リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第52回(H29) 理学療法士国家試験 解説【午後問題16~20】

次の文により16、17の問いに答えよ。

20歳の女性。1か月前に転倒し、疼痛は軽減したが膝関節の不安定感があり来院した。

 

16 実施した検査を図に示す。矢印は力を加えた方向を示す。

この検査で陽性となったとき、損傷されたのはどれか。

 

1. 外側側副靱帯

2. 後十字靱帯

3. 前十字靱帯

4. 腸脛靱帯

5. 内側側副靱帯

 

解答:2

解説

1.5.✖ アプレー牽引テストや内・外反動揺性テストなどで確認できる。

2.〇 正しい。図で行っているのは、後方引き出しテスト(drawer sign)である。

3.✖ 前方引き出しテストで確認できる。

4.✖ グラスピングテストで確認できる。やり方は、腸脛靭帯を圧迫してテンションをかけた状態で、膝の曲げ伸ばしで症状が再現されるかどうかで判断する。

 

 

17 他に損傷がなかった場合、優先すべき治療はどれか。

1. 安静固定

2. 水中歩行練習

3. 大腿四頭筋の強化

4. 超音波療法

5. ハムストリングスの強化

 

解答:3

解説

症例の状態は、1か月前に転倒し、疼痛は軽減したが膝関節の不安定感があり来院している。

1.✖ 受傷して応急手当て時に必要になる(RISE処置)。

2.4.✖ 現在、疼痛は軽減しており膝関節の不安定感にアプローチする訓練としては、優先すべき項目ではない。

3.〇 大腿四頭筋の訓練による下腿の前夫引き出しの力の強化によって、膝関節の後方へのずれに対して拮抗することができる。

5.✖ 脛骨が後方引き出しされてしまう恐れがあるため誤り。それでもハムストリングスを鍛えたい場合は、脛骨近位を押さえるかセラバンドで支える必要がある。

 

 

18 53歳の女性。脳出血による右片麻痺で、発症後6週経過。Brunnstrom法ステージは上肢、手指、下肢ともにⅣ。両足をそろえた位置から理学療法士を両上肢で押しながら図のように左足を一歩前に出す運動を行っている。この目的として誤っているのはどれか。

 

1. 歩幅の拡大

2. 歩隔の拡大

3. 右側の殿筋強化

4. 右側の下腿三頭筋の強化

5. 右側の上肢肩甲帯の安定化

 

解答:2

解説

右片麻痺で、左足を前に出すステップ練習をしている。歩行周期の相として、麻痺側の立脚期である。

1.✖ 歩幅を拡大することによって、効率のよい歩行が獲得できる。麻痺側の立脚期を獲得が大切になる。

2.〇 歩隔を拡大することを目的に歩行練習をすること自体あまりない。バランスが悪いと支持基底面を広く取ろうとして、勝手に歩隔が拡大する。訓練効果によって、歩隔は狭くしていく。分回し歩行にもつながってしまう。

3.4.✖ 麻痺側立脚期に働く筋の働きの獲得が大切になる。

5.✖ 上肢帯を安定させるため、肩甲帯強化は必要である。安定した歩行、きれいな歩容には上肢帯の安定は不可欠である。

 

 

19 42歳の男性。Guillain-Barré症候群。発症後3日目。四肢体幹の重度な麻痺と呼吸筋麻痺のため人工呼吸器管理の状態である。この時期に行う理学療法で適切なのはどれか。

1. 体位排痰

2. 痙縮の抑制

3. 体幹の漸増抵抗運動

4. 上下肢の高負荷の筋力増強運動

5. 上下肢の過伸張を伴うストレッチ

 

解答:1

解説

Guillain-Barré症候群は、多発性末梢神経障害の代表疾患である。末梢神経障害のため、麻痺は四肢の遠位部から起こり、徐々に近位部へ進行する。麻痺の回復経過はその逆で、近位部から遠位部に向けて回復する。重症例では、麻痺が体幹にも及び呼吸筋も侵すため呼吸障害を生じる。発症の1~3週前に感冒症状・下痢・腹痛などが見られ、その1~2週間で急逝に神経症状が発症して弛緩性四肢麻痺や呼吸筋麻痺、脳神経障害などの症状がみられる。症状は、1か月で完成し、その後3か月から1年で徐々に近位部から遠位部にむけて回復する。

1.〇 正しい。呼吸筋群が侵され、呼吸困難を呈し、人工呼吸管理を必要とすることもある。

2.✖ Guillain-Barré症候群は、弛緩性麻痺が特徴である。

3.4.5.✖ 発症後3日目の時点では、症状は進行中である。また末梢神経障害に対して後負荷の訓練を行うと筋力低下を招くことになる。弛緩性麻痺に対し、過伸張を伴うストレッチは軟部組織の損傷につながる。急性期は廃用商工分の予防と改善、代償動作の獲得を行う。

 

 

20 多職種で構成される病院内のカンファレンスに出席する際に、先輩から「この会議は、チームビルディングは成熟していて活発な議論がなされるが、コンフリクトマネジメントに課題がある」と助言を受けた。このカンファレンスにおける対応として最も優先すべきなのはどれか。

1. 自分の意見を積極的に述べる。

2. 参加者と打ち解けられるようにする。

3. 意見が衝突した際に注意深く対応する。

4. 他者の意見を傾聴することを優先する。

5. 他者の意見に異を唱えずに議論を進める。

 

解答:3

解説

※チームビルディング・・・仲間が主体的に自分らしさ、多様性を発揮しつつ、相互に関わりながら一丸となって共通のゴールを達成しようとチャレンジする、そうした組織をつくるための取り組み全般。

※コンフリクト・・・「意見や利害の衝突、葛藤、対立」といった概念を意味する言葉。

※コンフリクト・マネジメント・・・組織運営においてネガティブに評価されがちなこうした状況を、組織の活性化や成長の機会と捉え、積極的に受け入れて問題解決を図ろうとする考え方をと呼びます。

 つまり、先輩から「この会議は、チームビルディングは成熟していて活発な議論がなされるが、コンフリクトマネジメントに課題がある」→この会議は”相互に関わりながら一丸となる”議論はできているが、“ネガティブな問題に対して成長としてとらえることができない”といった課題がある」と言っている。ネガティブな問題に対して成長できるよう介入することが望ましい。

1.2.4.✖ チームビルディングができているため、最も優先すべき項目ではない。

3.〇 正しい。解説通り。

5.✖ まず除外される項目である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)