リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第54回(H31) 理学療法士国家試験 解説【午後問題36~40】

 

36. 疼痛の評価に用いられるのはどれか。2つ選べ。

1. face scale
2. MAS
3. SLTA
4. VAS
5. WCST

解答1,4
解説
1. 〇:正しい。face scaleは、疼痛の評価に用いられる。痛みの表現を言語や数値ではなく、人の顔の表情によって評価するスケール。0~5の6段階で患者さんに自分の心情に近い表情を選んでもらい、痛みを評価する。
2. ×:MAS(Modified Ashworth Scale)は、痙縮を評価する。
3. ×:SLTA(Standard Language Test of Aphasia)は、標準失語症検査ともいい、失語症を評価する。
4. 〇:正しい。VAS(visual analogue scale)は、疼痛の評価に用いられる。紙の上に10cmの線を引いて、左端に0(全く痛みなし)、右端に100(今までで一番強い痛み)と書く。患者さんに「あなたの痛みはどれくらいですか?」と質問して、0〜100の間のどのあたりになるのかを指し示してもらうことによって、痛みを評価する。
5. ×:WCST(Wisconsin Card Sorting Test)は、前頭葉認知度試験ともいい、前頭葉機能を評価する。

 

 

 

37. 運動療法で正しいのはどれか。

1. 自動運動とは重力に抗して行う運動のことである。
2. 自動介助運動とは最小重力肢位で行う運動のことである。
3. 等尺性運動は等張性運動よりも筋持久力増強が大きい。
4. 等速性運動では低速運動の方が高速運動より大きな筋力が発揮できる。
5. 重錘を用いた運動では全可動域にわたって筋に加わる負荷が変化しない。

解答
解説
1. ×:自動運動とは、自分の力で動かす運動のことをいう。重力に抗して行う運動のことは抵抗運動である。つまり、抵抗があるなしに関わらす、自動運動が可能である。
2. ×:自動介助運動とは、本人が筋収縮を起こし自力により動作を行いながら、徒手的な介助などで補助を加える運動のことである。つまり、重力の大小にかかわらず、介助を用いて行う運動のことである。
3. ×:等尺性運動は等張性運動よりも筋持久力増強が大きいのではなく小さい。等張性運動は、心肺機能の維持・改善に適する。筋の収縮・弛緩の反復によるポンプ効果で血液循環が良くなる。
4. 〇:正しい。等速性運動では低速運動の方が高速運動より大きな筋力が発揮できる。筋力増強効果は、遠心性→等尺性→求心性の順に大きい。
5. ×:重錘を用いた運動では全可動域にわたって筋に加わる負荷が変化しないのは間違いで変化する。モーメントアーム(トルク)が大きくなると、筋に加わる負荷量が大きくなり、逆にモーメントアーム(トルク)が大きくなると、筋に加わる負荷量が小さくなる。

 

 

 

38. 虚血性心疾患に対する運動療法の効果について適切なのはどれか。

1. 再入院頻度の低下
2. 収縮期血圧の上昇
3. 血小板凝集能の増加
4. 交感神経の緊張亢進
5. HDLコレステロールの低下

解答
解説
心臓リハビリテーションの効果として、①虚血徴候の軽減、②運動耐容能の改善、③血圧低下、④心拍数減少、⑤HDLコレステロール増加、⑥中性脂肪の減少、⑦肥満の改善などがあげられる。
1. 〇:正しい。虚血性心疾患に対する運動療法の効果で再入院頻度は低下する。
2. ×:収縮期血圧の上昇ではなく、低下する。
3. ×:血小板凝集能の増加ではなく、低下する。
4. ×:交感神経の緊張亢進ではなく、自律神経機能の改善される。
5. ×:HDLコレステロールの低下ではなく、増加する。

 

 

 

39. 開放式吸引での気管吸引で正しいのはどれか。

1. 1回の吸引時間は30秒以上行う。
2. 吸引圧は最大150mmHgである。
3. 吸引カテーテルの先端は気管分岐部の先まで挿入する。
4. 吸引操作中はSpO2 80~90%を維持する。
5. 吸引操作中は吸引カテーテルを上下前後に動かす。

解答
解説
1. ×:1回の吸引時間は30秒以上ではなく、挿入開始から終了までを20秒以内で行う。また一回の吸引操作は10秒以上吸引をしない。
2. 〇:正しい。吸引圧は最大150mmHg(20kPa)である。
3. ×:吸引カテーテルの先端は気管分岐部の先ではなく、気管分岐部に当たらない位置まで挿入する。
4. ×:吸引操作中はSpO2 80~90%といった厳密な数値の基準はない。。経皮酸素飽和度モニターを監視して低酸素血症や不整脈など循環不全の徴候を認める場合は、100%酸素を供給して、すぐに人(同僚、医師)を呼ぶ。また臨床上安定した呼吸器疾患の症例に対して鼻腔から 15 秒以内の気管吸引を行った研究では、吸引前の値と比べ全ての症例で酸素飽和度が低下していることが報告されている。このことから、多少の吸引中のSPO2
の低下はやむ負えない。
5. ×:吸引操作中は吸引カテーテルを上下前後ではなく、陰圧をかけながら吸引カテーテルをゆっくり引き戻すように動かす。

 

 

 

40. 全身持久力トレーニング中の自覚的運動強度の指標で最も適切なのはどれか。

1. Karvonen法
2. 修正Borg指数
3. Hugh-Jones分類
4. %最大酸素摂取量
5. Modified medical research council(mMRC)息切れスケール

解答
解説
1. ×:Karvonen法(カルボーネン法)は、運動強度の目安とする表示法のひとつで(220-年齢)-安静時心拍数)×運動強度(%)+安静時心拍数にて求められる。
2. 〇:正しい。修正Borg指数は、運動したときのきつさを数字と簡単な言葉で表現し、標準化したもの。0~10の数字で表し、0に近づくと楽と感じ、10に近づくときついという解釈になる。4~5が運動の目安となり、7~9が運動の中止基準となる。
3. ×:Hugh-Jones分類は、呼吸器疾患患者の運動機能と呼吸困難からみた重症度(I~V段階)評価基準である。
4. ×:%最大酸素摂取量は、 最大酸素摂取量は1分間に体重1kgあたり取り込むことができる酸素の量(ml/kg/分)を示し、「VO2max」(Volume〔量〕、O2〔酸素〕、max〔最大値maximum〕)と略記される。
5. ×:Modified medical research council(mMRC)息切れスケールは、呼吸困難の重症度を評価するスケールである。Grade 0~5まである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)