リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第54回(H31) 作業療法士国家試験 解説【午後問題46~50】

46 注意欠如・多動性障害の患者の就労に関して適切な助言はどれか。

1. 優先順位にこだわらないようにする。
2. 多彩なやり方で物事を行うようにする。
3. 周囲の人に配慮を求めないようにする。
4. 自分だけの時間や場所を作るようにする。
5. 便利なハイテク機器などは利用しないようにする。

解答
解説
1. :
2. :
3. :
4. :
5. :

 

 

47 PTSD(外傷後ストレス障害)に関する対応で適切なのはどれか。

1. 曝露療法は短期間に留める。
2. 外傷体験の直後は詳しく体験を語らせる。
3. 集団の中で体験を語り合うことは避ける。
4. 心的外傷体験の一般的な心理反応を説明する。
5. 心理的動揺がある程度収まってから心理的応急処置を実施する。

解答
解説
1. :
2. :
3. :
4. :
5. :

 

 

 

48 アルコール関連問題に対する二次予防はどれか。

1. 入院による治療
2. 中学校や高等学校でのアルコール教育
3. 未成年が酒類を入手しづらくする環境作り
4. 病院に受診していないアルコール依存症者の早期発見
5. 断酒会やAA(Alcoholics Anonymous)などの自助グループへの参加推奨

 

解答
解説
1. :
2. :
3. :
4. :
5. :

 

 

 

49 精神科リハビリテーション活動の説明で正しいのはどれか。

1. ACTは重症精神障害者の地域生活を支援する。
2. SSTは精神科病院内での生活技能の向上を目指す。
3. 認知リハビリテーションは集団形式で実施することは避ける。
4. ケアマネジメントは支援機関中心に必要なサービスを検討し利用者に提供する。
5. 心理教育は、援助する者とされる者とを明確に区分した構造的な治療関係の中で実施する。

解答
解説
1. :
2. :
3. :
4. :
5. :

 

 

 

50 患者が自己の心理的矛盾や課題に気づくことを促す面接技法はどれか。

1. 共感
2. 傾聴
3. 反映
4. 直面化
5. 開かれた質問

解答
解説
1. :
2. :
3. :
4. :
5. :

 

 

51問目からは、理学療法士・作業療法士【共通問題】となります。タイトルが「第54回(H31) 理学療法士国家試験 解説」となっていますが、ご了承ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)