

3. 心拍出量は増加する。

4. 肺活量は増加する。

5. 予備呼気量は減少する。

 

解答:5

解説

1.✖ 血管抵抗は増加する。

24.✖ 残気量は増加する。肺活量は減少する。加齢によって呼吸筋の筋力が低下し、呼気を出しにくくなるため。

3.✖ 心拍出量は減少する。

5.〇 正しい。予備呼気量は減少する。

加齢に伴う生理現象をまとめました。参考にどうぞ。

理学療法士国家試験 加齢に伴う生理学的変化についての問題7選「まとめ・解説」

 

 

69 立位姿勢が安定しているのはどれか。

1. 支持基底面が狭い。

2. 重心の位置が高い。

3. 床と足底の接触面の摩擦抵抗が小さい。

4. 上半身と下半身の重心線が一致している。

5. 重心線の位置が支持基底面の中心から離れている。

 

解答:4

解説

1. ✖ 安定させるには、支持基底面を広くする。

2. ✖ 安定させるには、重心の位置が低くする。

3. ✖ 安定させるには、床と足底の接触面の摩擦抵抗が大きくする。

4. 〇 正しい。

5. ✖ 安定させるには、重心線の位置を支持基底面の中心に位置させる。

 

 

70 肩甲骨の運動とそれに作用する筋の組合せで正しいのはどれか。

1. 挙上————小胸筋

2. 下制————鎖骨下筋

3. 外転————僧帽筋

4. 内転————菱形筋

5. 下方回旋——前鋸筋

 

解答:2もしくは、4

解説

1.✖ 小胸筋は、肩甲骨を前下に引く。

2.4.〇 正しい。

3.✖ 僧帽筋は、上部上方回旋・中部内転・下部下方回旋する。

5.✖ 前鋸筋は、肩甲骨を前方に引く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)