理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午前問題16~20】

16.脳卒中後の左片麻痺患者の生活環境を整えることとした。ベッドとポータブルトイレの位置で適切なのはどれか。

1.①

2.②

3.③

4.④

5.⑤

 

解答を表示する

解答:1


解説

起き上がりから考えると、麻痺側に起き上がることパターンは考えにくい(③④⑤除外できる)。
移乗を考えると、90°移乗の方が安定して行えるだろう(②除外できる)。
よって、適切なのは①となる。

 

 

17.45歳の女性。右変形性股関節症。先天性股関節脱白の既往がある。1年前から荷重時の右股関節痛があり、2か月前から安静時痛も出現した。起居動作時や歩行時の疼痛が強くなってきたため受診した。ADLの指導として適切なのはどれか。

1.階段は右足から昇段する。

2.階段は左足から降段する。

3.できるだけ低い椅子に座る。

4.T字杖を使用する場合は左手に持つ。

5.左足よりも右足を手前に引いて椅子から立ち上がる。

 

解答を表示する

解答:4


解説

1.×:昇段は、健側から上がる。

2.×:降段は、患側から降りる。

3.×:高い椅子に座る。

4.〇:正しい。

5.×:健側を引くのが正しい。

 

 

18.55歳の男性。トラックの荷台(2m)から転落して受傷した。来院時の足関節エックス線単純写真及び冠状断CTとCTの模式図別に示す。保存的に加療したとき、今後最も起こりやすい合併症はどれか。

1.凹足

2.腫足

3.内反尖足

4.変形性関節症

5.無腐性骨壊死

 

解答を表示する

解答:4


解説

レントゲンから、踵骨骨折であることが分かる。

1.×:凹足の原因の多くは遺伝。後天的に発症する場合、筋ジフトロフィーや麻痺などの神経疾患が多い。

2.×:小児脳性不全麻痺、脛骨神経の損傷などの麻痺、アキレス腱などの治療(今回のケースでは保存的治療)の結果としてなりやすい。

3.×:脳血管障害などで、強い痙性があるとなりやすい。

4.〇:正しい。他にも、踵骨骨折は外傷性の扁平足になりやすい。

5.×:距骨骨折に起こりやすい(距骨無腐性骨壊死)。

 

 

次の文により19、20の問いに答えよ。
生後4か月の乳児。健診で股関節の異常を指摘された。来院時に右股関節の開排制限を認めたため、股関節のエックス線単純検査を行った。

 

19股関節の図を示す。臼蓋角はどれか。

 

1.a

2.b

3.c

4.d

5.e

 

解答を表示する

解答:5


解説

1.×:頚体角である。

2.×:ごめんなさい。知識不足で何の角度かわかりません。

3.×:ごめんなさい。知識不足で何の角度かわかりません。

4.×:ごめんなさい。知識不足で何の角度かわかりません。

5.〇:正しい。

 

 

20.この患児の股関節のエックス線単純写真を別に示す。行うべき対応として適切なのはどれか。

 

1.経過観察

2.ギプス固定

3.観血的整復術

4.オーバーヘッド牽引

5.リーメンビューゲル装具

 

解答を表示する

解答:5


解説

ごめんなさい。解説までわかりません。もし分かる方いたら、お問い合わせかコメントお願いします。

1.×:

2.×:

3.×:

4.×:

5.〇:

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)