第56回(R3) 作業療法士国家試験 解説【午前問題26~30】

 

26 反復唾液嚥下テストのカットオフ値は30 秒間に何回か。

1.1回
2.3回
3.5回
4.7回
5.9回

解答2

解説
1.× 1回
2.〇 正しい。3回
3.× 5回
4.× 7回
5.× 9回

 

 

 

 

 

 

 

27 高次脳機能障害の評価として用いられる神経心理学的検査において、動作性検査(絵画完成、符号、積木模様、行列推理、絵画配列、記号探し、組み合わせ)と言語性検査(単語、類似、算数、数唱、知識、理解、語音整列)の14 項目で構成される検査はどれか。

1. BADS
2. MMSE
3. SLTA
4. WMS-Ⅲ
5. WAIS-Ⅲ

解答5

解説
1.× BADS
2.× MMSE
3.× SLTA
4.× WMS-Ⅲ
5.〇 正しい。WAIS-Ⅲ

 

 

 

 

 

 

 

28 手関節を保持する装具の中で静的装具はどれか。2つ選べ。

1. 長対立装具
2. RIC型把持装具
3. カックアップ装具
4. Thomas型懸垂装具
5. Oppenheimer型装具

解答1・3

解説
1.〇 正しい。長対立装具
2.× RIC型把持装具
3.〇 正しい。カックアップ装具
4.× Thomas型懸垂装具
5.× Oppenheimer型装具

 

 

 

 

 

 

 

29 疾患と自助具の組合せで正しいのはどれか。

1. アテトーゼ型脳性麻痺:ソックスエイド
2. 関節リウマチ:キーボードカバー
3. 頸髄損傷:マウススティック
4. 脊髄小脳変性症:リーチャー
5. Parkinson 病:万能カフ

解答3

解説
1.× アテトーゼ型脳性麻痺:ソックスエイド
2.× 関節リウマチ:キーボードカバー
3.〇 正しい。頸髄損傷:マウススティック
4.× 脊髄小脳変性症:リーチャー
5.× Parkinson 病:万能カフ

 

 

 

 

 

 

 

30 二分脊椎のSharrardの分類で股関節屈曲・内転運動が正常で外転が作用し始め、短下肢装具を用いて杖歩行が可能となるのはどれか。

1. Ⅱ群
2. Ⅲ群
3. Ⅳ群
4. Ⅴ群
5. Ⅵ群

解答2

解説
1.× Ⅱ群
2.〇 正しい。Ⅲ群
3.× Ⅳ群
4.× Ⅴ群
5.× Ⅵ群

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)