リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第55回(R2) 理学療法士国家試験 解説【午前問題1~5】

1 病気Xの有無を調べる検査の感度、特異度、陽性的中率、陰性的中率を表に示す。
正しいのはどれか。2つ選べ。

感度80%
特異度95%
陽性的中率85%
陰性的中率90%

1.病気Xに羅患している人で、検査が正しく陽性と判定された確率は85%である。
2.病気Xに擢患していない人で、検査が正しく陰性と判定された確率は95%である。
3.病気Xを判定する検査が陽性の場合、真に病気Xに椎患している確率は80%である。
4.病気Xを判定する検査が陰性の場合、真に病気Xに羅患している確率は15%である。
5.病気Xを判定する検査が陰性の場合、真に病気Xに椎患していない確率は90%である。

解答2.5
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

2 心電図(下図)を別に示す。
この心電図の所見で正しいのはどれか。


1.心房細動
2.洞性徐脈
3.心室性期外収縮
4.心房性期外収縮
5. I度房室ブロック

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

3 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)における右下肢関節の測定肢位で正しいのはどれか。

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

4 Danielsらの徒手筋力テストによる検査方法を図に示す。
正しいのはどれか。

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

 

 

 

5 80歳の女性。慢性心不全。NYHA分類classⅢである。急性増悪にて入院加療後、退院した。自宅でのADLは、Barthel Indexによる評価で、食事、移乗、整容、トイレ動作、入浴、着替え、排便、排尿は自立、歩行は歩行器使用にて45 m以上可能である。階段昇降は部分介助を要する。
 この患者のBarthel Indexの点数はどれか。

1. 75点
2. 80点
3. 85点
4. 90点
5. 95点

解答
解説
1.
2.
3.
4.
5.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)