第50回(H27) 理学療法士国家試験 解説【午後問題26~30】

 

26 前大脳動脈閉塞で最も生じやすい症状はどれか。

1. 観念運動失行
2. 強制把握現象
3. 地誌的失見当
4. 着衣失行
5. 物体失認

解答2

解説

 

 

 

 

 

27 Duchenne 型筋ジストロフィーのステージ6(厚生省筋萎縮症研究班の機能障害度分類による)に対する理学療法として適切なのはどれか。2 つ選べ。

1. 四つ這い移動練習
2. 脊柱の可動域運動
3. 電動車椅子操作の練習
4. 短下肢装具装着での立位バランス練習
5. 台やテーブルを利用した立ち上がり練習

解答2/3

解説

 

 

 

 

 

28 アテトーゼ型脳性麻痺について誤っているのはどれか。

1. 痙直型より少ない。
2. 原始反射が残存しやすい。
3. 不随意運動を主症状とする。
4. 上肢より下肢の障害が重度であることが多い。
5. 成人以降の二次障害として頸椎症性脊髄症がある。

解答4

解説

 

 

 

 

 

29 PEDI (pediatric evaluation of disability inventory)で正しいのはどれか。

1. 機能的スキルを測定する。
2. 脳性麻痺は対象にならない。
3. 出生直後から使用可能である。
4. 社会的機能は評価項目に含まれない。
5. 評価に要する時間はWeeFIM より短い。

解答1

解説

 

 

 

 

 

30 ASIA 機能障害尺度でL4 のkey muscle はどれか。

1. 腸腰筋
2. 腓腹筋
3. 前脛骨筋
4. 大腿四頭筋
5. 長母指伸筋

解答3

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)