理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午前問題41~45】

41.脊髓小脳変性症の患者で、歩行可能であるが伝い歩きが主であり、方向転換時に不安定となってしまう場合の歩行補助具として適切なのはどれか。

1.T字杖

2.歩行車

3.交互型歩行器

4.ウォーカーケイン

5.ロフストランド杖

 

解答を表示する

解答:2


解説

小脳系の障害がある患者に対し、杖や交互に動かす必要がある交互型歩行器は適さない。

よって、2が正しい。

 

 

42.変形性膝関節症の理学療法介入方法について、理学療法診療ガイドライン第1版(日本理学療法士協会)で推奨グレードが最も低いのはどれか。

1.協調運動

2.減量療法

3.有酸素運動

4.筋力増強運動

5.ホットパック

 

解答を表示する

解答:5


解説

推奨グレードの決定およびエビデンスレベルの分類を参照。

1.×:推奨グレードA

2.×:推奨グレードA

3.×:推奨グレードA

4.×:推奨グレードA

5.〇:推奨グレード C1

 

 

43手関節背屈位で手をついて転倒した患者のエックス線単純写真を示す。この病態として正しいのはどれか。

1.chauffeur’s骨折

2.Colles骨折

3.Galeazzi骨折

4.Monteggia骨折

5.Smith骨折

 

解答を表示する

解答:2


解説

1.×:橈骨茎状突起骨折。

2.〇:遠井骨片が背側に転位しているのが特徴。よって、正しい。

3.×:橈骨骨幹部骨折に、尺骨頭の脱臼を伴うのが特徴。(4と逆)

4.×:尺骨骨幹部骨折に、橈骨頭の脱臼を伴うのが特徴。(3と逆)

5.×:橈骨遠位端骨折で、骨片が掌側に転位する。(2と逆)

 

 

44.重度の片麻痺を生じた脳梗塞患者に対する急性期の理学療法で正しいのはどれか。

1.立位練習には装具を用いない。

2.非麻痺側の筋力増強運動は行わない。

3.神経症候の増悪がなければ離床練習を開始する。

4.深部静脈血栓症の予防目的で弾性ストッキングは使用しない。

5.安静時に収縮期血圧が140mmHgを超えている場合は実施しない。

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:装具を積極的に用いる。

2.×:非麻痺側の筋力強化も行う。

3.〇:正しい。

4.×:弾性ストッキングを使用する。

5.×:収縮期血圧200mmHg以上で禁忌である。

 

45.外傷性の前頭葉損傷による高次脳機能障害の患者に対する動作指導として適切なのはどれか。

1.床からの起き上がりは、起き上がる方向を次々と変えながら練習する。

2.歩行では、股・膝・足関節の運動に同時に注意を払おうよう指導する。

3.車椅子操作は、手順を1つずつ確認しながら進めるよう指導する。

4.動作の手順を間違えた場合は、自分で気付くまで指摘しない。

5.更衣動作では、上衣と下衣を交互に練習する。

 

解答を表示する

解答:3


解説

前頭葉の障害は、発動性・意欲・創造性・判断力の低下、注意障害、脱抑制、易怒性、病識の欠如などが起こる。

1.×:注意障害があるため、一つの課題に集中させることが好ましい。

2.×:1と同様。

3.〇:正しい。

4.×:思考・判断力の低下や病識がなく、動作の間違いそのものに気が付かないことが多い。その都度、指摘するのが好ましい。

5.×:1と同様。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。