第56回(R3) 理学療法士国家試験 解説【午後問題6~10】

 

6 57歳の男性。脳出血による左片麻痺。Brunnstrom法ステージ下肢Ⅲ。左下腿三頭筋のMAS〈modified Ashworth scale〉は2。平行棒内歩行時に左下肢の踵接地はみられず、内反尖足となる。また、左下肢立脚中期に膝のロッキングを認める。そこでダブルクレンザック(ロッド式)短下肢装具を作製した。
 誤っているのはどれか。

1.下腿半月の上縁の位置:腓骨頭
2.下腿半月の幅:4cm
3.下腿中央部における支柱と皮膚との距離:5mm
4.足継手の位置:内果下端と外果中央を結ぶ線
5.足関節の角度:底屈0°

解答

解説
1.× 誤っている。下腿半月の上縁の位置:腓骨頭
2.〇 下腿半月の幅:4cm
3.〇 下腿中央部における支柱と皮膚との距離:5mm
4.〇 足継手の位置:内果下端と外果中央を結ぶ線
5.〇 足関節の角度:底屈0°

 

 

 

 

 

 

7 20歳の女性。転倒して左下腿骨骨折後、変形治癒となりその後手術が行われた。手術後翌日の単純エックス線を下図に示す。
 この患者に対する運動療法で正しいのはどれか。

1.CPMを手術後1週から行う。
2.下肢伸展挙上運動を手術後1日から行う。
3.足関節の自動運動を手術後2週から行う。
4.大腿四頭筋セッテイングを手術後1週から行う。
5.椅子座位での大腿四頭筋訓練(レッグエクステンション)を手術後1日から行う。

解答

解説
1.× CPMを手術後1週から行う。
2.× 下肢伸展挙上運動を手術後1日から行う。
3.× 足関節の自動運動を手術後2週から行う。
4.〇 正しい。大腿四頭筋セッテイングを手術後1週から行う。
5.× 椅子座位での大腿四頭筋訓練(レッグエクステンション)を手術後1日から行う。

 

 

 

 

 

 

8 極超短波治療の図を示す。
 aに対するbの照射強度はどれか。

1.約0.2倍
2.約0.7倍
3.約1.4倍
4.約2.8倍
5.約5.6倍

解答

解説
1.× 約0.2倍
2.× 約0.7倍
3.× 約1.4倍
4.〇 正しい。約2.8倍
5.× 約5.6倍

 

 

 

 

 

 

9 22歳の女性。重量物を持ち上げたことにより腰痛が出現し、翌日腰部筋筋膜炎と診断された。
 この患者に対する超音波治療で正しいのはどれか。

1.強度を3.0W/cm2とする。
2.周波数を1MHzとする。
3.照射時間率を100%とする。
4.導子を皮膚面から5cm離す。
5.ビーム不均等率〈BNR〉6の導子を固定法で使用する。

解答

解説
1.× 強度を3.0W/cm2とする。
2.〇 正しい。周波数を1MHzとする。
3.× 照射時間率を100%とする。
4.× 導子を皮膚面から5cm離す。
5.× ビーム不均等率〈BNR〉6の導子を固定法で使用する。

 

 

 

 

 

 

10  8歳の男児。転倒して橈骨遠位端骨折と診断され、6週間のギプス固定が行われた。固定除去後、関節可動域制限と筋力低下を認めた。
 物理療法で適切なのはどれか。

1.機能的電気刺激
2.極超短波
3.超音波
4.紫外線
5.渦流浴

解答

解説
1.× 機能的電気刺激
2.× 極超短波
3.× 超音波
4.× 紫外線
5.〇 正しい。渦流浴

 

2 COMMENTS

大川 純一

コメントありがとうございます。
どの問題の選択肢のことで、不正解の回答とはなんでしょうか?
もう一度お考えを聞かせていただいてもよろしいですか?
今後ともよろしくお願いいたします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)