リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午前問題61~65】

61 細胞膜電位について誤っているのはどれか。

1. 静止膜電位は負の値である。

2. 活動電位は全か無の法則に従う。

3. 活動電位の発火直後には不応期が存在する。

4. 脱分極で極性が正の部分をオーバーシュートという。

5. カリウムイオンは脱分極のときに細胞外から細胞内に移動する。

 

解答:5

解説

1~4.✖ 正しい。

5.〇 脱分極のときに細胞外から細胞内に移動するのはナトリウムイオンである。

 

 

 

62 運動単位について誤っているのはどれか。

1. 1個の運動ニューロンとそれに支配される筋線維群を運動単位という。

2. 1つの筋肉は多数の運動単位で構成される。

3. 1個の運動ニューロンが何本の筋線維を支配しているかを神経支配比という。

4. 上腕二頭筋より虫様筋の方が神経支配比は大きい。

5. 最も強い筋収縮は筋のすべての運動単位が同期して活動するときに起こる。

 

解答:4

解説
運動単位とは、1個のα運動ニューロンとそれが支配する筋線維群とを指す。運動単位は、常に活動を共にする一つの機能単位を構成する。

1.〇 :運動単位とは、1個のα運動ニューロンとそれが支配する筋線維群とを指す。

2.〇 :正常では1つの筋線維につき1個の神経筋接合部が存在する。

3.〇 :正しい。

4.× :指の動きなどの精密な働きをする筋ほど1つの運動神神経が支配する筋線維の数は少なく、神経支配比は小さい。

5.〇 :通常、小さな運動単位から活動を開始し、ついで閾値の高い大きな運動単位が順次活動していく。これをサイズの原理と呼ぶ。すべての運動単位が同調して活動すれば、最も強い筋収縮が起こる。

苦手な人向けに、過去問をまとめました。
理学療法士国家試験 運動単位についての問題5選「まとめ・解説」

 

 

 

 

63 腱をたたいて骨格筋を急速に伸ばすと起こる筋単収縮に関与するのはどれか。

1. 筋紡錘

2. Pacini小体

3. Ruffini 終末

4. 自由神経終末

5. Meissner 小体

 

解答:1

解説

1.〇 正しい。

2~5.✖ 皮膚の感覚受容器には、自由神経終末、メルケル触覚細胞、マイスネル小体、ファーター・パチニ小体、クラウゼ小体、ルフィニ小体がある。それらは、触圧覚や痛覚などを伝える。

 

 

64 健常者の安静時呼吸について正しいのはどれか。

1. 呼吸数は25/分程度である。

2. 呼気時の気道内圧は陽圧である。

3. 呼気時の胸腔内圧は陽圧である。

4. 呼気時に外肋間筋の収縮がみられる。

5. 吸気時に胸鎖乳突筋の収縮がみられる。

 

解答:2

解説

1.✖ 安静時の健康な成人の平均的な呼吸数は、毎分12~20回である。

2.〇 正しい。

3.✖ 努力呼吸時の場合、呼気時全体を通じ胸腔内圧は陽圧となる。

4.✖ 吸気時に外肋間筋と横隔膜の収縮がみられる。

5.✖ 努力呼吸の吸気時に胸鎖乳突筋の収縮がみられる。

 

 

65 血液凝固因子はどれか。

1. アルブミン

2. トロンビン

3. ヘモグロビン

4. プラスミノゲン

5. エリスロポエチン

 

解答:2

解説

1.✖ アルブミンの働きは、主に次に述べる①水分を保持し、血液を正常に循環させるための浸透圧の維持と、②体内のいろいろな物と結合し、これを目的地に運ぶ運搬作用がある。

2.〇 正しい。

3.✖ 酸素を運ぶ機能をもつ。

4.✖ 血栓など血液の凝固したものを溶解するプロテアーゼであるプラスミンの前駆体タンパク質。

5.✖ 赤血球の産生を促進する造血因子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)