第53回(H30) 作業療法士国家試験 解説【午前問題46~50】

 

46 うつ病の回復初期の患者への対応で最も適切なのはどれか。

1.就労を勧める。
2.チームでのスポーツを勧める。
3.休憩を早めに取るように勧める。
4.物事は自分で判断するように促す。
5.行動の結果の良し悪しを明確に伝える。

解答3

解説

 うつ病では自己評価の低下、意識の低下、精神運動抑制などの症状がみられる。回復期の初期では、負担が少なく患者の自信を回復させるような作業を行う。また、病前のようには作業できないことへの配慮も必要である。

1.× 就労を勧めるにはまだ時期尚早といえる。
2.× チームでのスポーツは、他者との優劣がわかりやすく自信喪失につながりやすいため、避けるべきである。
3.〇 正しい。休憩を早めに取るように勧める。うつ病患者は、疲労感を感じやすい傾向にあるためである。
4.× 物事は自分で判断するように促すのはまだ時期尚早である。それがかえってストレスをうけ病状を悪化させる恐れがある。この時期では、自己決定をする場面を減らすことが必要である。
5.× 行動の結果の良し悪しを明確に伝えることはしない。うつ病の患者は、「全か無か」の考えにとらわれているため、良し悪しを明確に伝えるとそれを助長してしまう。物事には両面があることを伝えるべきである。

 

 

 

 

 

 

47 他罰的であり「病状が良くならないのは、親の接し方が悪いため」と攻撃的になる境界性パーソナリティ障害の患者への作業療法士の対応として適切でないのはどれか。

1.単独で患者と関わる。
2.患者の親への心理的支援を行う。
3.治療契約の重要さを患者と確認する。
4.攻撃を向けられたとも同じ態度をとる。
5.患者自身の困難に共感的な態度で接する。

解答1

解説

 境界性パーソナリティ障害の患者は、対人関係が不安定で、集団作業では問題を起こすことが多い。特定の人物に対して強い依存心を抱く傾向があり、またそれが裏切られたと感じたときには強い怒りをきたす。このため、患者とは一定の距離をを保ち、過度の依存を形成しないよう注意が必要である。

1.× 単独で患者と関わると、境界性パーソナリティ障害患者の特徴でもある治療者を操作しようとしたり、独占しようとしたりする傾向を助長する可能性があるため適切ではない。
2.〇 正しい。患者の親への心理的支援を行う。本問では、身近な存在である親に対して強い怒りを表出することがあるため、親に対して患者本人への対応の仕方を助言するなどの心理的支援を行うと良い。
3.〇 正しい。治療契約の重要さを患者と確認する。治療の開始にあたって、治療者と患者の間で、治療目標や方法、治療の期間、面接ルールなどについてなされる取り決めや約束を治療契約という治療契約を確認することによって治療の枠組みを再度しっかりと構築し、過度な依存関係を作らないことが重要である。
4.〇 正しい。攻撃を向けられたとも同じ態度をとる。患者は治療者の態度に敏感であり、その変化により情緒が不安定になる。患者
から攻撃を受けた場合でも同じ態度をとることで、患者は安心できる。
5.〇 正しい。患者自身の困難に共感的な態度で接する。その態度は、すべての疾患の患者において重要である。

 

 

 

 

 

 

48 わが国のアルコール関連問題について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.成人の飲酒者の割合は、男性より女性が多い。
2.アルコール依存症は、自殺のリスクを高める。
3.女性の有病率は減少傾向にある。
4.妊娠している女性の飲酒は、胎児性アルコール症候群の危険因子である。
5.未成年者への学校でのアルコール教育は、三次予防としての取り組みである。

