第56回(R3) 作業療法士国家試験 解説【午後問題26~30】

 

26 検査と評価項目の組合せで正しいのはどれか。

1. GMFM:日常生活活動
2. WISC-Ⅳ:ワーキングメモリー
3. S-M社会生活能力検査:心理的発達
4. フロスティグ視知覚検査:巧緻運動
5. 遠城寺式乳幼児分析的発達検査:粗大運動

解答2

解説
1.× GMFM:日常生活活動
2.〇 正しい。WISC-Ⅳ:ワーキングメモリー
3.× S-M社会生活能力検査:心理的発達
4.× フロスティグ視知覚検査:巧緻運動
5.× 遠城寺式乳幼児分析的発達検査:粗大運動

 

 

 

 

 

 

 

27 半側空間無視の評価法はどれか。

1. BADS
2. BIT
3. CAT<Clinical Assessment for Attention>
4. FAB
5. WCST

解答2

解説
1.× BADS
2.〇 正しい。BIT
3.× CAT<Clinical Assessment for Attention>
4.× FAB
5.× WCST

 

 

 

 

 

 

 

28 FIMの点数とADL評価の組合せで正しいのはどれか。

1. 食事4点:自助具を介助者に装着してもらい自力で摂取する。
2. 清拭7点:ループ付きタオルを使用して身体を洗う。
3. 歩行1点:1人の介助で15mまで歩行ができる。
4. トイレ動作3点:日中は自立しているが夜間は介助者が監視している。
5. 更衣(下衣)5点:短下肢装具の装着のみを手伝ってもらう。

解答5

解説
1.× 食事4点:自助具を介助者に装着してもらい自力で摂取する。
2.× 清拭7点:ループ付きタオルを使用して身体を洗う。
3.× 歩行1点:1人の介助で15mまで歩行ができる。
4.× トイレ動作3点:日中は自立しているが夜間は介助者が監視している。
5.〇 正しい。更衣(下衣)5点:短下肢装具の装着のみを手伝ってもらう。

 

 

 

 

 

 

 

29 ICF の環境因子に含まれるのはどれか。

1. 人生の出来事
2. 困難への対処方法
3. 社会生活への適応
4. コミュニケーションの能力
5. 障害者に対する人々の態度

解答5

解説
1.× 人生の出来事
2.× 困難への対処方法
3.× 社会生活への適応
4.× コミュニケーションの能力
5.〇 正しい。障害者に対する人々の態度

 

 

 

 

 

 

 

30 Parkinson病で姿勢反射障害および両側性の振戦があり、小刻み歩行でADLが自立している時のHoehn&Yahr 重症度分類ステージはどれか。

1. Ⅰ
2. Ⅱ
3. Ⅲ
4. Ⅳ
5. Ⅴ

解答3

解説
1.× Ⅰ
2.× Ⅱ
3.〇 正しい。Ⅲ
4.× Ⅳ
5.× Ⅴ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)