リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第54回(H31) 理学療法士国家試験 解説【午後問題31~35】

 

31. 関節リウマチにみられる変形と部位の組み合わせで適切なのはどれか。

1. スワンネック変形——環軸椎関節
2. ムチランス変形———脊柱
3. ボタン穴変形————手の母指
4. 内反小指変形————足部
5. Z変形———————足の母指

解答
解説
1. ×:スワンネック変形は、DIP屈曲、PIP過伸展する変形である。
2. ×:ムチランス変形は、中手骨や指節骨の吸収により指が短縮する変形をいう。
3. ×:ボタン穴変形は、DIP過伸展、PIP屈曲する変形である。
4. 〇:正しい。内反小指変形は、足部(小趾)が内反する変形である。
5. ×:Z変形は、ボタン穴変形のような変形が母指に起こる。

 

 

 

32. Kienböck病で障害させるのはどれか。

1. 月状骨
2. 三角骨
3. 舟状骨
4. 小菱形骨
5. 大菱形骨

解答
解説
Kienböck病(キーンベック病)とは、月状骨がつぶれて扁平化する病気をいう。月状骨は手首(手関節)に8つある手根骨の1つでほぼ中央に位置している。月状骨は、周囲がほぼ軟骨に囲まれており血行が乏しいため、血流障害になり壊死しやすい骨の1つである。よって、解答は1. 月状骨である。

 

 

 

33. 断端の成熟度を確認するための断端周径計測で正しいのはどれか。

1. 1か所で計測する。
2. 下腿切断では最大膨隆部で計測する。
3. 下腿切断では背臥位で計測する。
4. 大腿切断では座骨結節を基準に計測点を決める。
5. 月に2回計測する。

解答
解説
1. ×:1か所で計測するのではなく、上肢は2.5cm間隔で、下肢は5.0cm間隔で計測する。
2. ×:下腿切断では最大膨隆部ではなく、膝外側関節裂隙より5.0cm間隔で断端先端まで測る。
3. ×:下腿切断では背臥位ではなく立位で計測する。
4. 〇:正しい。大腿切断では座骨結節を基準に計測点を決める。
5. ×:月に2回ではなく、1週間に1回程度計測する。

 

 

 

34. 発育性股関節形成不全で正しいのはどれか。

1. 開排は制限されない。
2. 大腿骨頭の前方脱臼が多い。
3. 二次的な変形性股関節症にはなりにくい。
4. 7歳以上では外転位保持免荷装具を用いる。
5. 乳児期ではリーメンビューゲル装具を用いる。

解答
解説
現在では、先天性股関節脱臼のことを発育性股関節形成不全と呼ぶ傾向にある。変形性股関節症の原因となることが多い。
1. ×:脱臼側は股関節の内転拘縮を生じるため、開排は制限される。
2. ×:大腿骨頭の前方ではなく、後方に脱臼が多い。
3. ×:二次的な変形性股関節症にはなりやすい。日本では二次性変形性股関節症の発症が多く(一次性は加齢や老化)、発育性股関節形成不全によるものが全体の約8割を占める。
4. ×:外転位保持免荷装具は、坐骨支持により股関節を免荷し、軽度外転位に保持する装具である。ペルテス病などに適用である。ペルテス病とは、原因は不明で、大腿骨頭の血のめぐりが悪くなって弱い状態となり、つぶれて変形を起こす。
5. 〇:正しい。乳児期ではリーメンビューゲル装具を用いる。またオーバーヘッド・トラクション法がある。

 

 

 

35. 前頭葉と側頭葉に限局性の大脳皮質の萎縮を認める疾患はどれか。

1. Alzheimer型認知症
2. 正常圧水頭症
3. 脳血管性認知症
4. Pick病
5. Lewy小体型認知症

解答
解説
1. ×:Alzheimer型認知症は、病理学的に大脳の全般的な萎縮を認める。
2. ×:正常圧水頭症は、①脳溝の狭小化、②側脳室の拡大、③シルビウス裂の拡大といった脳の変化を認める。
3. ×:脳血管性認知症は、脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)によって生じる。多発性ラクナ梗塞が原因の場合、左右の大脳基底核や視床に多数の梗塞巣がみられる。
4. 〇:正しい。Pick病は、前頭葉と側頭葉に限局性の大脳皮質の萎縮を認める。三大症状として、①認知症、②性格変化、③言語機能障害である。
5. ×:Lewy小体型認知症は、大脳皮質など中枢神経系に広汎にLewy小体が出現する。Alzheimer型認知症の違いとして、後頭葉の血流低下を認める点である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)