第50回(H27) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午後問題95~100】

 

96 アルコール依存症に関連が少ないのはどれか。

1. ペラグラ脳症
2. Cotard 症候群
3. Wernicke 脳症
4. Liepmann 現象
5. Korsakoff 症候群

解答2

解説

 

 

 

 

 

97 自我の障害はどれか。

1. アンヘドニア
2. 観念奔逸
3. 妄想気分
4. 離人症
5. 連合弛緩

解答4

解説

 

 

 

 

 

98 家族がすぐにでも病気になるのではないか、という心配を繰り返し訴えるのはどれか。

1. 解離性障害
2. 強迫性障害
3. 社交(社会)不安障害
4. 全般性不安障害
5. 広場恐怖

解答4

解説

 

 

 

 

 

99 パーソナリティ障害と特徴の組合せで正しいのはどれか。

1. 依存性パーソナリティ障害 — 嗜癖
2. 演技性パーソナリティ障害 — 被暗示性
3. 回避性パーソナリティ障害 — 冷淡
4. 統合失調質パーソナリティ障害 — 攻撃性
5. 非社会性パーソナリティ障害 — 几帳面

解答2

解説

 

 

 

 

 

100 小児の精神障害で正しいのはどれか。

1. 吃音は女児に多い。
2. 分離不安障害は学童期に多い。
3. 反応性愛着障害は過度に警戒的である。
4. 反抗挑戦性障害の症状は家庭内に限局する。
5. 注意欠陥/多動性障害では成長につれて多動よりも不注意が軽快しやすい。

解答2

解説

 

※問題の引用:第50回理学療法士国家試験、第50回作業療法士国家試験の問題および正答について

※注意:著者は理学療法士で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)