第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午後問題86~90】

 

86 肩腱板断裂で陽性となるのはどれか。

1.Adson テスト
2.drop armテスト
3.Finkelstein テスト
4.Phalenテスト
5.Thomsen テスト

解答
解説
1.× Adson テストの陽性は、胸郭出口症候群を疑う。
2.〇 正しい。drop armテストの陽性は、肩腱板断裂を疑う。
3.× Finkelstein テスト(フィンケルシュタインテスト)の陽性は、狭窄性腱鞘炎を疑う。
4.× Phalenテストの陽性は、手根管症候群を疑う。
5.× Thomsen テストの陽性は、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)を疑う。

 

 

 

87 疾患と頻度の多い症候との組合せで正しいのはどれか。

1.Alzheimer 型認知症:羽ばたき振戦
2.Huntington病:線維束性収縮
3.多発性硬化症:舞踏運動
4.筋萎縮性側索硬化症:静止時振戦
5.多系統萎縮症:起立性低血圧

解答
解説
1.× 羽ばたき振戦は、Alzheimer 型認知症ではなく、主に肝性脳症でみられる。羽ばたき振戦とは、手関節を背屈させたまま手指と上肢を伸展させ、その姿勢を保持するように指示すると、「手関節及び中指関節が急激に掌屈し、同時に、元の位置に戻そうとして背屈する運動」が認められる。手関節や手指が速くゆれ、羽ばたいているようにみえるので、このように呼ばれる。
2.× 線維束性収縮は、Huntington病ではなく、主に筋萎縮性側索硬化症(ALS)でみられる。線維束性収縮とは、運動神経や脊髄の運動神経細胞(脊髄前角細胞)に障害が起きた時に筋肉が細かくぴくぴくと小さなけいれんのような動きを生じることである。
3.× 舞踏運動は、多発性硬化症ではなく中枢神経の異常(錐体外路障害が原因)によって起こる不随意運動の一つである。手をチョコチョコと動かしたりすることが多い。代表疾患としては脳性麻痺ハンチントン舞踏病がある。
4.× 静止時振戦(安静時振戦)は、筋萎縮性側索硬化症ではなく、主にパーキンソン病でみられる。静止時振戦(安静時振戦)とは、身体を安静にしているときに起こるふるえである。寝ていたり立っていたり、椅子に座っていたりという日常的にくつろいでいるときに出現する。ふるえている手や足を意図的に動かすとふるえが少なくなる特徴がある。
5.〇 正しい。多系統萎縮症は、起立性低血圧が起こり得やすい疾患である。多系統萎縮症とは、神経系の複数の系統(小脳大脳基底核自律神経など)がおかされる疾患で、3つのタイプがある。小脳や脳幹が萎縮し、歩行時にふらついたり呂律がまわらなくなる小脳失調型、大脳基底核が主に障害され、パーキンソン病と同じような動作緩慢、歩行障害を呈する大脳基底核型、もうひとつは自律神経が主に障害され起立性低血圧や発汗障害、性機能障害などがみられる自律神経型である。

 

 

 

88 視神経脊髄炎で正しいのはどれか。

1.再発と寛解を繰り返す。
2.レム睡眠行動異常を生じる。
3.免疫不全状態で罹患しやすい。
4.JCウイルス感染により発症する。
5.抗コリンエステラーゼ薬で症状が改善する。

解答
解説

 視神経脊髄炎とは、神経の中でも主に視神経と脊髄を繰り返し障害する病気のことである。以前は多発性硬化症の一部と考えられてているほど症状の特徴が似ている。血液中のアクアポリン4抗体が病気の原因と考えられていて、主に女性に発症することが多い。しつこいしゃっくりや吐き気などが病気の始まりだとされており、症状は視神経や脊髄の炎症が何度も出現する。
よって、選択肢1.再発と寛解を繰り返す。が正しい。
2.× レム睡眠行動異常を生じるのは、主にレビー小体型認知症である。
3.× 免疫不全状態で罹患しやすいのは、主に感染症(特にウイルスや日和見〈ひよりみ〉感染)、自己免疫疾患、悪性腫瘍などである。
4.× JCウイルス(ポリオーマウイルス科ベータポリオーマウイルス属に分類されるエンベロープを持たないDNAウイルス)感染により発症するのは、進行性多巣性白質脳症である。
5.× 抗コリンエステラーゼ薬で症状が改善するのは、主に重症筋無力症である。

 

 

勉強頑張ろう!

 

 

89 筋強直性ジストロフィーで正しいのはどれか。

1.5歳までに発症する。
2.伴性劣性遺伝である。
3.顔面筋は侵されにくい。
4.ミオトニアがみられる。
5.認知機能は障害されない。

解答
解説
1.× 5歳までに発症するのは、デュシェンヌ型筋ジストロフィーである。
2.× 伴性劣性遺伝であるのは、デュシェンヌ型ベッカー型筋ジストロフィーである。
3.× 顔面筋は侵されにくいのは、ベッカー型肢帯型筋ジストロフィーである。
4.〇 正しい。筋強直性ジストロフィーは、ミオトニアがみられる。
5.× 筋強直性ジストロフィーは、認知機能は障害される。他にも福山型も発症する。時にデュシェンヌ型も発症する。

筋強直性ジストロフィーの特徴

①常染色体優性遺伝
②中枢神経症状(認知症状、性格変化、傾眠)
③西洋斧様顔貌
④前頭部若禿
⑤白内障
⑥嚥下障害
⑦構音障害
⑧筋委縮(顔面筋・側頭筋・咬筋・胸鎖乳突筋・遠位優位の筋委縮)
⑨ミオトニア(舌の叩打・母指球・把握)
⑩心伝導障害(房室ブロックなど)
⑪糖尿病

 

 

 

90 心室中隔欠損症で正しいのはどれか。

1.チアノーゼを生じる。
2.動脈管が開存している。
3.卵円孔の閉鎖不全である。
4.肺血流量は正常時よりも多くなる。
5.大動脈から肺動脈に直接血液が流れる。

解答4
解説

 心室中隔欠損とは、 左室と右室とを分けているのが、心室中隔と呼ばれる部分で、そこに穴があいている病気である。 先天性心疾患のなかで、もっとも多い病気で、日本では先天性心疾患の約6割を占めるといわれている。穴を通して左心室から右心室、肺動脈へ動脈血の一部が流れ込む。穴が小さければ無症状のことが多いですが、中程度に大きければ息切れ疲れやすさなど、大きな穴が開いているならば多呼吸哺乳困難体重増加不良発汗などの症状を呈します。

1.× チアノーゼを生じる。チアノーゼとは、皮膚や粘膜が青紫色である状態をいう。 一般に、血液中の酸素濃度が低下した際に、爪床や口唇周囲に表れやすい。
2~3.× 動脈管は、ボタロー管ともいう。動脈管(ボタロー管)は、胎児期において肺動脈と大動脈とを繋ぐ血管であり、胎児循環において静脈管(胎盤からの静脈血を大静脈に送り込む静脈)、卵円孔とともに重要な役割を果たす。動脈管が開存しておらず、卵円孔の閉鎖不全でない。
4〇 正しい。肺血流量は正常時よりも多くなる。
5.× 大動脈から肺動脈に直接血液が流れない。上記にも述べたが、心室中隔欠損は、穴を通して左心室から右心室肺動脈へ動脈血の一部が流れ込む状態である。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)