第50回(H27) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午後問題91~95】

 

91 頸椎椎間板ヘルニアについて正しいのはどれか。

1. 女性に多く発症する。
2. 60〜70 代に好発する。
3. 下肢症状より上肢症状で始まることが多い。
4. C6、7 間の外側型ヘルニアでは腕橈骨筋反射が亢進する。
5. 座位で両肩関節を過外転すると橈骨動脈の拍動が減弱する。

解答3

解説

 

 

 

 

 

92 Duchenne 型筋ジストロフィーの特徴で正しいのはどれか。

1. 下肢筋力が上肢筋力より早く低下する。
2. 出生時から筋緊張低下がみられる。
3. 15〜20 歳で歩行不能となる。
4. 常染色体劣性遺伝である。
5. ミオトニア現象を認める。

解答1

解説

 

 

 

 

 

93 筋萎縮性側索硬化症にみられるのはどれか。

1. 筋固縮
2. 痛覚脱失
3. 測定異常
4. 線維束攣縮
5. 筋の仮性肥大

解答4

解説

 

 

 

 

 

94 急性膵炎について正しいのはどれか。

1. 膵石がみられる。
2. 60 歳以上の女性に多い。
3. アルコール性が最も多い。
4. 初期から糖尿病を合併する。
5. 重症での死亡率は1 %未満である。

解答3

解説

 

 

 

 

 

95 右心不全の直接的原因として正しいのはどれか。

1. 高血圧
2. 肥大型心筋症
3. 僧帽弁閉鎖不全症
4. 原発性肺高血圧症
5. 大動脈弁閉鎖不全症

解答4

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)