第51回(H28) 理学療法士国家試験 解説【午前問題11~15】

 

11 65歳の男性。脳梗塞。右片麻痺。発症5日目。意識レベルはJCS(Japan coma scale)Ⅰ- 1。全身状態は安定し、麻痺の進行も24時間以上認めないため、リスク管理(リハビリテーション医療における安全管理・推進のためのガイドライン2006に基づく)を行いながら、ベッドアップを開始することとした。
 適切なのはどれか。

1. ベッドアップ前、動悸を訴えているが実施する。
2. ベッドアップ前、安静時SpO2が85%であったので実施する。
3. ベッドアップ後、脈拍が100回/分なので中止する。
4. ベッドアップ後、呼吸数が18回/分なので中止する。
5. ベッドアップ後、収縮期血圧が120mmHg から170mmHg に上昇したので中止する。

解答5

解説

1.× ベッドアップ前、動悸を訴えている場合、積極的なリハビリテーションを実施しない。リハビリテーション実施前にすでに動悸・息切れ・胸痛のある場合は行わない。
2.× ベッドアップ前、安静時SpO2が90%以下であった場合、積極的なリハビリテーションを実施しない。
3.× ベッドアップ後、脈拍が100 回/分なので中止するのではなく続けてよい。
脈拍が120/分を超えた場合:いったんリハビリテーションを中止し、回復を待って再開。
脈拍が140/分を超えた場合:途中でリハビリテーションを中止する。
4.× ベッドアップ後、呼吸数が18 回/分なので中止するのではなく続けてよい。頻呼吸(30回/分以上)息切れが出現した場合は途中でリハビリテーションを中止する。
5.〇 正しい。ベッドアップ後、収縮期血圧が120mmHgから170 mmHgに上昇したので中止する。ベッドアップ後に収縮期血圧が40mmHg以上の血圧上昇が認められているので、リハビリテーションを中止する。

 

 

 

 

 

 

12 65歳の女性。慢性心不全。自宅でめまいと失神発作とを認めたため来院した。
来院時の心電図を下図に示す。
 この患者にみられるのはどれか。


1. 洞性頻脈
2. 心室頻拍
3. 心室期外収縮
4. Ⅰ度房室ブロック
5. Ⅲ度房室ブロック

解答5

解説

 P波の後のQRS波の関連性がなく、両者がそれぞれに独立したリズムで出現している。よって、選択肢5.Ⅲ度房室ブロックが正しい。

 

1.× 洞性頻脈は、洞結節の興奮頻度が上昇している状態である。洞性頻脈の特徴は、洞調律である状態は保たれており、P波に続いてQRS波・T波が見られ、かつ幅も正常である。心拍数は100/分以上となる。
2.× 心室頻拍は、心室の興奮が頻繁となっている状態である。心室頻拍の特徴は、房室結節を通らない興奮のため、幅の広いQRS波が連続して認められる。
3.× 心室期外収縮は、突然幅の広いQRS波が認められる。
4.× Ⅰ度房室ブロックは、PQ間隔の延長が認められる。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

15分でマスターする理学療法士国家試験の心電図問題の勉強の仕方

 

 

 

 

 

13 他の筋への影響を最小限にしてハムストリングスの伸張運動を行う場合、適切でないのはどれか。

解答1

解説

1.× 適切ではない。図のようなやり方では、足関節の背屈・膝関節伸展により二関節筋である腓腹筋が伸張される。他の筋への影響を最小限にできていないため不適切である。
2~5.× ハムストリングスの伸張運動である。

 

 

 

 

 

14 図のようなハンドリングを実施することで運動発達促進効果として期待されるのはどれか。


1. Galant反射の抑制
2. 下肢のキッキング促通
3. 正中位指向の促進
4. 体幹伸展筋の促通
5. 頭部回旋運動の促通

解答3

解説

 図では、両手で小児の両上肢を安定させ、頚部・背部を軽度屈曲位で安定させ、下肢は大腿にのせて、軽度屈曲位で左右対称に保ちリラックスさせているように見える。

 

1.× Galant反射とは、脊柱近位を尖った物でこすることで体幹が刺激側に側屈する反射である。これは出生時からみられ、生後1~2か月頃に消失する。図はGalant反射の抑制は行われていない。
2.× 下肢のキッキング促通するためには、足底に抵抗を加える(床に足底をつけるなど)必要がある。図では足底が浮いており下肢のキッキング促通は行われていない。
3.〇 正しい。正中位指向の促進である。両手を体の中心にもっていき、頭頚部を正中位で保持することで正中位指向の促進を図っている。
4.× 体幹伸展筋の促通ではなく、図は抑制している。なぜなら、体幹軽度屈曲位となっているため。
5.× 頭部回旋運動の促通ではなく、図は抑制している。なぜなら、頭頚部正中位で保持されているため。

ハンドリングの目的

・乳幼児が正常な姿勢保持反射
・姿勢保持に必要な抗重力筋の筋緊張
・運動の制御機構などを獲得していく

 

 

 

 

 

15 45歳の男性。筋萎縮性側索硬化症。発症から1年経過している。ADLは自立しているが、主に下肢の筋力低下、バランス不良および鶏歩が認められる。
理学療法で適切なのはどれか。

1. 車椅子操作の練習
2. 下肢の漸増抵抗運動
3. 両松葉杖での歩行練習
4. 感覚再教育によるバランス練習
5. プラスチックAFOを装着した歩行練習

解答5

解説

1.× 車椅子操作の練習は時期尚早である。なぜなら、本症例はADL自立しており、歩行は可能(バランス不良および鶏歩)であるため。できる限り能力を維持できよう自力歩行を促すべきである。
2.× 下肢の漸増抵抗運動は不適切である。なぜなら、ALSは進行性に筋が萎縮するため。漸増抵抗運動を行っても筋力低下を補うことはできない。
3.× 両松葉杖での歩行練習は不適切である。なぜなら、ALSに両松葉杖は適応になりにくい(上肢の筋力が十分にある場合に適応となる)ため。また、本症例の身体状態からも、下肢の筋力低下とバランス不良があり、松葉杖による歩行は転倒のリスクが高い。
4.× 感覚再教育によるバランス練習は不適切である。なぜなら、ALSの陰性徴候に感覚障害があるため。
5.〇 正しい。プラスチックAFOを装着した歩行練習が適応となる。なぜなら鶏歩に対して、プラスチックAFOを装着することで足関節背屈を補助し、つまずきを回避することができるため。

松葉杖の適応

・片方の下肢骨折
・対麻痺障害などの立位保持が困難な場合
・荷重負荷制限
・上腕の筋力が十分であること

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)