リハビリ特化型通所サービス 明日へ【施設案内】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午前問題26~30】

26.関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で前額面上の角度を測定するのはどれか。

1.肩甲帯挙上

2.肩内旋

3.膝伸展

4.頭部屈曲

5.胸腰部回旋

 

解答:1

解説

1.〇:正しい

2.×:水平面上で計測する。

3.×:矢状面上で計測する。

4.×:矢状面上で計測する。

5.×:水平面上で計測する。

暗記用記事はこちら↓↓

【理学療法評価】関節可動域表示ならびに測定法(ROM)の暗記用。

国家試験記事はこちら↓↓

理学療法士国家試験 ROMについての問題6選「まとめ・解説」

 

 

 

27.Danielsらの肩関節の徒手筋カテストにおける段階と測定肢位の組合せで正しいのはどれか。

1.屈曲の段階2:背臥位

2.伸展の段階3:座位

3.外旋の段階4:座位

4.水平内転の段階2:腹臥位

5.水平外転の段階2:側臥位

 

解答を表示する

解答:3


解説

1.×:座位で行う。

2.×:腹臥位で行う。

3.〇:正しい。

4.×:背臥位で行う。

5.×:端坐位で行う。

 

28.痛みを主症状とする疾患はどれか。2つ選べ

1.Basedow病

2.Buerger病

3.Meniere病

4.強直性脊椎炎

5.急性灰白髓炎

 

解答を表示する

解答:2,4


解説

1.×:甲状腺ホルモンが過剰に作られる状態である甲状腺機能亢進症を起こす代表的な病気。症状は、頻脈、体重減少、手指のふるえ(振戦)、発汗増加などを生じる。

2.〇:正しい。

3.×:メニエール病は、内耳の内リンパ水腫で起こる。めまい、難聴、耳鳴り、耳閉感が主症状。

4.〇:正しい。

5.×:ポリオウイルスによる感染症である。感染者の90~95%は症状がでないのが特徴。

 

 

29.記憶障害の評価法はどれか

1.BADS (behavioural assessment of the dysexecutive syndrome)

2.BIT

3.CAT (clinical assessment for attention)

4.RBMT

5.WCST

 

解答を表示する

解答:4


解説

1.×:遂行機能障害症候群の行動評価である。

2.×:行動性無視検査である。

3.×:標準注意検査法である。

4.〇:正しい。

5.×:ウィスコンシンカード分類課題(強化学習の状況の変化に直面した際の柔軟さの能力を見る。)である。

 

30.右頭頂葉障害で特微的な症状はどれか。

1.警官の敬礼のまねができない。

2.顔を見ただけでは誰かかからない。

3.歯ブラシで歯を磨くことができない。

4.料理を段取り良く行うことができない。

5.服の左右の袖に腕を通すことができない。

 

解答を表示する

解答:5


解説

1.×:症状は、観念運動性失行。左頭頂葉の障害である。

2.×:症状は、相貌失認。右後頭葉の障害である。

3.×:歯ブラシで歯を磨くことができないのは、観念失行で、 左半球頭頂葉の病巣で起こる。観念運動性失行と迷いやすいが、観念運動失行は、ある動作を自発的に行うことはできるが、その動作の模倣を命令してもできない状態をいう。自発的に、歯磨きを行っていた場合、歯を磨けるので、観念失行と断定できる。観念運動失行も左頭頂葉の障害である。

4.×:症状は、観念性失行。左頭頂葉の障害である。

5.〇:正しい。服の左右の袖に腕を通すことができないのは、着衣失行である。右頭頂葉の病変で起こる。

 

2 Comments

大川 純一

コメント・ご指摘ありがとうございます。
ご指摘通り間違えておりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)