第50回(H27) 作業療法士国家試験 解説【午前問題46~50】

 

46 転換性障害による歩行障害のある患者への対応として適切なのはどれか。

1.希死念慮に注意する。
2.感情の言語化を促す。
3.歩行障害の受容を促す。
4.歩行機能への介入は行わない。
5.葛藤と症状との関係を洞察させる。

解答2

解説
 転換性障害(=解離性障害)とは、①随意運動障害、または②感覚機能障害に先立って、心理的葛藤やストレス要因が見出され、心理的要因が関連していると判断されるものである。まずは身体的対応を行うが、徐々に自分の感情を症状で表す(転換)のではなく、言語化できるように促していくことである。したがって、選択肢2.感情の言語化を促すことが正解となる。感情の言語化を促していくことが、身体的症状への転換を減らしていくことになり、回復につながる。

1.× 希死念慮に注意する必要はない。なぜなら、希死念慮(自殺願望と同義)は、うつ病患者によくみられる症状であるため。
3.× 歩行障害の受容を促す必要はない。なぜなら、歩行障害は器質的・機能的なものではなく、心理的葛藤が解消できれば消失するため。
4.× 歩行機能への介入を行う。なぜなら、まずは身体的対応を行う必要があるため。その後、徐々に自分の感情を症状で表す(転換)のではなく、言語化できるように促していく
5.× 葛藤と症状との関係を洞察させる必要はない。なぜなら、本症例は、治療初期(歩行障害のある患者)と考えられるため。治療初期では、葛藤と症状との関係を洞察させることで、症状への意識を強める恐れがある。ちなみに、葛藤と症状との関係を洞察させることは、治療の最終目標となる。

 

 

 

 

 

 

47 摂食障害患者の作業療法でみられる特徴はどれか。

1.周囲に対する過剰適応
2.課題の頻回な変更
3.中途での投出し
4.集中力の低下
5.意欲の低さ

解答1

解説

摂食障害患者の心性の特徴

①自己評価が低い。
②周囲からの評価を気にする。
(神経性無食欲症・神経性大食症に共通)

1.〇 正しい。周囲に対する過剰適応は、摂食障害患者の作業療法でみられる特徴である。摂食障害患者は人からの評価に敏感であることが多い。また、性格は①強情、②負けず嫌い、③執着心が強い、③極端な行動に及びやすい。周囲の期待に応えようとする傾向が強く、過剰適応のストレス反応として摂食障害が悪化する。
2~3.× 課題の頻回な変更/中途での投出しは見られない。なぜなら、完壁主義でこだわる傾向が強いため。
4.× 集中力の低下は見られない。一般でいう集中力の低下(長い授業中にボーとするなど)は、摂食障害のうち、神経性無食欲症では低栄養のため起こりうるが、作業療法でいう集中力の低下(持続性注意の低下)は、比較的保たれていることが多い。
5.× 意欲の低さは見られない。神経性無食欲症では、痩せようと過活動であることが多い。したがって、意欲は高い

 

 

 

 

 

 

48 回避性パーソナリティ障害患者の作業療法導入期の対応について適切なのはどれか。

1.共同作業を促す。
2.衝動発散を促す。
3.種目選択は患者に任せる。
4.作業の誤りを修正させる。
5.枠組みの明確な作業を提供する。

解答5

解説

回避性パーソナリティ障害とは?

回避性パーソナリティ障害とは、①社会的状況で恥をかくことや、②相手から拒絶される可能性を常に意識している特徴を持つパーソナリティ障害である。

1.× 共同作業を促す必要はない。なぜなら、共同作業は、周りから拒絶されたり、恥をかくことに対するおそれを助長する可能性が高いため。
2.× 衝動発散を促す必要はない。なぜなら、回避性パーソナリティ障害ではなく、衝動性の高い障害(境界性パーソナリティ障害)に衝動発散を促す必要があるため。衝動発散は、衝動性を制御する手段として時に必要であり、行動化につながらない程度に促す場合もある。行動化とは、不適切な形で現れた防衛機制の1つで、「行為」によって対処するものである。具体例として、診察室から出ていってしまったり、診察の場で沈黙を続けたりするなどである。
3.× 種目選択は患者に任せる必要はない。なぜなら、回避性パーソナリティ障害患者は、依存的かつ自己決定が難しいため。
4.× 作業の誤りを修正させる必要はない。なぜなら、本人の主体性を阻むことになるため。危険が伴わない誤りであれば指摘せずに見守ることが望ましい。
5.〇 正しい。枠組みの明確な作業を提供する。なぜなら、自由度が低く結果が予測しやすいため初期の作業として取り組みやすいため。

 

 

 

 

 

 

49 作業療法中にみられるてんかん患者の発作症状でないのはどれか。

1.虚空を注視する。
2.強い執着性を示す。
3.眼球が共同偏向する。
4.突然に会話を停止する。
5.急に立ち上がって歩きまわる。

解答2

解説

 てんかん発作は、大脳皮質における神経細胞の異常な興奮によって痙攣などの症状が出現する。発作型を大きく大別すると①部分発作(脳の一部分が過剰興奮して始まる)と、②全般発作(両側大脳半球が同時に過剰放電する)に分けられる。作業療法の場面では、意識消失・けいえん・無目的な行動(自動症)に注意する。

1.〇 正しい。虚空(こくう:何もない空間)を注視するのは、てんかん患者(欠神発作)の発作症状である。
2.× 強い執着性を示すのは、てんかん患者の発作症状ではなく、性格傾向である。てんかん患者の性格傾向として、執着気質が挙げられる。
3.〇 正しい。眼球が共同偏向するのは、てんかん患者(大発作:強直間代発作)の発作症状である。大発作は、眼球の共同偏向、上転の後に、強直性けいれん・間代性けいれんが起こる。共同偏向とは、両目が同じ方向または対称性を持ち、偏って位置する状態のことである。
4.〇 正しい。突然に会話を停止するのは、てんかん患者(欠神発作)の発作症状である。突然会話を停止するのは、てんかん発作が始まって意識消失を起こしていることを示す。
5.〇 正しい。急に立ち上がって歩きまわる(自動症)は、てんかん患者【欠神発作複雑部分発作における精神運動発作(側頭葉てんかん)】の発作症状である。

 

 

 

 

 

 

50 就労移行支援事業について正しいのはどれか。

1.利用期間に制限がある。
2.利用者の年齢に制限はない。
3.公共職業安定所が実施主体となる。
4.障害者雇用促進法による事業である。
5.就労継続支援A型事業所への就労を目標とする。

解答1

解説

障害者総合支援法に基づく障害者の就労支援事業

①就労移行支援事業
 就業が可能と思われる65歳未満の障害者に対して、就業のために必要な知識や技能を身に付けてもらう。2年(特例で3年)が限度である。

②就労継続支援A型(雇用型)
 通常の事業所に雇用されることが困難であり、雇用契約に基づく就労が可能である者が対象である。期限の設定はない。

③就労継続支援B型(非雇用型)
 通常の事業所に雇用されることが困難であり、雇用契約に基づく就労も困難である者が対象である。期限の設定はない。

1.〇 正しい。利用期間に制限がある。2年(特例で3年)が限度である。
2.× 利用者の年齢に制限はないのではなく、就業が可能と思われる65歳未満の障害者対して行われる。
3.× 実施主体は、公共職業安定所ではなく、市町村となる。
4.× 障害者雇用促進法ではなく、障害者総合支援法による事業である。
5.× 就労継続支援A型事業所ではなく、一般企業への就労を目標とする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)