第48回(H25) 理学療法士/作業療法士 共通問題解説【午前問題71~75】

 

71 立位姿勢で、頭上からバーベルを肩まで下ろす時に遠心性収縮となる筋はどれか。

1.上腕二頭筋
2.腕橈骨筋
3.大菱形筋
4.前鋸筋
5.広背筋

解答4

解説

頭上からバーベルを肩まで下ろす動作:両肘関節屈曲両肩関節内転・伸展肩甲骨の内転などが必要になる。

遠心性収縮とは、筋が収縮しながら筋自身は伸張される状態である。

 

1~2.× 上腕二頭筋/腕橈骨筋(肘関節屈曲)は、求心性収縮である。
3.× 大菱形筋(肩甲骨を内上方にひく)は、求心性収縮である。
4.〇 正しい。前鋸筋は、遠心性収縮である。肩甲骨を外前方(外転:上方回旋)の作用を持つため。
5.× 広背筋(肩関節内転・伸展)は、求心性収縮である。

 

 

 

 

 

72 足部の運動で正しいのはどれか

1.外がえしには長母指伸筋が関与する。
2.後脛骨筋は立位で横アーチの維持に働く。
3.距腿関節では足関節背屈位で内外転が可能である。
4.内がえしの運動は第2趾の長軸を中心として生じる。
5.踵腓靱帯は距骨下関節における外がえしを制限する。

解答2

解説

1.× 外がえしには、長母指伸筋が関与しない。長母指伸筋は内返しに作用する。外がえしは、長腓骨筋・短腓骨筋が主に作用する。
2.〇 正しい。後脛骨筋は、立位で横アーチの維持に働く。後脛骨筋の停止部は、「舟状骨粗面、内側、中間、外側楔状骨、立方骨、第2~3中足骨底」であり、横アーチを形成している骨を吊り上げる形で横アーチの維持に働く。
3.× 距腿関節では、足関節背屈位ではなく、底屈位で内外転が可能である。なぜなら、距骨滑車の幅は後方よりも前方に広いため。
4.× 内がえしの運動は、第2趾の長軸ではなく、第1・第2中足骨間の中央線を中心として生じる。
5.× 踵腓靱帯は、距骨下関節における外がえしではなく、内返しを制限する。踵腓靱帯は、足関節の外側を支えている。

 

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

理学療法士国家試験 足関節の構造についての問題4選「まとめ・解説」

 

 

 

 

 

73 安静立位姿勢における重心線の通る位置で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.耳垂の前方
2.肩関節の前方
3.大転子の前方
4.膝蓋骨の後方
5.外果の後方

解答2/4

解説

理想的な重心線:①乳様突起(耳垂のやや後方)→②肩峰(肩関節の前方)→③大転子→④膝蓋骨後面(膝関節前部)→⑤外果前方を通る。

 

1.× 耳垂の前方ではなく、耳垂の後方(乳様突起)を通る。
2.〇 正しい。肩関節の前方(肩峰)を通る。
3.× 大転子の前方ではなく、大転子を通る。
4.〇 正しい。膝蓋骨の後方(膝蓋骨後面)を通る。
5.× 外果の後方ではなく、外果の前方を通る。

 

 

 

 

 

74 健常成人が歩行速度を上げた場合の変化で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.歩隔の拡大
2.歩行率の増加
3.重複歩距離の増加
4.両脚支持期の延長
5.重心の左右移動の増加

解答2/3

解説

1.× 歩隔の拡大ではなく、狭まる
2.〇 正しい。歩行率の増加する。歩行率とは、単位時間内の歩数である。
3.〇 正しい。重複歩距離の増加する。重複歩距離とは、踵接地から同側の踵が再び設置するまでの距離である。通常は身長の80%~90%程度だが、速い歩行では身長の100%以上になる。
4.× 両脚支持期の延長ではなく短縮する。
5.× 重心の左右移動の増加ではなく、減少する。上下移動は増加する。

 

 

 

 

 

75 疾患と病理学的変化の組合せで正しいのはどれか。

1.多発性硬化症:脱髄
2.Binswanger病:感染
3.Huntington病:炎症
4.Creutzfeldt-Jakob病:出血
5.Charcot-Marie-Tooth病:虚血

解答1

解説

1.〇 正しい。多発性硬化症は、脱髄である。多発性硬化症は、中枢神経系の白質に多発性の脱随巣(空間的多発)が緩解と再発を繰り返して(時間的多発)生じる脱髄性疾患である。
2.× Binswanger病(ビンスワンガー病:進行性皮質下血管性脳症)は、感染ではなく、慢性的な循環不全が原因の大脳白質のびまん性脱髄性疾患である。認知症へと進行する。
3.× Huntington病(ハンチントン病)は、炎症ではなく、遺伝性(常染色体優性)疾患である。特徴として、舞踏運動といわれる不随意運動がみられる。
4.× Creutzfeldt-Jakob病(クロイツフェルト・ヤコブ病)は、出血ではなく、異常なプリオン蛋白が蓄積する感染性疾患である。
5.× Charcot-Marie-Tooth病(シャルコー-マリー-トゥース病)は、虚血ではなく、運動及び感覚神経に多発するニューロパチーを起こす遺伝性疾患である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)