第56回(R3) 作業療法士国家試験 解説【午前問題36~40】

 

36 腕神経叢損傷について正しいのはどれか。

1. 上腕骨骨頭の下方偏位が出現する。
2. 分娩麻痺は腕神経叢損傷ではない。
3. 上位型は前腕の回外が可能である。
4. 下位型の麻痺では手指の運動障害はない。
5. 近位引き抜き損傷では交感神経機能障害がある。

解答1

解説
1.〇 正しい。上腕骨骨頭の下方偏位が出現する。
2.× 分娩麻痺は腕神経叢損傷ではない。
3.× 上位型は前腕の回外が可能である。
4.× 下位型の麻痺では手指の運動障害はない。
5.× 近位引き抜き損傷では交感神経機能障害がある。

 

 

 

 

 

 

 

37 障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)における補装具費支給制度で18歳未満のみが対象となるのはどれか。

1. 座位保持椅子
2. 側弯矯正装具
3. 電動車椅子(リクライニング・ティルト式普通型)
4. 歩行器(六輪型)
5. ロフストランドクラッチ

解答1

解説
1.〇 正しい。座位保持椅子
2.× 側弯矯正装具
3.× 電動車椅子(リクライニング・ティルト式普通型)
4.× 歩行器(六輪型)
5.× ロフストランドクラッチ

 

 

 

 

 

 

 

38 疾患または症候と異常歩行の組合せで正しいのはどれか。

1. 運動失調:酩酊歩行
2. フレイル:すくみ足歩行
3. Parkinson病:はさみ脚歩行
4. 脳卒中片麻痺:踵足歩行
5. 総腓骨神経麻痺:分回し歩行

解答1

解説
1.〇 正しい。運動失調:酩酊歩行
2.× フレイル:すくみ足歩行
3.× Parkinson病:はさみ脚歩行
4.× 脳卒中片麻痺:踵足歩行
5.× 総腓骨神経麻痺:分回し歩行

 

 

 

 

 

 

 

39 エビデンスレベルが最も高いのはどれか。

1. 症例報告
2. コホート研究
3. 症例対照研究
4. ランダム化比較試験
5. 非ランダム化比較試験

解答4

解説
1.× 症例報告
2.× コホート研究
3.× 症例対照研究
4.〇 正しい。ランダム化比較試験
5.× 非ランダム化比較試験

 

 

 

 

 

 

 

40 ワーキング・メモリを測定する検査が含まれているのはどれか。

1. BACS(The Brief Assessment of Cognition in Schizophrenia)
2. LASMI(Life Assessment Scale for the Mentally Ill)
3. SCSQ(Social Cognition Screening Questionnaire)
4. SMSF(Inventory Scale for Mood and Sense of Fatigue)
5. WHO-DAS 2.0(WHO disability assessment schedule 2.0)

解答1

解説
1.〇 正しい。BACS(The Brief Assessment of Cognition in Schizophrenia)
2.× LASMI(Life Assessment Scale for the Mentally Ill)
3.× SCSQ(Social Cognition Screening Questionnaire)
4.× SMSF(Inventory Scale for Mood and Sense of Fatigue)
5.× WHO-DAS 2.0(WHO disability assessment schedule 2.0)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)