第49回(H26) 作業療法士国家試験 解説【午前問題46~50】

 

46 軽躁状態の患者に対する作業療法の目的として適切なのはどれか。

1.関心の拡大
2.病感の獲得
3.対人交流の改善
4.自己評価の向上
5.自己決断能力の向上

解答2

解説
1.× 関心の拡大をする必要はない。なぜなら、躁状態では関心は拡大傾向にあるため。したがって、関心の拡大を助長すると、余計に行動がまとまらなくなる
2.〇 正しい。病感の獲得は、軽躁状態の患者に対する作業療法の目的として適切である。軽躁状態であれば、病感を獲得でき、増悪と再発予防に有効である。
3.× 対人交流の改善をする必要はない。なぜなら、他人に対して過干渉傾向にあるため。したがって、対人交流を促すことは逆効果になる。
4.× 自己評価の向上をする必要はない。なぜなら、軽躁状態では誇大的で自己を過大評価しがちであるため。
5.× 自己決断能力の向上をする必要はない。なぜなら、熟慮せずに行動に移してしまう傾向があるため。安易に自己決断をすすめてはならない。

 

 

 

 

 

 

47 強迫性障害患者の作業療法で適切なのはどれか。

1.自由度の高い作業を提供する。
2.正確さを必要とする作業を提供する。
3.強迫行為が始まれば作業を中止させる。
4.強迫行為の原因についての洞察を促す。
5.作業工程の確認は作業療法士が本人に代わって行う。

解答1

解説

 強迫性障害は、「不合理だとわかっていてもこだわって確認してしまう」という特徴がある。作業療法では、他のことに目を向けさせることによりこだわりを軽減することを目的とする。

1.〇 正しい。自由度の高い作業を提供することは、強迫性障害患者の作業療法で適切である。自由度の高い作業を実施することで、細部へのこだわりが軽減する可能性がある。
2.× 正確さを必要とする作業を提供する必要はない。なぜなら、正確さを必要とすると、患者の順序、手順のこだわりを助長してしまうため。
3.× 強迫行為が始まれば作業を中止させる必要はない。なぜなら、作業を中止することで、症状へのとらわれを助長させてしまう恐れがあるため。強迫行為が始まっても、そのまま作業を続けるように促すのがいい。
4.× 強迫行為の原因についての洞察を促す必要はない。なぜなら、原因を考えることは強迫行為へ固執を促してしまうため。他のことに関心が向けられるように促す。
5.× 作業工程の確認は作業療法士が本人に代わって行う必要はない。なぜなら、作業工程の確認を作業療法士に行ってもらわないと不安である、という状況をつくってしまい、患者は何度も確認を要求するようになるおそれがあるため。

 

 

 

 

 

 

48 摂食障害患者の作業療法でみられる特徴はどれか。

1.強迫性
2.過大評価
3.自己満足
4.自己肯定
5.自己主張

解答1

解説

 摂食障害患者は、肥満への恐怖から病的な反復行動(繰り返す自己誘発発性嘔吐、過度の運動など)がみられる。また、ボディイメージの歪みから自分の外観に満足できず自己評価は低い。

1.〇 正しい。強迫性は、摂食障害患者の作業療法でみられる特徴である。摂食障害患者には、痩せたい思いや行動が強迫的にみられる。作業療法で食事や運動に関するプログラムの場合、食事のメニューにこだわったり、過剰な運動をしがちである。
2.× 過大評価ではなく、過小評価である。自己評価は低いため、数字で表れる体重の減少で自己評価を高めようとする特徴を持つ。
3.× 自己満足ではなく、自己不満足である。自己満足度は低いため、過度に高い目標を立てがちである。
4.× 自己肯定感が低いため、自信が低い。
5.× 自己主張することは少ない。なぜなら、自己評価、自己満足度、自己肯定感が低いため。

 

 

 

 

 

 

49 高機能広汎性発達障害の作業療法でよくみられる特徴はどれか。

1.臨機応変
2.感情共有
3.比喩的表現
4.常同的行為
5.非言語的コミュニケーション

解答4

解説

高機能広汎性発達障害とは?

 高機能広汎性発達障害は、アスペルガー症候群と高機能自閉性障害を同じ枠組みで捉えた疾患概念である。コミュニケーションの質的障害であり、限局した常同的で反復的な関心がみられる。

1.× 臨機応変ではない。むしろ、状況の変化に応じる力が弱い。
2.× 感情共有ではない。むしろ、他者の感情を理解することが困難であり、コミュニケーションが苦手である。
3.× 比喩的表現ではない。むしろ、高機能広汎性発達障害者は、慣用句などの比喩的表現を理解できず、字義通りに受け取ってしまう(例:「顔が広いね」は知り合いが多いという意味だが、正しく理解できず、自分の顔が広いと受け取ってしまう)。高機能広汎性発達障害と接する時は、抽象的な表現は避け、具体的な表現を心がける。
4.〇 正しい。常同的行為は、高機能広汎性発達障害の作業療法でよくみられる特徴である。特定のものへの関心が高いことから、常同的行為がみられる。
5.× 非言語的コミュニケーションではない。むしろ、視線の共有、ボディアクションなどの非言語的なコミュニケーションも難しい。

 

 

 

 

 

 

50 Individual placement and support(IPS)について適切でないのはどれか。

1.エビデンスに基づいている。
2.リカバリーモデルに依拠している。
3.Place-then-trainモデルに基づいている。
4.利用者の好みに合わせて職場を開拓する。
5.障害が比較的軽度の場合が主に適応となる。

解答5

解説

IPS(Individual placement and support)とは?

IPS(Individual placement and support)は、米国で開発された就労支援モデルである。就労支援専門員と医療関係者でチームを作り、精神科患者の就労を支援するものであり、生活の自立度を高め、サービスへの依存を減らすリカバリーが最終目標となる。

1.〇 正しい。エビデンスに基づいている。IPSは、数多くの無作為化比較研究が行われ、一般就労率の向上などの有効性が実証されており、科学的根拠に基づく実践(EBP:Evidence Based Practice)の一つである。
2.〇 正しい。リカバリーモデルに依拠している。リカバリーとは、精神障害者が、たとえ症状や障害が続いていても、自分自身に希望と責任をもって意味ある人生を送るべきであるという概念であり、IPSはこの概念に依拠している。
3.〇 正しい。Place-then-trainモデルに基づいている。従来のTrace-then-train(保護的な場所で訓練してから現場に出る)という考え方ではなく、Place-then-train(現場に出て訓練する)という考え方を基にしている。
4.〇 正しい。利用者の好みに合わせて職場を開拓する。援助者が選択するのではなく、まず本人の興味好みを聞いて就労支援をする。
5.× 障害が比較的軽度の場合が主に適応となるのではなく、障害の程度の関わらず、支援を受けることができる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)