第56回(R3) 作業療法士国家試験 解説【午前問題31~35】

 

31 うっ血性心不全の急性増悪時にみられるのはどれか。2つ選べ。

1. 浮腫
2. 四肢冷感
3. 体重減少
4. 頸静脈圧低下
5. 高ナトリウム血症

解答1・2

解説
1.〇 正しい。浮腫
2.〇 正しい。四肢冷感
3.× 体重減少
4.× 頸静脈圧低下
5.× 高ナトリウム血症

 

 

 

 

 

 

 

32 記憶障害を認める患者への対応として正しいのはどれか。

1. 記憶する内容は、その意味を考え、声に出し印象づけて記憶させる。
2. バランストレーニングなどの運動は疲労を伴うため活用しない。
3. 記憶する内容は、絵などの視覚的イメージは用いず記憶させる。
4. 備忘録は、多くの情報を取り扱うため活用しない。
5. 何度も失敗を経験させながら、記憶の修正を促す。

解答1

解説
1.〇 正しい。記憶する内容は、その意味を考え、声に出し印象づけて記憶させる。
2.× バランストレーニングなどの運動は疲労を伴うため活用しない。
3.× 記憶する内容は、絵などの視覚的イメージは用いず記憶させる。
4.× 備忘録は、多くの情報を取り扱うため活用しない。
5.× 何度も失敗を経験させながら、記憶の修正を促す。

 

 

 

 

 

 

33 車椅子自走が移動手段である患者の外出について適切なのはどれか。

1. バスは利用しない。
2. 電車の乗降は自力で行う。
3. 歩道よりも車道を通行する。
4. ティルト式普通型車椅子を使用する。
5. 事前に多目的トイレの場所を確認する。

解答5

解説
1.× バスは利用しない。
2.× 電車の乗降は自力で行う。
3.× 歩道よりも車道を通行する。
4.× ティルト式普通型車椅子を使用する。
5.〇 正しい。事前に多目的トイレの場所を確認する。

 

 

 

 

 

 

 

34 痙縮治療について適切なのはどれか。

1. 内服治療は行わない。
2. 温熱療法は禁忌である。
3. 経皮的電気刺激を行う。
4. ボツリヌス毒素療法は上肢には有効ではない。
5. 下肢筋力増強訓練は痙縮を増悪させるので避ける。

解答3

解説
1.× 内服治療は行わない。
2.× 温熱療法は禁忌である。
3.〇 正しい。経皮的電気刺激を行う。
4.× ボツリヌス毒素療法は上肢には有効ではない。
5.× 下肢筋力増強訓練は痙縮を増悪させるので避ける。

 

 

 

 

 

 

 

35 頸髄損傷者の自律神経過反射への対応として正しいのはどれか。

1. 導尿
2. 下肢挙上
3. 腹帯装着
4. 大腿部叩打
5. 鎮痛剤内服

解答1

解説
1.〇 正しい。導尿
2.× 下肢挙上
3.× 腹帯装着
4.× 大腿部叩打
5.× 鎮痛剤内服

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)