第49回(H26) 作業療法士国家試験 解説【午前問題41~45】

 

41 アルコール依存症の患者が、作業療法の際に「お酒の飲み方以外は何も問題はない」と主張した。
 この防衛機制はどれか。

1.昇華
2.退行
3.投射
4.否認
5.抑圧

解答4

解説
1.× 昇華は、抑圧された願望を文化的、社会的に認められた方法(例えば勉学、スポーツ、芸術活動など)に転化させることをいう。
2.× 退行とは、より低い発達段階に逆戻りする、いわゆる「子どもがえり」のことである。依存が目立つよういなる。
3.× 投射とは、自分の欲望や感情を他者に見出すことをいう。例えば、自分がある人を嫌っているのに、逆にその人が自分を嫌っているとするものである。
4.〇 正しい。否認とは、明らかに問題となっていることをないことのように考え振る舞うことをいう。アルコール依存症には否認や過剰な頑張りなどの特有の心理がある。アルコール依存症の患者が、作業療法の際に「お酒の飲み方以外は何も問題はない」と主張しているものは否認に該当する。
5.× 抑圧とは、ある願望と関係する出来事や考えなどを抑えつけて意識しないようにすることである。

 

 

 

 

 

 

42 認知症患者の作業療法中にみられやすいのはどれか。

1.過干渉
2.誇大性
3.集中性
4.立去り
5.綿密性

解答4

解説
1.× 過干渉とは、ある対象に対し、必要以上に干渉することをいう。教育場面において、母親が子供に行うことが多く、過干渉を受けた子供だけでなく母親にはしばしば双極性障害の躁状態とみられることもある。
2.× 誇大性とは、非現実的な優越感(他者よりも優れた自分立場)をさし、ナルシシストが軽蔑、劣等感、独自性を用いて他人を見る時に発生する。双極性障害の躁症状統合失調症の誇大妄想があるときにみられる。
3.× 認知症患者では、集中性は欠如することが多い。
4.〇 正しい。立去りは、認知症患者の作業療法中にみられやすい。認知症患者は、興味・関心の低下、集中力の維持困難のため、作業の場から立ち去ってしまうことがある。
5.× 綿密性(めんみつせい)とは、詳しくて、細かなこと。 注意がすみずみまでいきとどいて、手抜かりがないことをいう。認知症患者は、知的能力、集中力の低下により、綿密性はみられにくい。

 

 

 

 

 

 

43 統合失調症の回復期前期の患者に適切な活動はどれか。

1.仲間作り
2.生活管理
3.欲求の充足
4.役割の体験
5.身体感覚の回復

解答5

解説

統合失調症の回復期の作業療法のポイント

①急性期後の身体的・精神的疲弊のため、休養を十分にとる。
②簡単な身辺処理の活動(洗面・入浴・更衣など)を促す。
③生活リズムの確立を図る。
活動量を少しずつ増やす
⑤少しずつ現実世界へ関心を向ける。

1.× 仲間作り(他者との関係作り)は、維持期の課題である。なぜなら、回復期前期には負担が大きいため。維持期は、デイケア通所から就業まで、様々なレベルで社会復帰をしている患者の生活の質の維持や向上を図る時期である。初期にはまず精神状態が安定しているかどうかをチェックする。
2.× 生活管理は、維持期の課題である。生活管理とは、服装の管理(清潔を保つ)、金銭管理、服薬管理など、退院後の生活に必要な管理の能力を指す。
3.× 欲求の充足は、基本的な生活リズムが回復しつつある亜急性期の課題である。
4.× 役割の体験は、維持期の課題である。役割の体験により自尊心を高める。
5.〇 正しい。回復期前期は、消耗状態が軽減してきた時期である。ストレッチなどの軽い運動を行うことにより、活動量を少しずつ増やしたり、身体感覚の回復を図る。

 

 

 

 

 

 

44 認知・思考障害の強い統合失調症患者に対する認知行動療法で適切なのはどれか。

1.考えを文字にして表す。
2.一日の活動を記録して振り返る。
3.コラム法を用いて状況を吟味する。
4.問題行動を思い返して内省を深める。
5.相手の気持ちや状況の理解に焦点を当てて振り返る。

解答1

解説
1.〇 正しい。考えを文字にして表すことは、認知・思考障害の強い統合失調症患者に対する認知行動療法で適切である。なぜなら、自分の考えを明確にでき、治療者と今何を話題にしているのかがはっきりするため。
2.× 一日の活動を記録して振り返ることは困難である。特に、「振り返ること(意味づけすること)」の部分において、認知・思考障害の強い統合失調症患者には困難で不安を助長する恐れがある。
3.× コラム法とは、嫌な感情が起こった時の状況、気分、自動思考などを表(コラム)に記述し、それを改めるような思考を促すものである。認知・思考障害の強い統合失調症患者には、困難であるため不安を助長する恐れがある。
4.× 問題行動を思い返して内省することは困難である。特に、「思い返す」部分において認知・思考障害の強い統合失調症患者には困難で不安を助長する恐れがある。
5.× 相手の気持ちや状況の理解に焦点を当てて振り返ることは困難である。特に「状況の理解」の部分において、認知・思考障害の強い統合失調症患者には困難で不安を助長する恐れがある。

 

 

 

 

 

 

45 うつ病患者の作業療法の注意点について正しいのはどれか。

1.長い工程を選ぶ。
2.積極的に努力を促す。
3.なじみの活動を選ぶ。
4.自発性意欲を支援する。
5.リーダー役を割り振る。

解答4

解説

 うつ病の作業療法について、うつ病では意欲低下、精神運動抑制などの症状のため、自己評価が低く、疲労感が強い。そのため、負荷が小さく、自信を回復させるような作業が適切である。病前のようには作業ができないことから自責や自信を無くしてしまうことがあるため配慮が必要である。

うつ病の作業療法の選択基準
  1. 工程がはっきりしたもの。
  2. 短期間で完成できるもの。
  3. 安全で受け身的で非競争的なもの。
  4. 軽い運動。

1.× 長いではなく、短い工程を選ぶ。なぜなら、疲労感を感じやすいため。
2.× 積極的に努力を促すものではなく、安全で受け身的で非競争的なものがよい。なぜなら、努力を促すことは、焦りや無力感を引き起こすことになるため。
3.× なじみの活動ではなく、未経験のもので小さな成功を積み重ねるものを選ぶ。なぜなら、なじみの活動を行うと、病前のようにうまくできないことが自覚され、かえって自身を失うことになるため。
4.〇 正しい。自発性意欲を支援する。自発性意欲が出てきたら、無理をしないように配慮しながら支援するのがよい。
5.× リーダー役を避ける。なぜなら、心理的な負担が大きく、うまくできない場合に自信を喪失につながるため。

うつ病の作業療法の目的

1.回復期前期
 ①生活リズムの回復、②身体感覚の回復(疲労を感じたら休息が取れる)、③着実に自信を回復していく
2.回復期後期
 余暇を過ごせる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)