リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第54回(H31) 理学療法士国家試験 解説【午前問題51~55】

 

51. 頸椎で正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 環椎に椎体はない。
2. 軸椎に上関節面はない。
3. 第4頸椎に鈎状突起はない。
4. 第5頸椎の横突孔は椎骨動脈が貫通しない。
5. 第7頸椎の棘突起先端は二分しない。

解答1,5
解説
1. 〇:正しい。環椎に椎体はない。ちなみに、棘突起や上・下関節突起も欠いている。
2. ×:軸椎に上関節面はある。下関節面をもつ下関節突起はあるが、上関節突起はなく、上関節面のみがある。
3. ×:第4頸椎に鈎状突起はある。鈎状突起とは椎体の上外側にある部分。頚椎の骨のブロックが重なり、上の部分の椎体と下の鈎状突起の部分が重なったところを「鈎椎関節(ルシュカ関節)」という。
4. ×:第5頸椎の横突孔は椎骨動脈が貫通する。椎骨動脈の他にも椎骨静脈も貫通する。
5. 〇:正しい。第7頸椎の棘突起先端は二分しない。他の特徴として、横突孔は頸椎の中で最も小さく、椎骨動脈は通らない。

 

 

 

52. 脳神経と支配筋の組み合わせで正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 滑車神経——眼輪筋
2. 三叉神経——咬筋
3. 顔面神経——広頚筋
4. 舌咽神経——舌筋
5. 副神経———側頭筋

解答2,3
解説
1. ×:眼輪筋は顔面神経支配である。
2. 〇:正しい。三叉神経——咬筋である。
3. 〇:正しい。顔面神経——広頚筋である。
4. ×:舌筋は、舌下神経支配である。
5. ×:側頭筋は、三叉神経(下顎神経)支配である。

 

 

 

53. 脳の解剖で誤っているのはどれか。

1. 黒質は中脳にある。
2. 海馬は側頭筋にある。
3. 中小脳脚は中脳と小脳を連絡する。
4. 脳梁は左右の大脳半球を連絡する。
5. 中心溝は前頭葉と頭頂葉の間にある。

解答
解説
1. 〇:正しい。黒質は中脳にある。
2. 〇:正しい。海馬は側頭筋にある。
3. ×:中小脳脚は中脳と小脳を連絡するのではなく、橋と小脳を連絡する。ちなみに、上小脳脚は出力線維で、中・下小脳脚は主に入力線維である。
4. 〇:正しい。脳梁は左右の大脳半球を連絡する。
5. 〇:正しい。中心溝は前頭葉と頭頂葉の間にある。

 

 

 

54. 第7胸椎の高さの水平断で最も腹側にあるのはどれか。

1. 食道
2. 右心室
3. 右心房
4. 左心室
5. 左心房

解答
解説
いずれも第7胸椎の高さに属するが、最も腹側にある部位を答えられれば正解となる。
1. ×:心臓と比較すると、食道の方が背側に属する。
2. 〇:正しい。右心室である。
3. ×:心房と心室では、心房が腹側・心室が背側になるように前後に傾いている。
4.5. ×:右・左では、左の方が背側に位置している。全身に血流を送る機能がある左心室が最も背側にあると覚えておこう。

 

 

 

55. 消化器の解剖で正しいのはどれか。

1. 胃の筋層は2層の平滑筋からなる。
2. 空腸は回腸より長い。
3. 食道は3か所の狭窄部をもつ。
4. 十二指腸は腸間膜を有する。
5. 内肛門括約筋は横紋筋からなる。

 

解答
解説
1. ×:胃の筋層は2層からではなく、胃体では3層(内斜、中輪、外縦)からなるが部位により走行が異なる。
2. ×:空腸は回腸より短い。空腸の長さは小腸のほぼ2/5に相当する。回腸は空腸に続き3/5相当の長さに相当する。
3. 〇:正しい。食道は3か所の狭窄部をもつ。①咽頭との接合部、②気管支の後ろを通る部位、③横隔膜を抜ける部位である。また、噴門付近(胃との接続部分)と共に、この3箇所の狭窄部は、食道ガンの好発部位である。
4. ×:十二指腸は腸間膜を有していない。腸間膜とは、腸管を腹腔後壁に連絡する膜で、2重の腹膜からなる。小腸では空腸と回腸、大腸では横行結腸・S状結腸にある。
5. ×:内肛門括約筋は横紋筋ではなく、平滑筋からなる。外肛門括約筋は、体性神経支配の横紋筋である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)