リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第54回(H31) 作業療法士国家試験 解説【午前問題46~50】

 

46 TEACCHプログラムが対象としているのはどれか。

1. 自閉症
2. 素行障害
3. 選択性緘黙
4. チック障害
5. 反応性愛着障害

解答
解説
1. :
2. :
3. :
4. :
5. :

 

 

47 強直間代けいれんの発作時の対応で正しいのはどれか。

1. 上下肢を抑える。
2. タオルを嚙ませる。
3. 発作の様子を記録する。
4. 刺激を加えて意識障害の程度を判定する。
5. 発作終了後、直ちに抗てんかん薬を服用させる。

解答
解説
1. :
2. :
3. :
4. :
5. :

 

 

48 認知症患者に対する作業プログラムを作成する上での留意点で適切なのはどれか。

1. 活動の時間帯は覚醒水準に応じて設定する。
2. 新しい事に挑戦していくような活動を用いる。
3. 活動は多少幼稚になっても、可能な限り単純化する。
4. 生活史よりも、現在の状態を重視して活動を選択する。
5. 患者同士で作品への感想を述べ合う場面は作らないようにする。

解答
解説
1. :
2. :
3. :
4. :
5. :

 

 

49 心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律(医療観察法)で、精神保健審判員(必要な学識経験を有する医師)とともに処遇を決定する職はどれか。

1. 検察官
2. 裁判官
3. 都道府県知事
4. 社会復帰調整官
5. 精神保健参与員

解答
解説
1. :
2. :
3. :
4. :
5. :

 

 

 

50 精神障害者の雇用や就労支援で適切なのはどれか。

1. 就労移行支援の標準利用期間は1年間である。
2. 精神障害者は法定雇用率の算定基礎に含まれている。
3. 障害者就業・生活支援センターは、利用者と雇用契約を締結しなければならない。
4. 個別化された援助付き雇用プログラムは、就労後より就労前の訓練を重視している。
5. 就労定着支援では、職場定着に必要な業務上のスキルアップに特化した専門支援を提供する。

解答
解説
1. :
2. :
3. :
4. :
5. :

 

51問目からは、理学療法士・作業療法士【共通問題】となります。タイトルが「第54回(H31) 理学療法士国家試験 解説」となっていますが、ご了承ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)