リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午後問題6~10】

 

6 この疾患について正しいのはどれか。

1.外傷が原因である。
2.可動域制限は生じない。
3.感染症が原因である。
4.男児に多い。
5.二次性変形性股関節症になりにくい。

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

7 8か月の男児。脳性麻痺による痘直型四肢麻痺。腹臥位で図のような姿勢を示す。
 影響しているのはどれか。

1.緊張性迷路反射
2.屈筋逃避反射
3.非対称性緊張性頚反射
4.Moro反射
5.Landau 反射

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

8 検査用紙を図に示す。
1から25までの数字を1から順にできるだけ速く線を引いてつなぐのに要する時間を測定する検査はどれか。

1. BADS
2. BIT
3. CAT
4. Stroop test
5.TMT-A

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

9 70歳の男性。脳梗塞による右片麻痺。Brunnstrom 法ステージ上肢Ⅲ、下肢Ⅳ。座位にて、肘関節伸展位で肩関節90°屈曲運動を指示したところ、屈曲共同運動パターンがみられた。
 この患者で促通すべき筋はどれか。

1.棘下筋
2.広背筋
3.大菱形筋
4.上腕二頭筋
5.上腕三頭筋

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

10 牽引の場面を図に示す。
直達牽引法はどれか。

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)