第56回(R3) 作業療法士国家試験 解説【午後問題31~35】

 

31 熱傷部位と背臥位時の肢位の組合せで正しいのはどれか。

1. 前頸部:頸部屈曲
2. 腋窩部:肩外転90°
3. 会陰部:両股関節外旋
4. 膝窩部:膝90°屈曲
5. 足背部:底屈位

解答2

解説
1.× 前頸部:頸部屈曲
2.〇 正しい。腋窩部:肩外転90°
3.× 会陰部:両股関節外旋
4.× 膝窩部:膝90°屈曲
5.× 足背部:底屈位

 

 

 

 

 

 

 

32 高齢者の身体機能評価結果で転倒リスクが最も高いのはどれか。

1. 膝関節90°屈曲位等尺性伸展筋力:20 kgf
2. Timed Up and Go Test<TUG> :20秒
3. Berg Balance Scale<BBS> :23点
4. 片脚立位テスト<開眼>:60秒
5. Functional reach test:30 cm

解答2

解説
1.× 膝関節90°屈曲位等尺性伸展筋力:20 kgf
2.〇 正しい。Timed Up and Go Test<TUG> :20秒
3.× Berg Balance Scale<BBS> :23点
4.× 片脚立位テスト<開眼>:60秒
5.× Functional reach test:30 cm

 

 

 

 

 

 

 

33 仙骨部の褥瘡予防で適切なのはどれか。2つ選べ。

1. 円座を使用する。
2. 除圧動作を指導する。
3. 長時間車椅子に座る。
4. 保湿クリームを塗布する。
5. フットサポートを通常よりも高くする。

解答2・4

解説
1.× 円座を使用する。
2.〇 正しい。除圧動作を指導する。
3.× 長時間車椅子に座る。
4.〇 正しい。保湿クリームを塗布する。
5.× フットサポートを通常よりも高くする。

 

 

 

 

 

 

 

34 病態と治療法の組合せで正しいのはどれか。

1. 半側空間無視:遮断除去法
2. 遂行機能障害:自己教示法
3. 注意障害:間隔伸張法
4. 記憶障害:視覚走査法
5. 失語症:PQRST法

解答2

解説
1.× 半側空間無視:遮断除去法
2.〇 正しい。遂行機能障害:自己教示法
3.× 注意障害:間隔伸張法
4.× 記憶障害:視覚走査法
5.× 失語症:PQRST法

 

 

 

 

 

 

 

35 生活行為向上マネジメントで正しいのはどれか。

1. アメリカで開発された評価法である。
2. 作業療法士の臨床思考過程を分析して開発された。
3. 心身機能の回復に関するプログラムは含まれない。
4. 作業療法士が重要と判断した作業に焦点を当てアセスメントする。
5. アセスメント項目に心身機能・身体構造に関する予後予測は含まれない。

解答2

解説
1.× アメリカで開発された評価法である。
2.〇 正しい。作業療法士の臨床思考過程を分析して開発された。
3.× 心身機能の回復に関するプログラムは含まれない。
4.× 作業療法士が重要と判断した作業に焦点を当てアセスメントする。
5.× アセスメント項目に心身機能・身体構造に関する予後予測は含まれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)