解答2/4

解説

1.× 成人の飲酒者の割合は、女性より男性が多い。「節度のある適正な飲酒」は、1日平均純アルコールで約20gであるのに対し、約60g以上を消費する成人男性は4.1%、成人女性では 0.3%である(厚労省調査)。
2.〇 正しい。アルコール依存症は、自殺のリスクを高める。アルコール依存症は、一般人口の約10倍である。ちなみに、うつ病は一般人口の約30倍である。
3.× 近年は女性や高齢者の患者数が増加している。
4.〇 正しい。妊娠している女性の飲酒は、胎児性アルコール症候群の危険因子である。胎児性アルコール症候群とは、妊娠中の母親の習慣的なアルコール摂取によって生じていると考えられている先天性疾患の一つ。 神経発達症の一種である。
5.× 未成年者への学校でのアルコール教育は、三次予防ではなく一次予防としての取り組みである。未成年者へのアルコール教育は、教育により生涯にわたってのアルコールの影響を防止するものである。

 

 

 

勉強頑張ろう!

 

 

 

 

49 IPS(individual placement and support)モデルによる援助付き雇用の原則として適切なのはどれか。
 2つ選べ。

1.医療や生活支援と連携する。
2.障害が重くても支援の対象となる。
3.長期間訓練してしてから職場開拓を始める。
4.企業から提案があった業務に合わせて求職活動を行う。
5.企業に採用された後は職場の担当部署に以降の支援を任せる。

解答1/2

解説

 IPS(individual placement and support)は、米国で開発された就労支援モデルである。

1~2.〇 正しい。医療や生活支援と連携する。障害が重くても支援の対象となる。は基本原則に基づいている(下のIPSの基本原則を参照②と①)。
3.× 長期間訓練ではなく、迅速に職場開拓を始める。
4.× 企業から提案があった業務に合わせてではなく、本人の趣味や好みに合わせて求職活動を行う。
5.× 企業に採用された後は、職場の担当部署に以降の支援を任せるのではなく、サポートは継続して行う

 

IPSの基本原則

①症状が重いことを理由に就労支援の対象外としない。
②就労支援の専門家と医療保健の専門家でチームを作る。
③職探しは、本人の興味や好みに基づく。
④保護的就労ではなく、一般就労をゴールとする。
⑤生活保護や障害年金などの経済的な相談に関するサービスを提供する。
⑥働きたいと本人が希望したら、迅速に就労支援サービスを提供する。
⑦職業後のサポートは継続的に行う。

 

 

 

 

 

 

50 臨床実習に参加する学生の行動で、患者の個人情報保護する上で最も適切なのはどれか。

1.患者の情報を自宅で親と話題にする。
2.実習で使用したメモをゴミ箱に捨てる。
3.患者の生年月日をレポートに記載する。
4.患者情報を指導者と共有する時はスタッフルームで行う。
5.患者を特定できるような訓練内容を指導者にメールで報告する。

解答4

解説

1.× 患者の情報を自宅で親と話題にする。
2.× 実習で使用したメモをゴミ箱に捨てる。
3.× 患者の生年月日をレポートに記載する。
4.〇 正しい。患者情報を指導者と共有する時はスタッフルームで行う。
5.× 患者を特定できるような訓練内容を指導者にメールで報告する。

解法の要点
解説
患者の個人情報(プライバシー)の保護は,医療者に課せられた義務である,臨床
実習生だとしてもその義務は厳守すべきである。
x1 親が相手であっても患者のことを話題にしてはならない。
×2 患者の情報が記載されたメモをそのままゴミ箱に処分してはならない、処分す。
る際は個人が特定されないよう個人情報の部分をわからないようする, シュレッ
ダーにかけるなどの注意が必要である.
×3 生年月日,イニシャル,会社名も記載してはならない.
○4 スタッフルームは,患者の情報が他の患者や職員の耳に入る可能性が低く,情
報を共有する場として適切である.
×5 メールで報告する際には,患者を特定できる内容は削除すべきである.

 

 

51問目からは、理学療法士・作業療法士【共通問題】となります。タイトルが「第53回(H30) 理学療法士国家試験 解説」となっていますが、ご了承ください。

 

 

※問題の引用:第53回理学療法士国家試験、第53回作業療法士国家試験の問題および正答について

※注意:著者は理学療法士で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)