リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午後問題56~60】

56 解剖学的構造のうち、白質に分類されるのはどれか。

1. 視床

2. 脳梁

3. 被殻

4. 淡蒼球

5. 脊髄前角

 

解答:2

解説

灰白質は、脳の表面の神経細胞のところ。大脳基底核とか視床とか脳の深部に存在する。白質は、灰白質の内側にあって神経細胞の連絡路(軸索)。放線冠・内包・脳梁などに存在する。よって2.が白質となる。

 

 

 

57 脳脊髄液の流路において、第三脳室と第四脳室の間に位置するのはどれか。

1. Luschka孔

2. Magendie孔

3. Monro孔

4. 中脳水道

5. 脈絡叢

 

解答:4

解説

1.✖ Luschka孔(ルシュカ孔)…第四脳室の下髄帆と下小脳脚。下髄帆は左右の下小脳脚の間にある薄い板だが、小脳に接する部分で外側に広がり、その先端は外側口Luschka孔(ルシュカ孔)と呼ばれる開口になっている。

2.✖ Magendie孔(マジャンディ孔)…その下髄帆には正中の延髄に接する部分にも正中口Magendie孔(マジャンディ孔)と呼ばれる開口がある。

3.✖ Monro孔…第三脳室の両外側では室間孔Monro孔(モンロー孔)を通じて側脳室に、尾側では中脳水道を通じて第四脳室につながり、脳脊髄液の通り道になっている。

4.〇 正しい。第三脳室と第四脳室を結ぶ中脳の内腔は中脳水道と呼ばれる。

5.✖ 脈絡叢(choroid plexus)…脳脊髄液を産出し、脳室に分泌する重要な器官である。

 

 

58 胃の解剖について正しいのはどれか。

1. 胃底は胃の下方をいう。

2. 胃の左縁を小弯という。

3. 食道と胃の境に噴門が位置する。

4. 大弯は肝胃間膜によって肝臓と結合している。

5. 胃酸を分泌する腺は幽門前庭に多くみられる。

 

解答:3

解説

1.✖ 胃底は胃の上方をいう。上方から、胃底部、胃体部、幽門部となる。

2.✖ 胃の左縁を大弯という。右縁を小弯という。

3.〇 正しい。胃の出口を幽門という。

4.✖ 肝胃間膜と結合しているのは、小弯である。大弯は横行結腸間膜である。

5.✖ 胃酸を分泌する腺は胃底から胃体部にみられる。固有胃腺という。

 

 

 

59 腎臓の解剖について正しいのはどれか。

1. 糸球体は腎髄質に位置する。

2. 輸出細動脈は集合管につながる。

3. ネフロンは糸球体と尿細管からなる。

4. 輸入細動脈はHenle 係蹄につながる。

5. 腎乳頭はBowman囊に覆われている。

 

解答:3

解説

1. ✖ 糸球体とボーマン嚢を合わせて腎小体という。糸球体は腎皮質に位置する。

2. ✖ 遠位曲尿細管から結合管、集合管につながる。

3. 〇 正しい?ネフロンは、腎小体と尿細管からなる。腎小体は、糸球体と糸球体嚢からできているため、糸球体と尿細管では、糸球体嚢が含まれていないため正しくないような気がする。教えてくださる方コメント欄にてお願いします。

4. ✖ Henle 係蹄につながるのは、近位尿細管と遠位尿細管である。

5. ✖ 腎乳頭は、髄質の腎門に向かって、円錐形を呈する8~16個の腎錐体があり、その突出している先端の事である。Bowman囊に覆われていない。

 

 

 

60 細胞分裂の開始に関わるのはどれか。

1. Golgi(ゴルジ)装置

2. 中心小体

3. ミトコンドリア

4. リソソーム

5. リボソーム

 

解答:2

解説

1. ✖ Golgi(ゴルジ)装置…小胞体で合成された物質を細胞膜や分泌小胞に振り分ける。

2. 〇 正しい。

3. ✖ ミトコンドリア…エネルギー(ATP)産生を行う。

4. ✖ リソソーム…ライソソーム、ライソゾームまたは水解小体とも呼ばれる。細胞質内代謝物の消化と貯蔵に関与する。

5. ✖ リボソーム…タンパク質合成を行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)