第50回(H27) 理学療法士国家試験 解説【午後問題21~25】

 

21 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)の運動方向と基本軸の組合せで正しいのはどれか。2 つ選べ。

1. 肩甲帯挙上 — 肩峰と胸骨上縁を結ぶ線
2. 肩外転 — 両側の肩峰を結んだ線への垂直線
3. 前腕回内 — 橈骨
4. 膝屈曲 — 大腿骨
5. 足部内がえし — 下腿軸への垂直線

解答4/5

解説

 

 

 

 

 

22 Daniels らの徒手筋力テストにおける頸部屈曲の測定で正しいのはどれか。2 つ選べ。

1. 上位頸椎の運動を測定する。
2. 広頸筋による代償を抑制する。
3. 背臥位で両腕を胸の前で組ませて行う。
4. 段階2 は下顎を頸部に引き付ける運動で判断する。
5. 段階5 は2 本の指で加えた中等度の抵抗で判断する。

解答2/5

解説

 

 

 

 

 

23 Daniels らの徒手筋力テストで段階2 における筋と測定肢位の組合せで正しいのはどれか。2 つ選べ。

1. 棘上筋 — 腹臥位
2. 大菱形筋 — 側臥位
3. 肩甲下 — 筋腹臥位
4. 小円筋 — 背臥位
5. 前鋸筋 — 座位

解答3/5

解説

 

 

 

 

 

24 脳卒中患者の状態を症状なしから死亡までに分類できるのはどれか。

1. Fugl-Meyer assessment
2. GCS(Glasgow coma scale)
3. Modified Ashworth scale
4. Modified Rankin scale
5. SIAS

解答4

解説

 

 

 

 

 

25 右延髄背外側部の脳梗塞による障害で認められるのはどれか。

1. 左内反足
2. 右下垂足
3. 右の痛覚脱失
4. 左の深部感覚障害
5. 右下肢の運動失調

解答5

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)