リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午後問題51~55】

勉強する前に読んでほしい記事↓↓

【必見】理学療法士の国家試験対策に役立つ参考書2選

 

 

51 上腕骨小結節に付着する筋はどれか。

1. 棘下筋

2. 棘上筋

3. 肩甲下筋

4. 小円筋

5. 上腕二頭筋

 

解答:3

解説

1. ✖ 棘下筋は、上腕骨大結節の上部に付着。

2. ✖ 棘上筋は、上腕骨大結節の中部に付着。

3. 〇 正しい。

4. ✖ 小円筋は、上腕骨大結節の下部に付着。

5. ✖ 上腕二頭筋の肩甲骨に付着する部分は、肩甲上結節である。

 

 

 

52 皮下組織の直下に筋腹を触知する筋はどれか。

1. 棘上筋

2. 方形回内筋

3. 小殿筋

4. 中間広筋

5. 長腓骨筋

 

解答:5

解説

1.✖ 僧帽筋の深層にある。

2.✖ 方形回内筋は、屈筋支帯や屈筋腱の深層にある。

3.✖ 中殿筋の深層にある。

4.✖ 大腿直筋の深層にある。

5.〇 正しい。

 

 

53 腕神経叢の後神経束から分岐する神経はどれか。

1. 腋窩神経

2. 筋皮神経

3. 尺骨神経

4. 正中神経

5. 長胸神経

 

解答:1

解説

1.〇 腕神経叢の後神経束から分岐する神経は、①上位の肩甲下神経(C5,C6)→②胸背神経(C5-C8)→③下位の肩甲下神経(C5,C6)→④腋窩神経(C5-C7)→⑤撓骨神経(C5-T1)である。よって、1.が正しい。

2.4.✖ 筋皮神経、正中神経、は、外側神経束から分岐する。

3,4.✖ 尺骨神経、正中神経は、内側神経束から分岐する。

5.✖ 長胸神経は、最も近位である根から起こり(C5-7)、前鋸筋を支配する。

 

 

54 舌下神経について正しいのはどれか。

1. 舌筋を支配する。

2. 両側支配である。

3. 神経核は橋にある。

4. 脳の背側から出る。

5. 味覚の求心路である。

 

解答:1

解説

1.〇 正しい。舌下神経は12対ある脳神経の一つ(第XII脳神経)。舌の運動を司る他、甲状舌骨筋、肩甲舌骨筋、胸骨甲状筋、胸骨舌骨筋をも支配する運動神経である。

2. ✖ 片側支配である。

3. ✖ 舌下神経核は延髄の下部にある。

4. ✖ 舌下神経は、舌下神経核から始まり、オリーブ核と錐体路の間から延髄を出る。その後舌下神経管を通り、口蓋舌筋以外の全ての舌筋に分布する。

5. ✖ 味覚の求心路は、顔面・舌咽・迷走神経である。

 

 

 

55 脛骨と腓骨の両方に付着する筋はどれか。

1. 大腿二頭筋

2. 半腱様筋

3. 前脛骨筋

4. 後脛骨筋

5. 短腓骨筋

 

解答:1もしくは4(複数回答があったため、除外問題となっている。)

解説

1. 〇 大腿二頭筋の停止は、腓骨頭・脛骨外側顆に付着する。

2. ✖ 半腱様筋の停止は、脛骨粗面に停止する。

3. ✖ 前脛骨筋の起始は、脛骨外側面と下腿骨間膜である。

4. 〇 後脛骨筋の起始は脛骨と腓骨に付着する。

5. ✖ 短腓骨筋の起始は、腓骨外側面に付着する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)