理学療法士が選ぶ【おすすめ漫画10選】

第53回(H30)理学療法士 国家試験解説【午前問題31-35】

31.歩行において下腿義足の初期内転角が不足しているときに生じる現象はどれか。

1.断端外側遠位部に圧迫感が生じる。

2.断端内側遠位部に圧迫感が生じる。

3.踵接地時に義足足部が回旋する。

4.義足の足部外側が浮き上がる。

5.歩幅が広い。

 

解答を表示する

解答:1


解説

1.〇:正しい。

2.×:断端内側遠位部にゆるみが生じる。

3.×:ヒールが硬すぎると、踵接地に足部が回旋する。

4.×:足部内側が浮き上がる。

5.×:歩幅は変わらない。

 

 

32.関節リウマチの脊椎病変で最も多いのはどれか。

1.黄色靭帯骨化

2.環軸椎亜脱白

3.後縦靭帯骨化

4.脊柱側弯

5.腰椎椎間板ヘルニア

 

解答を表示する

解答:2


解説

関節リウマチで代表的な関節破壊と変形は、環軸椎亜脱白、肩関節可動域制限、肘関節屈曲拘縮、手関節尺側偏位、手指変形、股関節屈曲拘縮、膝関節内外反変形・屈曲拘縮、足・足趾変形などである。よって、2が正しい。

 

33.膝前十字靭帯損傷と合併して損傷しやすい部位はどれか

1.外側側副靭帯

2.後十字靭帯

3.後半月大腿靭帯

4.膝蓋腱

5.内側半月板

 

解答を表示する

解答:5


解説

前十字靭帯損傷は、内側側副靭帯や内側半月板損傷を合併して発症することが多い。(複合型損傷)
よって、5が正しい。

 

 

34.多発性硬化症において、頸部を前屈すると項部から下肢まで電撃痛が放散する微候はどれか。

1.Gowers微候

2.Lhermitte徴候

3.Patrick徴候

4.Tinel徵候

5.Uhthoff徴候

 

解答を表示する

解答:2


解説

1.×:Gowers徴候(登はん性起立)とは、筋ジストロフィーで、床から起きるときに、床→膝→大腿と手をついて支えながら立ち上がる。

2.〇:正しい。

3.×:股関節の変形性疾患や炎症性反応を示す。

4.×:末梢神経の再生の程度を見る検査である。

5.×:Uhthoff徴候とは、多発性硬化症患者の入浴・温熱などで体温が上昇すると既存の相乗が一過性に悪くなること。過度な運動は避けた方がいい。

 

35.慢性閉塞性肺疾患の身体所見でみられやすいのはどれか。

1.乾性咳嗽

2.呼吸音低下

3.肺野打診での濁音

4.胸郭柔軟性の増加

5.胸部聴診での捻髪音

 

解答を表示する

解答:2


解説

1.×:起動分泌の貯蔵(痰と咳)が出るため不適当。

2.〇:正しい。

3.×:肺野では障害されにくく、「胃泡部」でなりやすい。

4.×:胸郭柔軟性は、低下する。

5.×:捻髪音はぜんそくなどで見られる。COPDで見られるのは、水泡音。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。