第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午前問題1~5】

 

※注意:解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。コメント欄にて誤字・脱字等、ご指摘お待ちしています。よろしくお願いいたします。

 

 

1 病気Xの有無を調べる検査の感度、特異度、陽性的中率、陰性的中率を表に示す。
正しいのはどれか。2つ選べ。

1.病気Xに罹患している人で、検査が正しく陽性と判定された確率は85%である。
2.病気Xに罹患していない人で、検査が正しく陰性と判定された確率は95%である。
3.病気Xを判定する検査が陽性の場合、真に病気Xに罹患している確率は80%である。
4.病気Xを判定する検査が陰性の場合、真に病気Xに罹患している確率は15%である。
5.病気Xを判定する検査が陰性の場合、真に病気Xに罹患していない確率は90%である。

解答2.5
解説

 用語の説明をする。

・疾病を有するものを正しく疾病ありと診断する確率を「感度」という。
・疾病を有さないものを正しく疾病なしと診断する確率を「特異度」という。

検査陽性者のうち実際に疾病を有する者の割合を「陽性反応的中度(陽性的中立)」という。
検査陰性者のうち実際に疾病を有さない者の割合を「陰性反応的中度(陰性的中立)」という。

1.× 病気Xに罹患している人で、検査が正しく陽性と判定された確率とは、感度のことである。つまり、表を見ると85%ではなく、80%である。
2.〇 正しい。病気Xに罹患していない人で、検査が正しく陰性と判定された確率とは、特異度のことである。表を見ると95%で正しい。
3.× 病気Xを判定する検査が陽性の場合、真に病気Xに罹患している確率とは、陽性反応的中度(陽性的中立)のことである。つまり、表を見ると80%ではなく、85%である。
4.× 病気Xを判定する検査が陰性の場合、真に病気Xに罹患している確率とは、偽陽性率のことであり、100%から陰性反応的中度(陰性的中立)を引けば出る。15%ではなく、10%である。
5.〇 正しい。病気Xを判定する検査が陰性の場合、真に病気Xに罹患していない確率とは、陰性反応的中度(陰性的中立)のことである。表を見ると90%で正しい。

 

 

 

2 心電図(下図)を別に示す。
この心電図の所見で正しいのはどれか。


1.心房細動
2.洞性徐脈
3.心室性期外収縮
4.心房性期外収縮
5. Ⅰ度房室ブロック

解答
解説
1.× 心房細動では、P波は見られず、f波(心房の細かなふるえが基線の揺れとして記録されたもの)が出現する。またRR間隔は不定である。図の特徴とは一致しない。
2.× 洞性徐脈の特徴として、洞結節からの興奮が緩徐となっている状態。図の特徴とは一致しない。
3.× 心室性期外収縮の特徴として、本来の洞結節からの興奮より早く心室で興奮が開始する(RR間隔が不定)。図の特徴とは一致しない。
4.〇 正しい。心房性期外収縮とは、本来の洞結節からの興奮より早く、心房内で興奮が開始し、本来より早く形の整ったQRS波が出るのが特徴である。図の特徴と一致する。
5. × 房室ブロックは、心房刺激が心室に伝わりにくくなった状態で、障害の程度によって第1度から第3度までの3段階にわけることができる。Ⅰ度房室ブロックの特徴として、RR間隔の延長(0.28秒)がある。図の特徴とは一致しない。

心電図の読み方が苦手という人向けにまとめました。参考にしてください↓↓

15分でマスターする理学療法士国家試験の心電図問題の勉強の仕方

 

 

 

3 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)における右下肢関節の測定肢位で正しいのはどれか。

解答
解説
1.× 股関節屈曲は、膝関節伸展位ではなく、膝関節屈曲位で行う。
2.× 股関節伸展は、膝関節屈曲位ではなく、膝関節伸展位で行う。
3.〇 正しい。膝関節屈曲は、基本軸は大腿骨であり、移動軸は腓骨(腓骨頭と外果を結ぶ線)である。注意点として、膝関節屈曲は股関節を屈曲位で行う。
4.× 足関節背屈は、膝関節伸展位ではなく、膝関節屈曲位で行う。
5.× 足部内返しは、膝関節伸展位ではなく、膝関節屈曲位で行う。

苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓

理学療法士国家試験 ROMについての問題6選「まとめ・解説」

ROMの暗記が苦手な方向けにまとめました。参考にしてください↓↓

【理学療法評価】関節可動域表示ならびに測定法(ROM)の暗記用。

 

 

勉強頑張ろう!

 

 

 

4 Danielsらの徒手筋力テストによる検査方法を図に示す。
正しいのはどれか。

解答
解説
1.〇 正しい。前鋸筋の段階3は、図のように行う。
2.× 肩関節外旋筋群の段階4の抵抗部位が違う。手背ではなく、指二本で前腕遠位部に抵抗をかける。
3.× 大胸筋の段階3の肢位が違う。肘関節伸展位ではなく、肘関節90°屈曲位で行う。
4.× 腕橈骨筋の段階4の肢位が違う。前腕回外位(上腕二頭筋)ではなく、前腕回内回外中間位で行う。ちなみに、前腕回内位は上腕筋である。
5.× 腸腰筋の段階3の上肢の肢位が違う。上肢は、台の縁につかみ上体を安定させる。図では、上肢が体幹より後方にあり、上体が後方へ倒れやすく不安定になっている。

 

 

 

 

5 80歳の女性。慢性心不全。NYHA分類classⅢである。急性増悪にて入院加療後、退院した。自宅でのADLは、Barthel Indexによる評価で、食事、移乗、整容、トイレ動作、入浴、着替え、排便、排尿は自立、歩行は歩行器使用にて45 m以上可能である。階段昇降は部分介助を要する。
 この患者のBarthel Indexの点数はどれか。(※不適切問題 解2個)

1. 75点
2. 80点
3. 85点
4. 90点
5. 95点

解答4もしくは5

(採点方法は、複数の選択肢を正解として採点する。理由:設問が不明確で複数の選択肢が正解と考えられるため。 )
解説

 本症例は、Barthel Indexによる評価で、食事、移乗、整容、トイレ動作、入浴、着替え、排便、排尿は自立である。減点項目になりそうなのは、歩行は歩行器使用にて45 m以上可能である点(10~15/15点)と、階段昇降は部分介助を要する点(5/10点)である。問題文から、歩行器使用とは書かれているが、車輪付き歩行器であるのか不明である。仮に、車輪がついていた場合(車いすも同様)、減点になるため判断ができない。コメントにて、教えていただければ幸いです。また正式な回答が出たら修正いたします。

詳しくにまとめました。参考にしてください↓↓

Barthel index (BI)とは?評価方法や評価項目は?【分かりやすく解説します】

 

2 COMMENTS

匿名

「解説の間違い?」の確認をお願いします。

4.× 病気Xを判定する検査が陰性の場合、真に病気Xに罹患している確率とは、偽陽性率のことであり、100%から陰性反応的中度(陰性的中立)を引けば出る。15%ではなく、20%である。←10%ではないですか?間違っていたらすみません。

返信する
大川 純一

コメントありがとうございます。
ご指摘の通り間違えておりました。
修正致しましたのでご確認お願い致します。
今後ともよろしくお願いいたします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)