リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第54回(H31) 理学療法士国家試験 解説【午後問題41~45】

 

41. 高次脳機能障害と検査の組み合わせで正しいのはどれか。

1. 失語—————かな拾いテスト
2. 注意障害———TMT
3. 記憶障害———Kohs立方体組み合わせ検査
4. 遂行機能障害—BIT
5. 半側空間無視—BADS

解答
解説
1. ×:かな拾いテストは、遂行機能の検査である。
2. 〇:正しい。注意障害は、TMTで検査できる。
3. ×:Kohs立方体組み合わせ検査は、軽度認知機能障害(MCI)のスクリーニング検査である。
4. ×:BIT(行動性無視検査)は、半側空間無視のスクリーニング検査である。
5. ×:BADS(遂行機能障害症候群の行動評価)は、遂行機能症候群の行動評価法である。

 

 

 

 

42. Perthes病で正しいのはどれか。2つ選べ。

1. 女子に多い。
2. 大腿骨頭の阻血性壊死である。
3. 発症年齢が高いほど予後が良い。
4. 免荷を目的とした装具療法が行われる。
5. 片側性に比べ両側性に発症することが多い。

解答2,4
解説
Perthes病は、小児期における血行障害による大腿骨頭、頚部の阻血性壊死が原因で骨頭・頚部の変形が生じる骨端症である。初期症状は、跛行と股関節周囲の疼痛や大腿部にみられる関連痛で、股関節の関節可動域制限も生じる。治療は大腿骨頭壊死の修復が主な目標であり、治療後は歩容の異常がなく、通常の日常生活を送れるようになることが多い。
1. ×:女子ではなく男子に多い。男女比は4:1で、元気のいい小柄な男児に多く見られる。発生率は1万人に1.5人と言われ、そのうち約10%が両側に発症するが、たいていは片方がなってから2年以内の違う時期に反対側が発症する。
2. 〇:正しい。大腿骨頭の阻血性壊死である。
3. ×:発症年齢が高いのではなく、低いほど予後が良い。発症年齢は4~9歳で7歳くらいに好発する。一般的に幼稚園児などの低年齢の子は早くきれいに治り、小学校高学年になると、治るまでに時間がかかり、変形も生じやすくなる。
4. 〇:正しい。免荷を目的とした装具療法が行われる。例えば、Pogo-stick装具、トロント装具、股関節外転装具などである。股関節免荷装具として利用し、治療期間が2~3年と長期にわたる場合がある。
5. ×:片側性に比べ両側性に発症することが多いのはなく少ない。たいていは片方がなってから2年以内の違う時期に反対側が発症する。

 

 

 

43. 左延髄外側症候群で正しいのはどれか。

1. 右Horner徴候
2. 右角膜反射低下
3. 右上下肢の運動失調
4. 右上下肢の温痛覚障害
5. 右上下肢の深部感覚障害

解答
解説
左延髄外側症候群は、後下小脳動脈の閉塞などにより起こり、Wallenberg症候群とも呼ばれる。症状として、①小脳失調、②顔面の温痛覚脱失(障害側)、③Horner症候群:額無汗、眼瞼下垂、眼裂の狭小化、縮瞳(障害側)、④嚥下困難、嗄声、味覚障害、⑤健側の頚部以下の温痛覚脱失、⑥回転性めまい、頭痛、悪心、嘔吐である。
1. ×:右ではなく障害側の左Horner徴候が起こる。
2. ×:右ではなく障害側の左角膜反射低下が起こる。
3. ×:右ではなく病巣側に倒れることが多いため、左上下肢の運動失調が起こる。
4. 〇:正しい。右上下肢の温痛覚障害は健側側の右側に起こる。
5. ×:そもそも深部感覚障害は起こらない。深部感覚は、延髄の内側毛帯を通るためである。

 

 

 

44. 多発性筋炎で正しいのはどれか。

1. 男性に多い。
2. 心筋は障害されない。
3. 高い室温では筋力が低下する。
4. 四肢の遠位筋優位に障害される。
5. 間質性肺炎を合併すると予後が悪い。

解答
解説
多発性筋炎は、膠原病または自己免疫疾患に属し、骨格筋に炎症をきたす疾患で、遺伝性はなく中高年の女性に好発する。四肢近位部・頚部筋を主体に筋力低下が左右対称に表れ、血清CK値は上昇し、発熱、筋痛、筋疲労、嚥下困難などがみられます。皮膚症状を伴うことが多く(皮膚筋炎)、発症は一般的に緩徐で慢性の経過をとるが、悪性腫瘍を合併することがあり注意が必要である。特徴的所見として、ゴットロン徴候、ヘリオトロープ疹がある。
1. ×:男性ではなく女性に多い。とくに中高年層の女性である。
2. ×:心筋は障害されないわけではない。心伝導障害・不整脈・心筋炎・心外膜炎・僧帽弁逸脱症・心不全など多彩な心病変の合併が報告されている。
3. ×:高い室温では筋力が低下するといったことはないが、多発性筋炎では悪性腫瘍を合併しやすい。悪性腫瘍に対する温熱療法は禁忌であるので、その合併が否定されなければ直ちに温熱療法を開始してはならない。しかし、悪性腫瘍の合併の有無や皮膚症状などの禁忌を確認したうえで、ホットパックなどを用いた温熱療法は疼痛権限に効果がある。
4. ×:四肢の遠位筋ではなく近位筋優位に障害される。また対称性に侵される。
5. 〇:正しい。間質性肺炎を合併すると予後が悪い。特に急速進行例には、そのまま進行して呼吸不全となって死に至る病型がある。また、進行例では、不整脈、心不全などがみられることがある。

 

 

 

45. Down症候群の子供の運動発達の特徴で適切なのはどれか。

1. 後弓反張
2. はさみ脚歩行
3. スカーフ徴候陰性
4. シャフリング移動
5. 緊張性迷路性反射亢進

解答
解説
1. ×:後弓反張とは、後頚部の筋および背筋、上下肢筋の筋緊張亢進、または痙攣により頚部を強く背屈させ、全身が後方弓形にそりかえる状態のことをいう。要因として、髄膜炎、破傷風、ジフテリアによる髄膜症、中脳腫瘍、てんかんなどでみられる。
2. ×:はさみ脚歩行とは、両足をはさみのように組み合わせて歩く痙性対麻痺歩行のことをいう。要因として、脊髄疾患・遺伝性痙性対麻痺・脳性小児麻痺などでみられる。
3. ×:Down症候群の場合、スカーフ徴候陰性ではなく、陽性になることが多い。スカーフ徴候の正常(陰性)の場合、腕を首に巻きつけるようにすると抵抗するが、陽性の場合は抵抗がみられない。
4. 〇:正しい。シャフリング移動とは、お座り姿勢のまま移動することである。脚の動かし方、手の使い方のバリエーションが少なかったり、下半身の筋肉の張りが弱く、筋肉量も少ないために行うことがある。
5. ×:緊張性迷路性反射とは、あおむけでは伸筋の緊張が高まり、うつぶせでは屈筋の緊張が高まる反射のことをいう。5~6か月には消失するが、残存している場合、脳性麻痺を疑う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)