理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午後問題6~10】

6.脳出血後の頭部CTを示す。最も生じやすい症状はどれか。

1.系列的な動作が順番通りにできない。

2.脳出血発症前のことが思い出せない。

3.左からの刺激に反応しない。

4.左手の感覚が脱失する。

5.人の顏が区別できない。

 

 

解答を表示する

解答:4


解説

画像は、視床レベルのスライスである。そのため、受傷部位は「視床」であると推測できる。

1.×:失行は左の頭頂葉障害である。

2.×:記憶は海馬が司る。

3.×:半側空間無視は、右頭頂葉障害である。

4.〇:正しい。視床の症状である。

5.×:相貌失認は、右後頭葉の障害である。

 

7.45歳の男性。左大腿切断後。大腿義足を用いた歩行練習中、左立脚中期に過度の腰椎前弯が観察された。原因として正しいのはどれか。

1.義足長が長過ぎる。

2.足継手の後方バンパーが弱過ぎる。

3.ソケットが前方に位置し過ぎている。

4.ソケットの初期屈曲角が不足している。

5.膝継手の摩擦が弱過ぎる。

 

解答を表示する

解答:4


解説

立脚相の腰椎前腕の増強は主に3つの原因がある。①ソケットの初期屈曲角不足。②股関節伸展筋力が不足し、代償動作として出現している。③ソケットの前壁の支持力不足である。

1.×:分回し歩行になる。

2.×:フットスラップが起こる。

3.×:歩幅の不同が起こる。

4.〇:正しい。

5.×:蹴り上げの不同が起こる。

 

8.70歳の男性。脳横塞による左片麻痒。Brunnstrom法ステージは下肢Ⅲ。関節可動域制限はない。ダブルクレンザック足継手付き両側金属支柱型短下肢装具を用いて歩行練習を実施している。足継手を背屈0〜20度で可動するように設定すると左立脚中期に膝折れが出現した。装具の調整で正しいのはどれか。

 

1.足継手の可動範囲を背屈0〜5度に設定する。

2.スウェーデン式膝装具を併用する。

3.Tストラップを追加する。

4.外側ウェッジを入れる。

5.装具の腫を高くする。

 

解答を表示する

解答:1


解説

1.〇:正しい。背屈角度を制限することで、膝折れを防止できる。

2.×:スウェーデン式膝装具は、反張膝を防止する。他にも、TKS・SK式膝装具・HRC式膝装具がある。

3.×:Tストラップは内反矯正に対して用いられる。

4.×:外側ウェッジは内反矯正に対して用いられる。

5.×:踵を高くすると膝折れがさらに誘発される。正しくは、踵を低くする。

 

9.脳卒中機能評価法<SIAS>の麻痺側運動機能の評定で2点となるのはどれか。

解答を表示する

解答:1


解説

1.〇:正しい。肩肘の共同運動があるが手部が口に届かないと2点である。

2.×:わずかな動きがある。または集団屈曲可能であれば1点である。

3.×:2点は、股関節の屈曲運動あり、足部は床より離れるが十分ではない。絵を見ると十分に床から離れてるため、3点以上はあると推測できる。

4.×:3と同様である。2点は、膝関節の伸展運動あり、足部は床より離れるが、十分ではない。絵を見ると十分に床から離れてるため、3点以上はあると推測できる。

5.×:3,4と同様である。2点は、背屈運動あり、足部は床より離れるが十分ではない。。絵を見ると十分に床から離れてるため、3点以上はあると推測できる。

 

10.45歳の男性。半年前から左上肢遠位部の脱力、3か月前から左上肢の筋萎縮と右上肢の脱力、さらに最近歩行障害と構音障害を認めるようになり、神経内科で筋萎縮性側索硬化症と診断された。現時点で認められる可能性が高いのはどれか。

1.褥瘡

2.振動覚低下

3.眼球運動障害

4.膀胱直腸障害

5.Hoffmann反射陽性

 

解答を表示する

解答:5


解説

筋萎縮性側索硬化症の陰性所見は、他覚的感覚障害・眼球運動障害・膀胱直腸障害・褥瘡(以上が陰性4兆候)、他にも小脳症状・錐体外路障害、認知症がある。

1~4:上記理由で認められない。

5.〇:筋萎縮性側索硬化症は、上位運動ニューロンおよび下位運動ニューロンが系統的に障害される進行性疾患である。そのため、病的反射であるHoffmann反射が陽性となる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。