リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午前問題51~55】

51 外胚葉から発生するのはどれか。

1. 脳

2. 心臓

3. 膀胱

4. 卵巣

5. 骨格筋

 

解答:1

解説

外胚葉は表皮と神経、中胚葉は脈管系と血球系・骨格筋、内胚葉は内臓臓器と考える。

1.〇 正しい。脳は神経組織であり、外胚葉由来である。

2.✖ 心臓は、脈管系であり中胚葉由来である。

3.✖ 膀胱は内臓臓器で、内胚葉である。

4.5.✖ 卵巣、骨格筋は中胚葉である。

 

 

52 体表から触知できるのはどれか。2つ選べ。

1. 歯突起

2. 結節間溝

3. 胸骨角

4. 顆間隆起

5. 舟状骨粗面

 

解答:3,5

解説

1.2.4.✖ 蝕知できない。

3.〇 正しい。胸骨角は、胸骨柄と胸骨体の結合するところは前方で角張って突出している。触診できるようにしておくと心電図の電極を張るときに役に立つ。

5.〇 正しい。舟状骨粗面は、後脛骨筋が停止するところでもある。後脛骨筋腱の触診は、足関節底屈位で足部の回外運動すると内果後方の近位部で腱の膨隆を触知できる。そこからたどっていくと、舟状骨粗面が触診できる。

 

 

 

53 回旋筋腱板を構成する筋はどれか。2つ選べ。

1. 棘上筋

2. 肩甲挙筋

3. 広背筋

4. 小円筋

5. 前鋸筋

 

解答:1,4

解説

回旋筋腱板は、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋からなる。よって、1,4が正しい。

 

 

54 第2中手骨底に付着する筋はどれか。

1. 円回内筋

2. 尺側手根屈筋

3. 浅指屈筋

4. 長掌筋

5. 橈側手根屈筋

 

解答:5

解説

1.✖ 円回内筋の停止部は、橈骨である。

2.✖ 尺側手根屈筋の停止部は、豆状骨・有鈎骨・第5中手骨底である。

3.✖ 浅指屈筋の停止部は、第2~第5中節骨底である。

4.✖ 長掌筋の停止部は、手掌腱膜である。

5.〇 正しい。

 

 

55 胸椎に付着する筋はどれか。

1. 外腹斜筋

2. 肩甲挙筋

3. 前鋸筋

4. 僧帽筋

5. 内腹斜筋

 

解答:4

解説

1. ✖ 外腹斜筋は、第5~12肋骨——白線・恥骨稜・腸骨稜につく。

2. ✖ 肩甲挙筋は、第4頸椎横突起——肩甲骨上角につく。

3. ✖ 前鋸筋は、第1~8肋骨前外側面——肩甲骨上角~下角につく。

4. 〇 正しい。僧帽筋は、外後頭隆起、第7頸椎以下全胸椎棘突起——肩甲骨肩甲棘および鎖骨外側縁につく。

5. ✖ 内腹斜筋は、白線・恥骨稜・腸骨稜——腰腱膜につく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)